アルペン会長水野泰三(72)の顔画像公開!自宅の場所やWiki経歴や年収!社長の息子の経歴も!

 

全国展開している大手スポーツ用品店の会長であり、創始者の水野泰三(72)が逮捕されました。

罪としては、暴行、窃盗?、わいせつなどということです。

相手は、42歳の女性ですが、けがもしているようですね。

さて、今回はこの水野泰三の罪や経歴などについても調べていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

水野泰三のプロフィール

名前:水野泰三

年齢:72歳

職業:アルペン代表取締役会長

容疑:わいせつ、暴行、窃盗

住所:名古屋市東区白壁4

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

報道内容

愛知県警中署は10日、強制わいせつ致傷と窃盗、暴行の疑いで、名古屋市東区白壁4、会社役員水野泰三容疑者(72)を逮捕した。関係者によると、水野容疑者はスポーツ用品販売業「アルペン」の現職の会長。
 
逮捕容疑では、昨年11月29日午後0時15分~午後1時ごろ、同市中区の宿泊施設で、女性(42)を背後から両腕で首を絞めて振り回し、押し倒して馬乗りになるなどした上、体に触るなどの暴行を加え、むち打ちやぎっくり腰など全治3週間のけがを負わせたとされる。さらに、女性から運転免許証と10万円を盗んだとされる。
 
署によると、「口論してもみ合いになったが、暴力やわいせつ行為、盗みなどはしていない」と容疑を否認している。女性が署に相談していた。
 
引用:https://www.chunichi.co.jp/article/200416
 
 
しかし、なぜこのようないわゆる富裕層である人物が10万円を盗んだり、免許証を盗んだりするのでしょうか。
 
 
両腕で首を絞めて振り回し馬乗りになって暴行なんて、男が女性に向かってすることとは到底考えられませんが・・・
 
 
 
しかも、全治3週間のけがとなると、それなりの重症ですよ!
 
 
 
恐らくなのですが、ここまで酷いことをするということは、酒を飲んでいて女性に迫ったが拒否されて激昂とかでしょうか?
 
 
 
それにしても運転免許証と現金10万円を盗む動機は全くもってわかりませんよね!
 
 
 
しかし、事件が起きたのは、昨年の11月29日ということですが、なぜ今になって女性は告訴をしたのでしょうか? 
 
 
 
相手がかなりの大物だったため、被害女性も非常に悩んだ挙句の告訴だったのでしょうね。
 
 
 
水野容疑者は容疑を否認しているとのことですが、真相はどうなのでしょうか?
 
 
 

 

ちなみに

被害者女性についてはこちらの記事をどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

事件場所は?

名古屋市中区の宿泊施設ということですが、この地区には宿泊施設が非常に多いので、特定までは出来ませんでした。

富裕層が宿泊するところというとそれなりに的が絞れそうですが、果たしてどこなのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

水野泰三の自宅は?

自宅の場所までは特定できませんでしたが、名古屋市東区白壁4とまで公表されていました。

 

 

 

 

恐らくこの界隈では有名なスポットになっていると思われますので、この写真だけでも特定できるかたはいるでしょうね。

 

写真でみた感じだと、やはりかなりの豪邸で、プールまでついています!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

水野泰三の経歴や年収は?

1972年に創業し、1985年にスキーショップである北海道アルペンを設立しその事務所をススキノにあったビルに借りたとのこと。

アルペンのの名前は、八方尾根にスキーで訪れた時に、リフトをみたらそこに「アルペンリフト」とかいてあったところから拝借したそうです。

 

現在は約400店舗ほどを展開しているアルペングループですが、現在は2000億円を超える規模の売り上げだそうです。

 

ちなみに、

水野泰三の収入などについてはこちらをどうぞ!

スポンサーリンク

 

 

現在は息子が社長

 

現在は、水野泰三の息子である水野敦之がに社長就任しております。

経歴ですが、

 

平成12年に株式会社アルペンに入社

平成26年に取締役

平成27年常務取締役

そして、平成28年に社長就任ということですね。

なんと、入社してわずか16年で社長に上り詰めたのです!

 

そこでさらに調べてみると、水野社長の最終学歴は、早稲田大学大学院とのこと。凄いですね・・

 

やはり創業者の息子だからというわけではなく、もともとかなり優秀だったのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ネットの声

 

報道されている事実を前提とすると、強制わいせつ致傷罪(無期又は3年以上の懲役)や強盗致傷罪(無期又は6年以上の懲役)、強盗罪(5年以上の有期懲役)、窃盗罪(10年以下の懲役又は50万円以下の罰金)といった重い犯罪の適用が想定されます。告訴なしでも起訴できる犯罪ばかりです。

もしこれらで併せて起訴されて有罪になれば、長期の実刑は避けられません。この人物をそうした罪名で逮捕した以上、警察としても簡単には引き返せないことになります。昨年11月の事件なので、すでに相当の捜査を進めているのではないでしょうか。

ただし、防犯カメラの映像などからこの会長が浮上したものの、容疑を全面的に否認しているとのこと。そもそもいかなるホテルだったのか、会長と女性とはどのような関係だったのか、事件に至った経緯や態様、事件後の状況、逮捕に至った背景、10万円の趣旨や行方などについて、詳しい続報が待たれる事案です。

 

この女性が何者なのかもわからないし、これだけの企業の会長が10万奪うとかも理解できない話。

この記事だけで一方的に男性側を悪者と決めつけられんでしょう。続報をまつ。

 

いやいや、「首を絞め、床に倒して馬乗りになるなどの暴行を加えた上、体を触るなどのわいせつな行為をし、捻挫などのけがをさせた他、女性が持っていた現金10万円などを盗んだ」って、考え付く限りの「男の最低の行為」が詰まってる。事実なら最低にも程がある。でも、10万円ごときを欲しがりますかね。

 

ホテル密室での出来事は当人達にか分からないが、「10万円を奪った」のは普通に考えて信じがたい。
会長という金銭的に裕福な人がそんな事するのかな?

密室での「やった」「やってない」を立証するのは難しい面もあると思うが、慎重に捜査をして欲しい。

 

もちろん猥褻事件の容疑者を庇う気持ちはないのですが、はたして真っ当な女性がホテルで男性と2人きりになるだろうか?と疑問はあります。

相手がプロ女性なら、はめられた可能性もあるのかな?…と。

続報を待ちたいですね。

 

毎度思うのだが、容疑の段階で実名を出して具体的に何をやった疑いって報じるのはいかがなものかと思う。
裁判が終わるまで被害者側の証言も裏付けが取れてるとはいいがたいでしょう。」

 

事実関係の詳細はわからないが、なぜホテルなのかという点が気になるな。はめられたと言われたらそんな気もしますし、犯行事実があればそんな気もします。証拠とかあるんだろうか

 

全くわからない。

会長職にある人がわざわざ殴って10万円を奪うんでしょうか

 

口論してもみ合いになったということはご本人も認めてる。事の真相は分からないけど、ホテルで会うような関係となると、犯罪というより痴話げんかの可能性が高いのでしないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)