【鉾田】無量寿寺の出火原因は放火?県指定文化財が全焼する衝撃映像‼︎再建は難しい?

無量寿寺の火事

茨城県の県指定文化財に指定されている茨城県鉾田市鳥栖の無量寿寺が全焼しました。

無量寿寺には国指定文化財の絵巻物が所蔵されていました。

国指定文化財は無事なのでしょうか?

なぜ出火したのでしょうか?出火原因についても調査しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

無量寿寺の火事概要

21日午後3時53分ごろ、茨城県鉾田市鳥栖の無量寿寺から出火、木造平屋の本堂と木造2階建て住宅、木造平屋書院の計約740平方メートルを全焼した。鉾田署で出火原因を調べている。 同署によると、渡り廊下でつながっている自宅にいた片岡順暁住職(60)らが本堂の火災警報に気付き、本堂天井から火が出ているのを見つけ119番通報した。

引用:yahooニュース

茨城県鉾田市鳥栖の無量寿寺から出火し、木造平屋の本堂と木造2階建て住宅、木造平屋書院の計約740平方メートルに一気に火のてがまわり全焼しました。

 

住職が火災警報器に気づき、119番通報。

火事の発見が早かったこともあり、けが人はいませんでした。

 

午後3時に出火は午後6時以降も消火活動が行われました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

無量寿寺とは?

 

無量寿寺は各地に存在する仏教の寺院名のことです。

「無量寿」とは量りきれない寿命の意味があります。

 

全国に存在する無量寿寺の中で、茨城県鉾田市鳥栖の無量寿寺は平安時代に建立され、親鸞ゆかりの寺として知られていました。

 

平安時代の806(大同元)年に建立され、正式名称は光明山無碍光院無量寿寺。浄土真宗の開祖、親鸞ゆかりの寺で、本堂や鐘楼、山門が県指定文化財。国指定文化財の絵巻物「紙本著色拾遺古徳伝」が所蔵されています。

引用:yahooニュース

 

茨城県鉾田市鳥栖の無量寿寺の立地場所です。

 

 

周辺は畑や田んぼに囲まれていますが、住宅も点在しているの確認できます。

周辺の住宅に火がまわる前に消火されてよかったです。

 

スポンサーリンク

 

 

無量寿寺の火事映像!!

 

無量寿寺の火事 無量寿寺 出火原因

出典:NHK

 

ものすごい勢いで燃えています。

太平洋側は空気が乾燥しているため火がまわるのも早かったのでしょう。

 

県の指定文化財ということは木造で燃えやすい素材だっとも全焼した原因でしょう。

 

しかし、けが人がいなかったことと、国指定文化財である絵巻物「紙本著色拾遺古徳伝」が無事だったのは不幸中の幸いでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

無量寿寺の出火原因は?

 

まだ無量寿寺の出火原因は分かっていません。

本堂からの出火のためろうそくの店頭などによる火災だと思われますが、「放火」の可能性もあります。

 

寺院や神社の出火原因で一番多いのが「放火」だと言われています。

 

無量寿寺の出火原因が分かり次第、更新させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

無量寿寺の火事に対するtwitterの声

 

twitterには無量寿寺の全焼を悲しむ声が数多くアップされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)