【小学4年】娘にアイロンを投げて母親逮捕!顔写真や名前も公開!虐待は前から?【大分】

小学4年生の長女にアイロンを投げて怪我をさせたとして

母親を逮捕しました!

容疑者の名前は?

顔写真は?

虐待は日常的に行われていた?

スポンサーリンク

事件概要

小学4年の長女(10)の頭にアイロンを投げてけがを負わせたとして、大分県警杵築日出きつきひじ署は22日、同県杵築市の看護助手の母親(30)を傷害容疑で逮捕した。

発表では、母親は2月17日頃、市内の自宅アパートで、長女にアイロンを投げつけて、左頭部に約2週間の陥没骨折などのけがを負わせた疑い。容疑を否認しているという。

出典:https://www.yomiuri.co.jp/

その後、両親が長女を病院に連れて行った際に、病院側が「虐待が疑われる」と通告し、長女を保護したそうです。

「アイロンを投げたら、たまたま当たった」と供述しているのは、小学4年の母親ですが、頭に約2週間の陥没骨折を負ったそうです。

約2週間の怪我を負わせてから「たまたま..」というのはおかしな話ですが、虐待の常習性はあったのでしょうか?

母親の顔写真特定!

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていただきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず発見できなかったため、発見次第更新させていただきます!

名前は?

スポンサーリンク

今回得られた情報としては、

・大分県杵築市

・看護助手

・30歳

のみであり、名前に関しては特定が出来なかった為

分かり次第更新させていただきます!

虐待は日常的に行われていた?

 長女に日常的に虐待を受けていた痕はなく、警察や児相にも情報はなかったという。

出典:https://www.yomiuri.co.jp/

今回のケースは、日常的に行われていたとは言い難いようです。しかし児童虐待事件が最近取り上げられているこのご時世、親が子供に対する傷害を残すような躾や教育は避けた方がよいのかもしれません。

下手に怪我をさせてしまえば、それこそ児童相談所や警察沙汰となってしまう為、躾や教育も方法論を考えるべきかもしれません。

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする