盛岡市で車運転し事故を起こした9歳男児の顔や親の名前は?目を離した隙に車に乗り込む!


5日午後5時半ごろに、盛岡市北山の国道4号の交差点で男児が運転する車が停止の軽乗用車2台に玉突き衝突し運転していた30代女性が首に軽傷を負いました。

 

警察のよると、車は30~40キロの速度で蛇行や一時停止を繰り返しながらUターンをしていたという目撃情報もあるということです。

 

男児は自宅で親が目を離した隙に、車に一人で乗り込んだとみられています。

 

さて、この報道の内容や9歳男児について調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

報道の概要

5日午後5時半ごろ、盛岡市北山の国道4号の交差点で、同市に住む男児(9つ)が運転する乗用車が停止中の軽乗用車2台に玉突き衝突し、1台を運転していた30代女性が首に軽傷を負った。車は、事故の約10分前に「子どもが車を運転している」と110番を受けた岩手県警のパトカー数台が、約2.1キロにわたり追跡中だった。
 
 盛岡東署によると、車は約30~40キロの速度で蛇行や一時停止を繰り返し、Uターンをしていたという目撃情報もある。事故の衝撃でエアバッグが作動したが、男児に目立った外傷はなかった。
 
 男児は自宅で親が目を離した隙に、1人で車に乗り込んだという。110番直後に、車と鍵がなくなっているのに気づいた親が警察に通報した。
 
 同署の広報担当者は「警察官になって初めて聞く話だ」と驚いていた。
 
 
東京新聞より引用
 

これは驚きましたね。
 
 
 
 
この報道をはじめて見たときには、アメリカなどの海外のニュースだと思ってしまうぐらい珍しいと思います。
 
 
 
 
過去にも、無免許の少年が運転をして事故を起こしたというニュースはちらほらとありましたが、だいたいは、中学生から高校生の15~18歳ぐらいが一番多いケースです。
 
 
 
 
 
 
警察官の方も、『警察官になって初めて聞く話だ』といっていぐらなので、日本の歴史を遡ってもこの年齢の児童が車を運転して事故を起こしたという事例はほとんどないのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、今回は9歳男児ということで、小学校3年生だと思われますが、この少年は常にこのタイミングを狙っていたのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
目を離した隙に車に乗り込んだということですので、日ごろから両親は少年が車を運転したいという欲求を持っていて実際に行動に移す可能性があることも知っていたのでしょう。
 
 
 
 
しかも、事故まで起こしているということですので、本当に親は公開していると思います。
 
 
 
 
 
 
幸いにも死亡事故などにはつながりませんでしたが、けが人もいますので例えこの9歳男児の親が車の任意保険に入っていたとしても当然のことながらそれは利用できません。
 
 
 
 
 
 
被害者の通院費や車の修理費なども恐らく全てが実費になると思いますが、これも親の責任なのでしょうがないといったところです。
 
 
 
 
 
親にとっては大きな痛手となりますが、死亡者がいなかっただけ良かったとし、今回の出費は今後の勉強代として考えるしかないと思います。
 
 
 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


9歳男児のプロフィール

名前:不明

年齢:9歳

住所:不明

 

今回の場合は、完全に親に罪が問われる形になるでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


9歳男児の親の名前や顔は?

親の情報については、現在はどのメディアも報じておりませんでした。

 

新たな情報がありましたら、こちらに掲載していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


事故現場はどこ?

 
事故現場は、盛岡市北山の国道4号ということですが、詳細はわかっておりません。
 
 
 
上記のストリートビューは北山の国道4号交差点付近です。
 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネットの声

アメリカとかのニュースかと思ったら日本?!
オートマだと鍵さしてエンジンかけて、ハンドル操作とアクセルとブレーキがわかれば運転できちゃうから
子供が親の運転見て真似したら怖いですね
免許証を差し込まないとエンジンがかからないような車が必要かも。
無免許運転防止にもなるし、認知症のお年寄りの免許を無効にすれば勝手に乗れなくなるし、
勿論子供も真似できなくなるし。
[+息ふきかけてアルコール反応がでたらエンジンかからないようにもしてほしい]

 

うちの9歳男児、エンジンのかけ方も知りません。教えてもいませんし、エンジンがかかっていたとしても子どもが運転してはいけないとわかっています。
このご家庭は、日頃からハンドル握らせていたり、少し運転させてみたりしていたのかな。
これで誰かひき殺してたらどうするの。
子どももそれを経験したことを背負っていくし、相手のこともあるし、親の責任は非常に大きい。そういうこと考えないのかな。

 

海外のニュースかと思いました。
AT車だと、簡単に運転できてしまうんですね。
もし重大な事故だったら、と思うと、ゾッとします。親の責任は大きいです。

有効な免許証を差し込まないとエンジンがかからない車が必要かなと感じます。

 

こういうのを防ぐ機能が必要だという意見もすごく分かりますが、こういう事をしてはいけないという善悪の判断がつかない育てられ方、育ち方をした事が怖いなぁとも感じました。

 

鍵は?手に届く所に置いてるの?置いてたの?
9歳男児に轢かれたり怪我させられたらと思うとゾッとした。
これはほんとに日本の話しなの?
ほんと怖いわ。

 

親の車だろうが自転車だろうが自分のものじゃないのに運転しようと思う気持ちが分からないな。
子供の頃から親のものは親のもの、自分のものは自分のもの…と言う感じだったし。

 

詳しく書いてないから分からんが、興味本位で運転したんだろうから
これ本当に怖いよ。親が車のキー管理しっかりやってなかった証拠でも
あるから事故の後始末がドエライ事になりそう。

 

9才でも運転してみたい子は沢山いると思う。
でもダメだとわかっている。
その好奇心の方が上回るって、行動に出てしまうって、日本人の感覚では珍しい。
そこに鍵があったとしても、親が不在だったとしても、絶好のチャンスだとしても、ほとんどの子供が実行にはうつさない。

 

これ見て思い出したけど、
親戚の小4が友達の家に遊びに行き、
友達の親の車の鍵を拝借、車運転し電柱に激突。
なんてのがあってかなり怒られてた。
軽度の知的なのか落とした砂まみれの飴食べてしまうし、買い物頼まれ手ぶらで帰宅。頼んだものは?食べてきちゃった。え?!という前科あり。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)