最上正幸の顔やfacebook|『30代からずっと介護』自宅住所や家族構成|東京江東区さくらマンション小松川殺人

最上正幸

東京都江戸川区のマンション室内で、母親を殺害したとして、

最上正幸容疑者(46)が殺人容疑で逮捕されました。

最上容疑者は容疑を認め、「介護に疲れた」と供述しているということです。

 

最上容疑者や事件についてまとめました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

自宅で母親の首を絞めて殺害したとして、警視庁捜査1課は30日、殺人の疑いで東京都江戸川区小松川、無職、最上正幸容疑者(46)を逮捕した。殺害された母親の和子さん(75)は夫や長男の正幸容疑者らと4人暮らしで、十数年前から病気を患っていた。

 

正幸容疑者も軽度の神経症と診断されていたという。正幸容疑者は容疑を認め「(家族が)介護に疲れていた」と供述しているという。 逮捕容疑は、29日、自宅で和子さんの首を、タオルで絞めて殺害したとしている。死因は窒息死とみられる。

 

正幸容疑者は29日午後5時ごろ、同居の姉に「母ちゃんを殺した。責任を取って死ぬ」とメール。姉が110番通報していた。

 

犯行後、正幸容疑者は自宅から逃走していたが、30日午後2時半ごろ、都営新宿線の東大島駅(江東区大島)のホームにいたところを発見された。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

7月29日、東京都江戸川区のマンション室内で、母親の最上和子さん(75)を殺害したとして、

同居する長男の無職、最上正幸容疑者(46)が殺人容疑で逮捕されました。

 

 

最上容疑者は29日午後5時ごろ、

姉に母ちゃんを殺した。俺は責任を取って死ぬとメールを送っていました。

 

その後、連絡が取れていませんでしたが、捜査員が防犯カメラの映像をたどり、

30日午後2時半ごろ、都営新宿線の東大島駅のホームにいるところを発見。

 

最上容疑者は容疑を認め、「介護に疲れた」と供述しているということです。

 

母親の和子さん(75)は、十数年前から病気を患っていたといいます。

 

最上容疑者は現在46歳ですから、30代から介護をしていたのかもしれません。

 

本当に痛ましい事件ですが、介護の辛さは経験者にしか分からないと思います。

 

最上和子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 最上正幸のプロフィール・顔画像

 

 

  • 名前:最上正幸
  • 年齢:46歳
  • 住所:東京都江戸川区小松川2-10-1
  • 職業:無職
  • 逮捕容疑:殺人容疑

 

 

最上容疑者の顔画像は、現時点で報道されていませんでした。

分かり次第、こちらにも掲載いたします。

 

【追記】

最上正幸容疑者の顔画像が報道されました。

最上正幸

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 最上正幸のfacebook

 

 

最上正幸容疑者のfacebookを調べました。

 

名前で検索したところ、同姓同名のアカウントがあります。

しかし、基本情報の登録がなく、投稿もないため本人のアカウントと特定するに至りませんでした。

 

全くの別人である可能性もあります。

引き続き調べ、何か分かりましたら追記いたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 最上正幸の自宅や家族構成

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

最上正幸容疑者の自宅住所が報道されています。

東京都江戸川区小松川2-10-1

 

 

 

とても大きく立派なマンションです。

1997年3月に建てられ、部屋数は256戸もあります。

賃貸ではなく分譲マンションのようです。

 

 

最上容疑者はこのマンションに、父親と母親、姉の4人で暮らしていました。

 

最上容疑者は無職と報じられていますが、

介護のために仕事をやめてしまった可能性もあるのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

なんかどんどん嫌な時代になってる気がする。

 

 

 

自殺をほのめかしていたけど、結局生きて逃げていたのね。 殺されたお母さんはもちろん、同居していた姉やお父さんも可哀想。4人で暮らしていたとのことだけど、彼は介護のために無職だったのかな? 家族って難しいね、近ければ近いほど周りには見えない問題を抱えていたりするし。

 

 

 

同居介護は特に逃げ場がなくてかなりストレスが溜まると思う。これもう社会の問題だと思う。何回こんなニュース聞かされるの?

 

 

こういうニュースを見るたび思う。自分は介護が必要なくらいなら長生きして子どもに迷惑かけずとっとと退場したいなと。せめて惜しまれてるうちに死にたい。子どもには親の面倒など気にせず幸せになって貰った方が嬉しい。

 

 

うちも実親と義父の介護してるけど、疲れてしまうと頑なになってしまって、周りに相談してみようという発想の転換もできなくなってくる。子供が追い詰められるのは辛い…。

 

 

親子や老々介護による悲しい事件。条件や仕組みを簡素化してほしい。 国主体で例えば村のような施設を作り誰もが楽しく老後を過ごしてほしいな。今は富裕層がホテルなみの施設に入居できるだけ。

 

75歳まで生きてくれた親に自ら手をかけるなんて。朝からこのニュースを聞いて悲しくなりました。介護は毎日のことなんでそりゃ大変ですよ。さついを抱く時もありますよ。 でも本当にはやらない。親との距離をおけばよかったと思う。まあそれが難しかったんだろう。

 

 

 

十数年もは長いね。 彼の30代からの人生は介護づけか。 ヘルパーを雇うにしてもお金がかかるしね。 高齢化社会はこういう可哀想な子世代を作ってしまう側面も忘れてはいけない。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)