松本学(うずしお先生)の顔やFacebook!性奴隷契約書を書かせるヤバいやつ!さなぎの樹代表が性的暴行!余罪あり


性犯罪加害者の更生支援を行う一般社団法人「さなぎの樹」の代表理事をつとめる松本学容疑者が逮捕されました。

 

容疑はまさかの強制性交です。

 

立場的にかなりきつい逮捕事案だと思うのですが、松本学容疑者はどのような人物なのでしょうか。

調査してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

以下は、yahoo!ニュースの報道内容です。

 

SNSで知り合った女性に性的暴行を加えたとして、大阪府警は18日、強制性交等容疑で、大阪市旭区太子橋の自称団体職員、松本学容疑者(48)を逮捕したと発表した。「誓約書を書いてもらいプレイしただけだ」と容疑を否認しているという。逮捕は17日付。  刑事特別捜査隊によると、容疑者は性犯罪加害者の更生支援をうたう一般社団法人「さなぎの樹」(大阪市)の代表理事。団体のものとみられるホームページでは「性暴力加害からの回復を目指す人々が集まる治療共同体」と団体を紹介していた。  同隊によると、松本容疑者は7月8日、府内の20代の女性を「個人情報をばらす」などと脅迫した上で、性的暴行を加えた疑いがもたれている。  松本容疑者はマッチングアプリ上で「うずしお先生」と名乗り、援助交際を申し込むメッセージを女性に送っていた。女性が返信すると、免許証などの写真のほか、裸の自撮り画像を送らせていたという。また、自身を「先生」と呼ぶように求め、「私は自分の意思で先生にお仕えする性奴隷で、いかなる性的行為も完全同意である」などと書かれた誓約書を女性に送り、署名押印させていた。  女性から誓約書を受け取った後、「個人情報と裸の画像もある」と女性を脅迫し、性的暴行を加える様子を撮影していたという。女性が都島署に相談したことで事件が発覚した。  2019年夏ごろから、マッチングアプリ上で「うずしお先生」を名乗る人物から性的暴行を受けたとの相談が少なくとも7件確認されているという。被害相談は都島署(06・6925・1234)

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

性犯罪加害者の更生支援を行う一般社団法人の代表理事でありながら、自らも性犯罪を犯すという何ともあきれる事件が起きました。

 

松本学容疑者は、マッチングアプリを使って女性と知り合い、誓約書を書かせて性行為を行っていたようです。

 

また女性にたいして、個人情報と裸の画像を持っていることで脅迫し、性的暴行の様子を撮影していたとのことです。

 

他の女性からも少なくとも7件相談があったそうで、再逮捕もあり得そうです。

 

性犯罪を犯しているという認識はあったのでしょうか?更生支援を行う法人も代表がこれでは信用がた落ちですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


松本学のプロフィール!顔!

 

名前:松本学

年齢:48歳

住所:大阪市旭区太子橋

職業:一般社団法人「さなぎの樹」代表理事

容疑:強制性交

 

松本学容疑者の顔については、入手できませんでした。

引き続き調査しますので続報をお待ちください。

⇒【追記】送検される様子が報道されていましたので顔を掲載します。

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


松本学が代表理事を務める「さなぎの樹」

 

「さなぎの樹」とは、性犯罪の再発防止をするための性犯罪加害者の更生支援を行っている団体のようです。

未来の被害者を守るために活動しているようですが、代表理事が被害者を何人もうんでしまいましたね。残念です。

 

松本学容疑者について代表の欄に名前はありましたが、紹介ページなどは見当たりませんでした。

 

所在地は大阪市北区芝田2丁目8-11 共栄ビル3Fにあるようです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯行の手口はマッチングアプリ「うずしお先生」

 

松本学容疑者はマッチングアプリ上で「うずしお先生」を名乗り複数の女性に援助交際のメッセージを送っていたようです。

 

また、女性に対して個人情報や裸の写真を求めて、誓約書まで書かせていたそうです。

 

その情報を手に脅迫、性行為を撮影していたとのこと。

 

松本学容疑者も松本学容疑者ですが、女性ももう少し危険を予測して行動するべきでしたね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

余罪あり!性的暴行の相談が他にも7件

 

「うずしお先生」を名乗る人物からの性的暴行相談が他にも7件寄せられているそうです。

 

余罪ありまくりですね。気持ち悪いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

容疑を否認?
1人ならまだしも、7人以上から被害の相談が寄せられているのだから弁解の余地なし。
ただただ気持ち悪い。

 

加害者が加害者支援?
捕まらない性犯罪の方法を教える団体に見える。性犯罪者の常習者には体にチップ埋め込んで、いつでも監視されていると思わせる事が再犯を防ぎ、被害者を減らす事になる。政治家は加害者の人権より、被害者の人権を考えてもらいたい。性犯罪被害者は大きく人生が変わってしまう事を理解してもらいたい。

 

はなっから、性犯罪の加害者なんて更正は無理です。
施設で一生過ごしてもらうか、薬物や体内にGPSを埋め込むなどして被害を防ぐしかない。
まぁ、更正施設の代表者が捕まるようでは同じ穴の狢であり、本末転倒で無意味な支援団体って事でしょう。

 

性犯罪加害者の更生支援団体の代表って何?性犯罪加害者はまず更生しない、海外ではGPS取り付けられ行動を制限される、住んでいた街からも出て行かされると聞いた事がある、そこまでするのは性犯罪加害者は再犯繰り返し更生しないとわかっているからなのでは、日本ぐらいでしょ加害者の人権ばかりかんがえるのは、この団体は解散でしょ。

 

性癖と自分勝手さは治らない、ということを自ら証明されましたね。
これが性犯罪の厳罰化やGPSでの監視に繋がることを願います。

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)