松元辰郎の顔やFacebook!タクシー運転手が客を切りつけ!トラブルの内容とカッター所持の理由は?タクシー会社はどこ?<鹿児島>


4日未明、鹿児島県の路上で、乗客の男性を切りつけたとして、男が逮捕されました。

逮捕されたのは、タクシー運転手・松元辰郎(66)です。

被害にあった男性は命には別状がないということです。

 

いったいどのような事件なのでしょう?

 

スポンサーリンク

事件の概要

 

4日未明、鹿児島市の路上で、乗客の男性をカッターナイフで切りつけたとして、殺人未遂の疑いで、タクシー運転手の男が緊急逮捕された。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、鹿児島市のタクシー運転手・松元辰郎容疑者(66)で、4日午前0時40分ごろ、鹿児島市の路上で乗客の男性の後頭部をカッターナイフで切りつけるなどして、殺害しようとした疑いが持たれている。 近隣の住民「怒鳴り声が聞こえているなと思って見たら、人が倒れていた」 松元容疑者は、「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということだが、警察は、男性との間に何らかのトラブルがあったとみている。 男性は右の後頭部に切り傷があるが、命に別条はないという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

以上がYahoo!ニュースからの引用となります。

松元容疑者は、4日午前0時40分ごろ、鹿児島県の路上で客の男性の後頭部などを切りつけ殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで緊急逮捕されています。

客の男性とトラブルがあったのでしょうか?

 

スポンサーリンク


松元達郎の顔は?

 

松元辰郎の顔は今のところ公開されていません。

鹿児島市山田町のタクシー運転手(66)ということはわかっています。

どこのタクシー会社に勤務していたかもわかりませんでした。

その他の詳しい情報はまだありません。

何かわかれば追記したいと思います。

 

 

スポンサーリンク


松元達郎のFacebookは?

 

 

名前で検索しましたが、本人のものであると特定することはできませんでした。

年齢も66歳なので、もしかしたSNSはやっていなかったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク


犯行の動機は?

 

近隣の住民からは、

「怒鳴り声が聞こえているなと思って見たら、人が倒れていた」

という声がありました。

深夜なので、特に声は響いたのかもしれませんが、トラブルがあったのは間違いなさそうです。

 

鹿児島南警察署によりますと、松元容疑者は4日午前0時40分ごろ、鹿児島市宇宿3丁目の路上で、客の男性の右後頭部をカッターナイフで切りつけるなどし、殺害しようとした疑いがもたれています。

男性が血を流して道路に倒れているのを通行人が見つけ、警察に通報しました。男性は病院に運ばれましたが命に別状はないということで、警察が身元を確認しています。

関係者によりますと、松元容疑者は業務でタクシーを運転中に酒を飲んだ客の男性と車内で口論となり、車の外に出たところを切り付けたということです。そして現場を一度離れた後で再び戻り、通報を受けて現場にいた警察官の職務質問に対して、切り付けたことを認めたため、緊急逮捕されました。

松元容疑者が勤務するタクシー会社によりますと、事件の時間帯に「客とトラブルになって絡まれている」と無線で連絡があったということです。松元容疑者はおよそ6年間、勤務していますが、真面目で客からの評判も良く、これまでトラブルはなかったということです。

警察の調べに対し、松元容疑者は切りつけたことは認めているものの、「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということです。警察は、車内で何らかのトラブルがあったとみて経緯を調べています。

出典:https://www.mbc.co.jp/

こちらの記事で、もう少し詳しく状況がわかってきました。

 

被害男性は、酒に酔った状態でタクシーに乗っていたようです。

男性とトラブルになっていることは、無線で会社にも連絡が入っていたと思われます。

どんなトラブルかは、まだわかっていませんが、カッターで切りつけるという行為は危険です。

罪は償ってもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

供述内容は?

 

松元容疑者は、警察の調べに対して、切りつけたという行為は認めていますが、

「殺すつもりはなかった」

と、容疑の一部を否認しています。

 

 

スポンサーリンク

世間の声は?

 

運転手がカッターナイフを内ポケットに入れて持っていたのか、何らかの用途で他の道具とともに車に置いてあったのか分かりませんが、カッとなって直ちに手にして切りつけたなら、予め凶器として使う意図があったと推定されても仕方がないですね。
私が乗車したタクシーの運転手さんは、私が心療内科で著名な病院を行き先に告げると、「私は、車を運転して渋滞があるとイライラしてどうしょうもなくなるときがある。病院で薬を貰っているが、効き目がなく、イライラするときは車を前に当てると人身になるので、ガードレールやポールがあれば当てるようにしている。当てるとスッとして収まる」と言われて、怖くなったことを思い出しました。
逆に、お客さんが強盗になって、凶器で脅迫されることもあり、深夜乗せるのは怖いでしょうね。
運転手さんはお客さんを選べませんが、お客さんも運転手さんを選べません。
走る密室なので怖いですね。

 

タクシーのドライバーが刃物を携行しているのは困るな。もしかしたら、乗客とトラブルになった場合の護身用かもしれないが、刃物はダメだ。銃刀法違反になる。どうせ護身用なら催涙スプレーならまだマシだろう。どちらにしても人間には自分を守る権利はある。日本人にはこの理屈が分からない人が多い。正当防衛という概念が乏しい。なんでも警察頼みである。しかし、警察が来た時にはもう結果が出ていることも多い。つまり、後の祭。こういうところをもう少し考えないといけない。

 

世の中は怖いです。ニュースで酔っ払いに暴行されるタクシー運転手のニュースはよく見ます。護身用に持っていたのでしょう。その乗客とどのような状況だったのかよく調べる必要があると思います。酔っ払った乗客が暴れたのか、それとも一方的に運転手が切り付けたのかで全然事件の印象が変わって来ると思います。もちろん切り付けたことは許されることでは無いが命の危険を感じたら誰でも必死で抵抗すると思います。

 

タクシーの運転手がカッターを持っていたのは護身用だろうか?客との間でトラブルがあったのだろうが、後頭部を切り付けたら殺意を疑われても仕方がない。ところで日本のタクシーも米国の様に運転席と後ろの座席の仕切り板をもっと完全かつ丈夫にし、運転手の横に客が座れない様にした方が犯罪が減って良いと思います。

 

このような意見がありました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)