森下晃行の顔,Facebook!勤務会社(経営)は車買取専門店か?小学7歳女児ひいた有田市宮原町滝川原現場はどこ?


 

1月18日朝、和歌山県有田市で小学校に登校中の7歳の女の子が車にはねられる事故があり、軽乗用車を運転していた会社経営の男が現行犯逮捕まされました。

 

逮捕されたのは、森下晃行容疑者(50)です。

 

現場は信号がない横断歩道で、警察は、女の子が渡っていた時に事故にあったようです。

7歳の女の子は、頭を強く打つなどして病院に運ばれましたが命に別状はないということです。

森下晃行容疑者についてまとめました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

 

18日朝、和歌山県有田市で小学校に登校中の7歳の女の子が車にはねられ、病院に搬送されました。

午前8時前、有田市宮原町滝川原で、登校中の7歳の小学生の女の子が軽乗用車にはねられました。消防や警察によると、女の子は、頭を強く打つなどして病院に運ばれましたが命に別状はないということです。

警察は、軽乗用車を運転していた会社経営の男を、過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。調べに対し男は、「女の子が飛び出してきたがブレーキが間に合わなかった」と、はねたことを認めているということです。

現場は信号がない横断歩道で、警察は、女の子が渡っていた時に事故にあったとみて、詳しい状況を捜査しています。      

警察によると女の子は、父親に小学校近くまで車で送ってもらった直後に事故にあったということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

この事故があったのは、和歌山県有田市の横断歩道で、走行中の軽乗用車に登校中の小学1年の女の子(7)が軽自動車にはねられました。

女の子は頭を打っていますが、搬送時意識はあり、命に別状はないということです。

 

 車を運転していた会社経営の、森下晃行容疑者(50)は
「急に走って出てきたのでブレーキが間に合わなかった」と容疑を認めているということです。

 

どうか、後遺症などが残らないことを祈るばかりですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


森下晃行のプロフィール・顔画像

名前:森下晃行

性別:男

年齢:50歳

職業:会社経営

 

 

 

逮捕された森下容疑者の顔画像を調べてみましたが、 現時点では報じられていませんでした。

今後、顔画像が報じられましたらこちらにも掲載いたしますのでお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


森下晃行のFacebook!Twitter、インスタは?

 

 

 

森下晃行について、SNSのアカウントを調査しました。

同姓同名のアカウントは発見したものの、顔画像が公開されていないため、

本人である確証が得られないため、こちらへの掲載は控えさせていただきます。

 

引き続き調査し、何か分かり次第本人と断定できる情報が少ないため、 こちらへの掲載は控えさせていただきます。  

 

引き続き調査し、特定され次第掲載致しますのでお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


現場は、有田市宮原町滝川原の交差点!

 

 

和歌山県有田市宮原町滝川原の交差点でした。

 

 

 

信号のない交差点だったようですが、小学校近辺の交差点は、どんな場所でも徐行が必要ですね。

 


 

スポンサーリンク

 

はねられた7歳の女の子は有田市立宮原小学校か?

 

 

 

 

 

地図上には、有田市立宮原小学校が掲載されていますね。

 

有田市立宮原小学校

〒649-0435和歌山県有田市宮原町滝川原1

 

 

この生徒は、小学校に登校中の7歳の女の子とのことですので、
この小学校の生徒である可能性が高いですね。

 

特定ではありませんので、引き続き調査を進めます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

横断歩道上での飛び出し事故は100%自動車側の過失?

 

今回のような事故の場合過失はどのようになるか、気になりますので、調査しました。

引用:https://agoora.co.jp/jiko/

 

基本的には、横断歩道上では歩行者と自動車の過失割合は0:100です。しかし、横断歩道上で発生した歩行者と自動車との事故において、必ずしも自動車にすべての責任があるわけではありません。
なぜならば、事故の発生状況は個々のケースによって異なるため一概に歩行者には責任がないとは言えないためです。場合によっては被害者の過失を考慮して賠償額が減額される過失相殺となることもあります。

 

 

自動車のドライバーが細心の注意を払っていても予期できなかった飛び出し事故であっても、責任をとらなければならないのでしょうか。
残念ながら、自動車と歩行者の事故においては自動車の過失割合がかなり高くなる傾向にあります。
なぜならば、歩行者は自動車に比べて交通事故の被害を受けやすい弱い立場であると考えられているためです。そして、交通弱者に対して自動車のドライバーなどの強者は注意義務が課されています。
そのため、歩行者が横断歩道上で自動車と衝突した場合、自動車対歩行者の過失割合は基本的に10対0となります。

 

このように、飛び出しでも、横断歩道がある交差点での事故は、ほぼ100%自動車側に過失があることになるようです。。。

 

違うケースもあるようですので、参考程度の御覧ください。

 

信号機の無い横断歩道につき、100%自動車側の過失になります。
一部建物で見えにくいですが、そういう場所ほど“出てくるかも知れない”と考えて運転をするべきです。

 

 

信号機のない横断歩道通過時は歩行者が最優先であることは言うまでもなく、「安全に停止できる速度で走行」と定められているからな・・・仮に“飛び出し”であったとしても、過失は100%車側にある。

 

 

歩行者が横断歩道に飛び出したのでははなく、歩行者が横断している横断歩道に車が突っ込んだとなる。
横断歩道の付近に歩行者がいるだけで車には徐行義務があり、横断者があれば停止義務がある。
このような主張は認められないであろう。
現行犯逮捕との対応で納得する。

 

 

スポンサーリンク

 

動機がやばい

森下容疑者は

「女の子が飛び出してきたがブレーキが間に合わなかった」と話していますが、徐行していれば防げた事故ではなかったのか、疑問が残りますね。

このような場所はより、徐行やあ安全運転が必要ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

勤務先はどこ ?

 

 

 

森下容疑者は会社経営をしていたようです。

どこの会社だったでしょうか。

調査したところ、和歌山県有田市で名前を検索すると、とある中古車販売店の名前が検索されます。

同姓同名の方もいるので、名前の掲載は控えさせていただきますが、この会社の可能性もありますね。

引き続き調査いたします。

分かり次第公開しますので、お待ちください。

 

スポンサーリンク

 

世間の反応

場所次第だろうけどね、小学生の低学年は急に出てくるし、行動が予想を超えてくるから、横通るときも怖いよね。

大事に至らなければいいな。
今後、より一層、両者ともに気をつけようね。

 

 

植え込みの陰や駐車場の車の間から急に子供が飛び出してきて、急ブレーキを踏みながらも
「間に合わない!轢いてしまうかも!」
と心臓の止まるような思いをしたことが何度かあります
幸いブレーキが間に合って轢いてしまった事はないけれど、あの恐怖はトラウマものです
怖いので、子供が出てきそうな場所はやりすぎなくらい徐行します

 

現場は小学校近くの信号機のない横断歩道ですね。
子どもたちの通学時間帯であることを考えれば、
ブレーキが間に合う速度で慎重に横断歩道を通過するべきですね。

 

とりあえず命があってよかった。ブレーキが間に合わなかったというけど、間に合わないスピードで走っていたということです。ただ、走って飛び出されると仮にスピードを落としていても人間の反射神経じゃ間に合わない。普段から通学路を車で通勤しているので、さらに通学時間帯は、気をつけようと思った。

 

これだけではなんともだな
まあ横断歩道だから自動車側の方が悪いのかな。
信号によっても変わるけど。。
車は注意しなければいけない。
ただ飛び出しは歩行者も注意しないと。
急な飛び出しもまだ運転手だけの供述だからわ

 

 

急に出てきたからブレーキが間に合わないとか有り得ない話です。
横断歩道一時停止義務違反をした者と制限速度オーバーを1km/hでもした者は免許取り消し処分にしたほうがいいと思います。

 

 

小学生の低学年まではいつ飛び出てくるかわからないから、通学路を通学時間帯に通るときにはめちゃくちゃゆっくり走ってる
いつでも止まれるようにね

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)