森山良子の夫はジェームズ滝で顔がイケメン!獄中結婚ってホント?現在の夫は誰で再婚は?

1月23日放送の『徹子の部屋』に出演されるのは、歌手の森山良子さんです。

森山良子さんの息子さんは森山直太朗さんで、良子さんと同じく歌手として活動されています。

今回は森山良子さんの結婚歴について、まとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 森山良子のプロフィール

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

  • 名前:森山良子
  • 生年月日:1948年1月18日
  • 年齢:74歳
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 学歴:成城学園高等学校 卒業
  • 職業:歌手
  • ジャンル:ポップス、フォークソング、ジャズ

 

 

森山良子さんの父親はジャズ・トランペッターの森山久さんで、

母親はジャズシンガーの浅田陽子さんという、音楽一家に生まれています。

 

高校時代、先輩の黒澤久雄氏に手渡されたジョーン・バエズのレコードがきっかけで、

友人らとフォークグループを結成します。

 

成城学園高等学校を1年間の留年を経て卒業。

1967年、19歳で「この広い野原いっぱい」でレコードデビュー。

デビュー当初はフォーク歌手のイメージでしたが、

1969年の「禁じられた恋」のミリオンセラーヒットで、日本レコード大賞大衆賞を受賞し、

NHK紅白歌合戦に初出場したことから、

『フォークから歌謡曲の女王』になったと評価されました。

 

1960年代後半から1970年代にかけてヒット曲を数多く生み出し、

1998年長野オリンピック開会式では、テーマソングの「明日こそ、子供たちが…」を子供達と一緒に披露しました。

 

1998~2000年頃にいくつかのアルバムで発表した「涙そうそう」も話題に。

 

「さとうきび畑」で、2002年『第44回日本レコード大賞』の最優秀歌唱賞を受賞しました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 森山良子の夫はジェームズ滝で顔画像は?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

 

森山良子さんは過去に2度結婚歴があります。

1度目の結婚は1971年、相手は1歳年上の男性です。

一般人のため、名前や顔画像はありませんでしたが、

静岡県浜松市出身の上智大学の学生だったそうですよ。

 

出会ったのは1969年4月。

浜松市で開かれた森山良子さんのショーで出会い恋に落ちました。

1970年4月に婚約し、1971年5月に入籍しました。

森山良子さんの妊娠をきっかけに入籍したといわれています。

しかし、1975年3月に離婚。

理由は、

「いつまでも大人になりきれない夫に愛想を尽かしたんです。A(結婚相手)はあまりにもワガママで独占欲が強かった」

と話しています。

 

どうやら、実家がお金もちで社会人経験のないボンボンだったようですね。

 

2度目の結婚相手は、サウンズミュージシャンのディレクターをされていたジェームス滝さんです。

ハーフかと思いきや、本名は「相良 直嗣(さがら なおつぐ)」さんというそうです。

 

 

森山良子さんのマネージャーをしていた時期もあったそうなので、

互いによく知る仲だったのかもしれませんね。

 

 

ジェームズ滝さんは森山直太朗さんの父親です。

 

森山良子さんとジェームズ滝さんの結婚生活も長くは続かず離婚されていますが、

息子の森山直太朗さんとの関係は良好のようですね。

 

 

その後、森山良子さんの結婚の情報はありませんでしたので、

現在は独身と思われます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 獄中結婚ってホント?

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

森山良子さんの結婚について調べていると、

『獄中結婚』というキーワードが出てきます。

一体どういうことなのでしょうか。

 

 

 

 

森山良子さんと加藤登紀子さんをごっちゃに認識してしまっている方がいるのかもしれませんね。

 

では加藤登紀子さんは獄中結婚をされたのでしょうか?

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tokiko Kato(@tokiko1965)がシェアした投稿

 

 

加藤登紀子さんは東京大学に進学し、在学中の1966年に歌手デビューを果たしました。

当時、学生運動の真っただ中で、1968年反帝全学連委員長を務めていたのが、

後に夫となる藤本敏夫さんでした。

藤本さんは警察から目をつけられており、

1972年に公務執行妨害で逮捕され、

懲役3年8ヵ月の実刑判決を言い渡されています。

 

 

当時、加藤さんと藤本さんは交際していましたが、

周からは交際続けることに反対されましたが、

後に獄中の藤本さんと結婚をされました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)