【事故原因や死因】宮崎集選手(トライアスロン)が死去!wiki経歴や学歴(大学や高校)


トライアスロンの宮崎集(つどい)選手がフランスでバイクの練習中に事故に遭い、亡くなっていたことがわかりました。

まだ25歳で期待の選手だったようです。

事故や宮崎選手についてまとめました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

トライアスロン選手の宮崎集さん(みやざき・つどい、25)が27日、バイク練習中の事故により、合宿先のフランスで亡くなった。日本トライアスロン連合が28日、公式HPで発表した。 【写真】宮崎集選手の事故を伝える日本トライアスロン連合の発表文  連合は「2022年7月27日(水)現地時間午前9時35分頃、フランス・オルレアンにあるトライアスロン海外拠点で個人強化合宿を行っていた宮崎集選手(みやざき つどい、25歳)が、バイク練習中に対向車と接触する事故が発生し、お亡くなりになりました」と報告。「事故の状況等に関しては、現地当局による調査とともに、現地海外拠点スタッフも対応しています。また、本日(7月28日)、関係スタッフも日本から渡仏し各種対応等を行います」と加えた。  富山市出身の宮崎さんは大学時代から競技を始め、19年には「U23選手権」で優勝。24年パリ五輪、28年ロス五輪でのメダル獲得を目指し、活躍が期待されていた。  宮崎さんは26日に自身のインスタグラムを更新。23、24日にスペイン・ポンテベドラで行われたトライアスロンW杯で50位になったことを写真と動画を添えて投稿し、「まだ出ていいレベルに達してなかった!ってのが正直な感想です。いい経験だった、で終わらないように、感じたものを次に活かしていきたい!挑戦させていただけたことに心より感謝です 応援ありがとうございました」と報告していた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

トライアスロン選手の宮崎集さんが

事故により亡くなったことがわかりました。

 

宮崎さんはフランスで個人合宿中で

バイクの練習中の事故だったそうです。

 

24年のパリ五輪での活躍を期待されていた選手で

まだ25歳と若い方でした。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

 

 


 宮崎集選手のwikiプロフィール

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tsudoi Miyazaki 宮崎集(@doitsudoitsudoitsudoi)がシェアした投稿

 

 

名前:宮崎集(つどい)

年齢:25歳

生年月日:1996/12/14

住所:東京都江東区

出身地:富山県富山市

勤務先:株式会社サイサン

 

 

スポンサーリンク

 

 


 経歴や学歴(大学・高校)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tsudoi Miyazaki 宮崎集(@doitsudoitsudoitsudoi)がシェアした投稿

 

 

トライアスロンを始めたのは、

大学入学前にトライアスロン協会の方に

声をかけられたのがきっかけだったそうです。

 

それまでは中学時代は水泳、

高校時代は陸上競技(競歩)を

頑張っていたようです。

 

元々、中学生のころからトライアスロンを

やってみたい気持ちがあり、

大学生になって挑戦をしたそうですね。

 

 

主に東京を拠点に活動しており、

活躍を期待されていた選手でした。

 


成績など

2017 日本トライアスロン選手権出場

2018 トライアスロンアジアカップ ソクチョウ大会16位

   JTUエリート強化指定獲得

2019 U23日本選手権 優勝

2022 W杯ポンテベドラ大会 50位

 

 

学歴については、大学は筑波大学体育専門学群

高校は富山中部高校を卒業されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 事故原因や死因は?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tsudoi Miyazaki 宮崎集(@doitsudoitsudoitsudoi)がシェアした投稿

 

 

死因はまだ明かされていないようです。

事故の状況も調査中のようです。

 

7/28(本日)関係スタッフが日本から渡仏するそうなので

詳しいことがわかってくるのは

これからかもしれません。

 

何かわかればこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

直前のインスタグラムで、大会を振り返り目標を作り先を見つめていた矢先の事故との事で、非常に切ないですね。 最も過酷なトライアスロンの強靭な身体を持つ選手とあってもバイク(自転車)での事故とあらば、やはり打ち所や体勢が悪いと助からない。 命は取り留めて競技が続けられなくなるのも本人としては辛いだろうが、やはり身内の方としては、せめて命だけは助かって欲しかったはずですね。残念です。

 

 

私の近所にもロードバイクの聖地と言われている場所があります。 休日になるとロードバイクの方々が列を組んで走行していますが、なかには交差点直進も車用の直進レーンを当たり前のように走行したり、右折も車用のレーンを走行している方もいます。 交通量も多いので、事故が起きたときには重大事故になる可能性もあり非常に危険です。 公道を走るのですから皆が交通ルールを守り安全な走行を心掛けなくてはいけないと感じます。

 

自転車でトレーニング中に事故死って多いよ。 ガードレールの境目から崖下に転落死というのもあった。 どれも、ハードトレーニング中に下を向いてしまって、 その数秒間の間に何かが起きている状態。 自転車で疲れるとついつい下を向いてしまうんだよね。 ただ、彼らは速度域が高いから、我々が下を向くのと違って、 数秒でかなり進んでしまうんだよな。 当然、それだけ何かある可能性が高くなってしまう。 人間の頭って重いから、疲れるとうなだれるんだよな。 マラソンだって疲れると前方よりも足元を見てしまう。 ロードじゃなくて室内でマシンならそれでも良いんだけど、 ロードの時は前を向くしか回避する方法がない。

 

公道を走っていれば、誰でもどんな状況でも事故は起こり得ますよね。 普段は競技場などの専用で練習できる設備や環境、各大会のコースが決まれば交通規制をかけた練習期間を設けるなど、自転車競技に限らず、練習中の悲惨な事故を教訓として、各種競技団体は選手のための環境整備に取り組んで頂きたいです。

 

まずはお悔やみ申し上げます。まだ若く明確な目標の有る中での事故、いたたまれないですね。私の営業エリアにはなだらかなアップダウンのある広域農道があり日本最大の遊水地があるのでトライアスロン選手又は競輪選手が公道でトレーニングを積んでいる光景に出くわします。自分は車なので最大限っトレーニングの邪魔にならないようにしているつもりですし選手達も周りに配慮しながらトレーニングしているのですが、今回のような事故が発生してしまうと万が一を想像してしまい怖いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)