むつ市脇野沢で放火の14歳男子中学生の名前や顔!中学校は覚せい剤教師がいたところ?動機は?


青森県むつ市脇野沢で男子中学生がゴミ袋に放火する事件があり、逮捕されました。

本人は「自分がやった」と認めているようです。

火事は木造のゴミ集積所を焼きましたが、近くの住宅への延焼もなく鎮火しています。

けが人もなかったため、ひとまずは安心ですね。

14歳であればやってはいけないことの区別はつくはずです。

どうして放火をしてしまったのでしょうか。

事件について詳しく見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

「自分でやった」と容疑を認めています。  きのう夜むつ市脇野沢のゴミ集積所でゴミ袋に火をつけた放火の疑いで中学生が逮捕されました。  逮捕されたのはむつ市内に住む14歳の男子中学生です。  この男子中学生はきのう午後8時20分ごろまでの1時間にむつ市脇野沢のゴミ集積所に置かれていたゴミ袋に火をつけた疑いがもたれています。  警察によりますと男子中学生は「自分でやった」と容疑を認めているということです。  火は木造のゴミ集積所を焼きましたが午後9時すぎに消し止められけが人はなく近くの住宅に延焼はありませんでした。 ★近所の人は… 「近所の人も(火が出たのは)なぜかと話はしていましたけど ちょっとびっくりです」 ★むつ市教育委員会 阿部謙一 教育長 「当該生徒はリーダーシップもあり諸活動に一生懸命に取り組む生徒だと聞いています 当該校に対して生徒の心情に最大限配慮して教育活動の継続・充実に努めるよう指示をしました」  むつ警察署は犯行の動機などを詳しく調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

青森県むつ市脇野沢で男子中学生14歳が放火事件を起こしました。

男子中学生は自分がやったと認めており、詳しい事情をきいているようです。

 

幸い、火事の延焼はなく近くの住宅が燃えるようなことはありませんでした。

けが人もでていません。

 

なぜ男子中学生は放火をしてしまったのでしょうか。

中学生ともなれば、放火をしたら大変なことになるのは想像できたでしょう。

動機が気になりますね。

 

次の章から男子中学生についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


14歳男子中学生のプロフィールや顔画像!

 

中学生ということもあり、氏名や顔は公開されていません。

今後も公開はないでしょう。

わかっている情報をまとめます。

 

名前:不明

年齢:14歳

性別:男

住所:青森県むつ市

 

 

スポンサーリンク

 

 


中学校の特定

 

むつ市には9校の中学校があります。

情報が公開されていないため、特定までには至っていません。

放火があったむつ市脇野沢には、脇野沢中学校があるようですね。

 

 

ちなみに脇野沢中学校では、先日教師が覚せい剤を所持していて逮捕されたばかりの中学校です。

むつ市の中学校はなにかと問題が起きているようですね。


 

 

 

スポンサーリンク

 

 


動機は?

 

「自分がやった」と認めている中学生ですが、動機までは話していないようです。

ヤフコメやTwitterではこんな意見もありました。

覚せい剤、放火とか、すげぇ学校だなw

 

 

もし仮にですが、男子中学生が脇野沢中学校の生徒だった場合、先日逮捕された覚せい剤教師の影響も少なからずあったのでしょうか。

動機がわかり次第、追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

軽い気持ちでやったのだろうが、家に燃え移ったり人が死ぬ可能性だってある。もう中学生なのだから、自分がどんな重大なことをしたのか、しっかり理解してほしい。

 

どうやって特定に至ったのかは書かれてないね
動画見たらわかるのかな?

それはさておき、放火は重罪
死刑となるケースもある
少年法で簡単に減刑されてほしくないね

 

少年法で保護されるべきではない。

 

イタズラでは済まされない。厳罰に処すべし。

 

中学生だからとか関係ない。
実名報道してよ!
善悪の区別はつくでしょ!

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)