覆面パトカー高速隊の松下光士と男性巡査長(32)の顔!回転灯のつけ忘れを捜査手法の問題にする


13日午前8時20分ごろに

姶良市加治木町日木山の九州自動車道下り線で

県警高速道路交通警察隊の男性巡査長(32)が運転する覆面パトカーが

追い越し車線を走行中に中央分離帯と衝突事故を起こしたそうです

 

その反動で走行車線に進入したために

後方から来た熊本県八代市、会社員男性(49)の大型トラックと衝突しました

けが人はいなかったとのことです。

 

事故を詳しく見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

引用https://news.yahoo.co.jp


 

 

 

 

スポンサーリンク

 

松下光士と男性巡査長(32)の顔!

事故を起こした県警高速道路交通警察隊の男性巡査長(32)の顔を

調査しましたが公開されていませんでした

引き続き調査していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 事件が起きた場所

今回、事故が起きた場所は

姶良市加治木町日木山の九州自動車道下り線で

景色が綺麗で見渡しも良く

スピード超過も多いようです。

スポンサーリンク

 

実は回転灯のつけ忘れていた

時速約120キロで追尾していた

覆面パトカーは回転灯を付けずに走行していました。

 

実は回転灯をつけ忘れたという話もあります。

しかしつけ忘れたことを捜査手法に問題がないと

主張していますが

問題がなければ、事故が起きないと思いますが

事実のを解明してもらいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 twitterの声は!

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)