松尾留与の顔やfacebook!両親や生い立ちは?引きこもりの叔父が放火殺人!発見場所は大阪!稲美町火事

松尾留与 顔

 11月22日、兵庫県稲美町で民家が全焼する火事が起き、この家に住む小学生の兄弟が遺体となって発見されました。

当時、兄弟と家にいたとみられる叔父の松尾留与(とめよ)容疑者の行方が分からなくなっており、

警察は、叔父が何らかの事情を知っているとして行方を追っていましたが、

ようやく逮捕にいたりました。

松尾留与容疑者の顔やfacebook、両親や生い立ちについて触れていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

兵庫県稲美町の民家で小学生の兄弟が遺体で見つかった放火事件で、警察は当時同居していた住所不定で無職の伯父・松尾留与容疑者(51)を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕しました。

 11月19日の深夜、兵庫県稲美町で木造2階建ての民家が全焼し、焼け跡からこの家に住む小学6年生の松尾侑城くん(当時12)と1年生の眞輝くん(当時7)が遺体で見つかりました。死因はいずれも煙を吸い込んだことによる「急性一酸化炭素中毒」で、出火当時、2人は家の2階で寝ていたとみられています。

 警察は現場から可燃性の液体が検出されたことや現場で燃え残った布団から油のようなものが検出されたことなどから放火事件とみて捜査していました。

 この家には亡くなった侑城くんと眞輝くんと両親の4人のほか、伯父である留与容疑者(51)が当時同居していいて、出火当時、両親は外出中で家には留与容疑者がいたとみられていますが、火災後に連絡がとれておらず、何らかの事情を知っているとみて警察が行方を捜していました。

 そして11月24日午後、留与容疑者は大阪市北区内の公園にいるところを発見され、加古川警察署へ任意同行されて事情を聴かれていましたが、警察は留与容疑者を民家に火を付けて全焼させたうえ、就寝中だった侑城くんと眞輝くんを死亡させて殺害した殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕したということです。警察は事件に至った詳しいいきさつを調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

報道内容 火災が発生したのは11月22日、午後11時50分頃。

この家には、両親・小学生の兄弟 そして母親の兄である松尾留与容疑者の5人が暮らしていました。

火災当日、母親を迎えに行くために父親が外出。

火災はその約20分後に発生しました。

全焼した住宅からは、小学生とみられる2人の遺体が発見されました。

この火事で亡くなったのは、

松尾侑城くん(12)

松尾眞輝くん(7)

と報じられました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

現場で燃え残った布団から可燃性の液体が検出されたこともわかっています。

まだ幼い2人がなぜ被害に遭わなければならなかったのでしょうか。

あまりにも残酷です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


松尾留与容疑者が確保されたのは扇町公園

伯父の松尾留与容疑者は、大阪市北区にある扇町公園で身柄を確保されました。

 

 

 

 

自宅のある兵庫県稲美町岡1443からはおよそ65km。

 

電車を使って移動したのでしょうか。

松尾容疑者は、数年前まで大阪で働いていたという情報からも、この扇町公園周辺には土地勘があったのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


松尾留与のプロフィール

松尾留与 顔

 

 

 名前:松尾留与(まつお とめよ)

年齢:51歳

職業:無職

住所:兵庫県稲美町岡1443

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


松尾留与のfacebook

 

松尾留与のfacebookは現在調査中です。

おまちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

松尾留与の顔画像

松尾留与 顔

 

松尾留与の顔写真が報じられました。

学生の頃の写真のようですね。

最新の顔画像は報道されていないようです。

公開されましたら、こちらにも掲載いたしますのでお待ちください。

 

追記 最新の画像が出ました。

 

 

画像が不鮮明でわかりにくいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

松尾留与の両親や生い立ちは?

 

松尾留与容疑者はどのような生い立ちだったのでしょうか。

全焼した家は元々、松尾容疑者の実家でした。

2006年9月、松尾容疑者の父親が他界。

松尾容疑者は4人きょうだいの長男だったため、自宅を相続しました。

 

中学時代の松尾容疑者は野球部に所属。

卒業後は、神戸市内の寝装品の製造会社に就職し、夜間学校にも通っていました。

結婚歴はなく独身。

 

以前は、近くの田んぼの溝の清掃活動に参加するなど、地域との関わりを持っていたそうです。

その後、大阪に出て仕事をしながら一人暮らしをしていましたが、

コロナで職を失い、体調を崩し数年前に妹夫婦が暮らす実家に戻ってきました。

 

 

 

隣家の男性によると、

「伯父さんがいたということはニュースを見るまで知らなかった。顔を見たこともない」

と話しています。

 

幼い頃の松尾容疑者を知っている人もいましたが、

「最近は見たことがない」

という声もあり、ほとんど家から出ていない引きこもりだったことが分かります。

松尾容疑者は、

「財産も金も譲る。この土地も譲るから、生活保護を受けて生きていきたい」

「働きたくない」

と話していたとう情報もあります。

 

土地や財産を譲ってもらえるなら妹夫婦にとって都合の悪い話ではありませんが、

きっと妹さんはもう一度働いて頑張って欲しかったのかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)