水谷陽子(45)の顔やfacebook!現場のマンション特定!2人の関係とは?東京台東区


男性を刃物で殺害したとして、水谷陽子容疑者(45)が現行犯逮捕されました。

水谷容疑者は「男女関係があった元同僚の男性と些細な事で喧嘩になって刺したが、殺すつもりはなかった」と供述しているようです。

水谷容疑者や二人の関係について見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 事件概要

 

 

 

 

 東京・台東区のマンションの一室で30代くらいの男性が刃物で刺されて死亡し、この部屋に住む女が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。  

逮捕されたのは職業不詳の水谷陽子容疑者(45)です。  

警視庁によりますと、6日午前3時ごろ、台東区北上野のマンションから男性の声で「昔の職場の知り合いに刺された」と110番通報がありました。  警察官が駆け付けると、顔にけがをした水谷容疑者が1階のエントランスから立ち去ろうとしていて、事情を聴いたところ

「何度も刺した。死んでいるかもしれない」

と話しました。  

水谷容疑者の部屋では30代くらいの男性が胸などを刺されて倒れていて、その後、死亡しました。

水谷容疑者は「刺したりしたが、殺意はなかった」と容疑を一部否認しています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

東京・台東区のマンションで、交際相手の男性を刺した水谷陽子容疑者が逮捕されました。

事件があったのは6日午前3時ごろ。

台東区北上野のマンションから

「昔の職場の知り合いに刺されて血が止まらない」と110番通報があり、

警察官が駆け付けたところ、男性が刃物で胸を刺されて倒れているのが見つかり、

その後、死亡が確認されました。

水谷容疑者は

「些細なことでケンカになった」

「殺そうとしたわけではないが、切りつけたり刺したりした」

と供述しているということですが、殺すつもりがなかったのに切りつけるものなのでしょうか?

明らかに殺意があったように思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 水谷陽子のプロフィール

名前:水谷陽子(みずたに ようこ)

年齢:45歳

職業:不詳

住所:東京都台東区

 

 

スポンサーリンク

 

 


水谷陽子の顔画像

 

こちらが犯人の水谷陽子容疑者です。

報道直後は顔写真は公開されていませんでしたが、ようやく顔が出ました。

カメラの存在に気付いた瞬間、顔をそむけていました。

マスクで顔全体が分かりませんが、ちょっと目が怖い印象ですね。

 

うおお、目が怖い…
失礼だが、さもありなんというか。
刃物で人を刺すような人って、やっぱ普通じゃないもんだな。
画面越しでも明らかにダークさを感じる。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 水谷陽子のfacebook

水谷陽子のfacebookを調査しました。

同姓同名のアカウントが多く、さらに東京都台東区に住んでいる水谷容疑者のアカウントを特定することができませんでした。

また、ほかのSNSも調査してみましたが、こちらも利用を確認することができていません。

引き続き調査をすすめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 水谷陽子のマンション特定

 

こちらが水谷陽子の自宅マンションです。

東京都台東区北上野2丁目

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 水谷陽子と男性の関係は?

 

 

今回の事件で水谷容疑者はこのように供述をしています。

「職場の元同僚で交際していた」

「些細なことでケンカになった」

「男女関係があった元同僚の男性と些細な事で喧嘩になって刺したが、殺すつもりはなかった」

一方で亡くなった30代の男性が通報した内容はこちら。

 

「昔の職場の知り合いに刺されて血が止まらない」

「昔の職場の知り合い」

と話しています。

 

水谷容疑者は交際しているつもりだったが、男性は大人の関係と思っていたのかもしれません。

水谷容疑者は45歳。

体の関係をもったことで、交際⇒結婚という気持ちになっていたのでしょうか。

亡くなった男性は年下のようですが、水谷容疑者に対して「ただの遊びだった」のかも。

このようなすれ違いから、口論になった可能性も考えられます。

 

人を刺してしまうほどの経緯があったのは確かだと思いますが、詳しい動機などは今後明らかになっていくことでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ネットの反応

同様の事件で、「殺すつもりはなかった」という供述は多いが、そんな言い訳が通用するとでも思っているのだろうか。
やはりこういった人間は、正常な人たちとは感覚がズレているのだろうと思う。

 

他記事で刺された男性自ら通報
「前の職場の同僚に刺された血が止まらない」
警官駆けつけ容疑者に職務質問
「もう死んでるかも、自分は仕事に行く」
と答えたとか。怖すぎます。

肺に達する程の傷を負わせて救急車も呼ばず
仕事に行こうとしていて殺意はない?
背筋が寒くなりました。

 

刺してしまったことは悪いが、そこに至るまでいったいなにがあったのか。
相手は亡くなってしまったけれど、出会いからの経緯を詳しく調べて裁判してほしい。人を刺すまで追い込まれるなんて、辛すぎる

 

殺すつもりがなかったと供述しながら、最初に通報したのは刺されて血が止まらない男性……。

これは殺意があったと取られても仕方ないですね。

 

経緯はわからないが、刺すほど憎む前に、何故さっさと別れないのだろう?

 

「男女関係があった元同僚の男性と些細な事で喧嘩になって刺したが、殺すつもりはなかった」と供述している。

 

女が既婚か未婚か書いてないが
未婚40過ぎ、結婚に焦ってる人も
かなり多いから落とすのは非常に
イージーだと思う。しかし
結婚願望のある40過ぎは
行きは良い良い帰りは怖い、若しくは
一度入ったら最後の底無し沼。
更年期も入りかかって精神も
不安定な人が多い。その二つの
相乗効果がかなりヤバい。
当然結婚したいので、一見、男には
献身的でとっつきやすい。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)