【長野県飯田】明星保育園アスベスト!被害は?状況がヤバい!業者はアスベスト知っていた?

長野県飯田市の明星保育園で去年12月、園児がいる時間に、アスベスト工事を行っていたことがわかりました!

その後の園児への被害は?アスベストとは?

場所特定!状況がヤバすぎる?

必見です!

スポンサーリンク

事件概要!被害は?

長野県飯田市の保育園で去年12月、園児がいる時間帯にアスベストの飛散が疑われる工事が行われ、長野県が保育園などを行政指導していたことが分かった。

工事が行われていたのは、飯田市にある明星保育園。保育園によると去年12月、老朽化に伴う改修工事で、アスベストがふきつけられた天井板を必要な対策をせずにはがしたという。

大気汚染防止法では、事前にアスベストがあるか確認することや、飛散防止対策を義務づけているが、園は「アスベスト工事という認識がなかった」としている。県は、保育園と工事に関わった2つの業者を行政指導している。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

去年12月に、長野県飯田市の保育園で、園児がいる時間帯にアスベストの飛散が疑われる工事が行われました。

保育園児がいる中で、アスベスト工事とはかなり危ないですよね。

かつてアスベストは社会問題となりました。その際、アスベストを使った工事は禁止されましたが、今回アスベストを撤去する工事をしたそうです。

園児に被害がでないかどうか調査したら、以下の事が判明しました。

園内には約120人の園児がいたが、今のところ健康被害などの報告はないという。

120人もいたんですね。現状としては、アスベスト被害はなしという事で、本当に良かったです。

今後業者含めて、教育関係者である保育園管理者はしっかり園児の健康を考慮して欲しいと思います。

スポンサーリンク

アスベストとは?

今回の記事でも取り扱ったアスベストとは、別名石綿とも呼ばれており、昭和ではかなり使われた建材として使用されていたそうです。

アスベスト被害を受ける可能性がある職種は、

①建築関連業者

②造船業者

③電気製品の製造業者

④廃棄物業者

⑤自動車修理工場

といわれています。その為、職種に全く関係ない保育園児が、アスベスト被害を食らうのはたまったもんじゃないですよね。

出典:http://xn--eckvbg6c8goe8b.com/

詳細には、これがアスベスト吸った人がかかる病気だといわれています。最もかかりやすい発症病気は、

4良性石綿胸膜炎

だそうです。

特徴としては、胸腔に水がたまり短期間で胸膜に癒着が起きます。潜伏期間は20年以内で発症します。

実は、アスベスト被害はほとんど潜伏期間がある為、

15年~以上からアスベスト被害による病気が発症する可能性があるそうです。

つまり現状としては大丈夫でも、何年か後にはアスベスト被害が出てしまうのでしょうか?

そう考えると園児たちも安心してられないかもしれません。

本当に今後アスベスト被害が出ない事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

場所特定!

現場は、

長野県飯田市の明星保育園

だそうです!

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

駐車場も広く、かなり園児もいそうな保育園ですよね。大規模な保育園で、今後の健康被害がでないか怖いですよね。

また所在地は、

長野県飯田市鼎3928 明星保育園

だそうです!

スポンサーリンク

みんなの反応

今のところ健康被害はないって当たり前でしょう。
アスベストの被害は数年後に起こるので被害がなかったかのような表現は改めてほしい。
古い建物を改造するときにアスベストがあるかどうかのチェックは必要なのになぜしなかったのか。
大人ならまだしも保育園でこの過失は即日業務停止してもいいぐらいのミスだ。

今のところ健康被害などの報告はないという。 
アホか! 発がん性の問題だ! 数ヶ月で影響出るわけねーだろ
幼児は分裂も盛んだし、影響でかいぞ

で?
こういう時には、保育園側にしつこく問いたださないの?

業者は素人か?これも氷山の一角だろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする