長沢麗奈の生い立ち「自分も同じように育てられた」出身高校や中学校は?知人男性は交際相手?

神奈川県厚木市のぼうさいの丘公園駐車場で幼児2人が死亡した事件で、母親の長澤麗奈容疑者(21)が逮捕されました。

真夏の暑い日の車内置き去りはとてもつらい環境であったことでしょう。

容疑者の生い立ちについて調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 ニュース概要(事件時系列)

1歳の息子を車内に放置したとして母親が逮捕された事件で、母親は実際は車を離れていたにもかかわらず、当初は警察に「子どもと車内にいた」と嘘の説明をしていたことが分かりました。  長澤麗奈容疑者(21)は先月29日、神奈川県厚木市の公園の駐車場で車の中に息子で1歳の煌翔ちゃんを放置した疑いが持たれています。  煌翔ちゃんはその後死亡し、一緒に車内にいた2歳の姉も2日朝に死亡しました。死因は熱中症とみられています。  長澤容疑者は当初、警察に「子どもと一緒に車内にいた」などと説明していましたが、その後の調べで子どもだけを残して自身は車の外に出ていたことを認めたということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

幼い子供2人が車内に

放置されて亡くなってしまった事件について

まとめていきます。

 

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

7月29日 事件発生

神奈川県厚木市のぼうさいの丘公園の

西側第2駐車場で母親から通報があり、

子供がぐったりしているのが見つかります。

 

当日中に息子で1歳の煌翔ちゃんの

死亡が確認されました。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

7月30日・31日 母親の供述が報道

「公園についたら子供が寝ていて

エンジンを切って窓を開けて

前の席でスマートフォンを見ていた」

 

「エンジン音が迷惑になるので

切っていた」

 

不自然な供述をしていると

世間から疑いの目をかけられていました。

 

 

8月2日 母親逮捕

こうがちゃんの死因が熱中症とわかり、

母親の長沢麗奈容疑者(21)が

保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。 

 

また、嘘の供述も判明。

 

やはり一緒に車内にいたのは嘘で

実際は容疑者自身は知人男性宅におり、

子供2人は車内に

1時間ほど放置されていたことが

判明しています。

 

2日の朝早くには意識不明で重体だった

長女(2)も亡くなりました。

 

 

警察は容疑者の当日の行動を調べているようですが、

現在わかっているのは以下の通りです。

 

 

通報までの経緯

長沢容疑者が知人男性宅を訪ねる

このとき、車は知人男性宅の近くに停めており、

2人の子供は車内にいた

1時間後、車に戻ると2人がぐったりしていた

車をぼうさいの丘公園の駐車場に移動して通報

ウソの供述をする

ウソがばれて逮捕

 

 

すぐに通報せず、

公園の駐車場にまで移動して

工作を働くなんて

信じられない行動をとっていますね。

 

スポンサーリンク

 

 

 長澤麗奈のプロフィール!

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

名前:長澤麗奈

年齢:21歳

住所:神奈川県厚木市長谷

職業:無職

容疑:保護責任者遺棄の疑い

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 長沢麗奈の出身高校や中学校は?

 

長澤麗奈容疑者の学歴について調べてみました。

 

しかし、現時点ではSNSなどの特定ができていないため

出身高校や中学校に関する情報は

見つかりませんでした。

 

何かわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 生い立ちは?

 

 

長沢麗奈容疑者自身どのような

生い立ちをたどってきたのでしょうか?

 

 

正直、こんな真夏に

車内に子供を置き去りにしたら

どうなるかなんて容易に想像がつきそうなものですが、

 

容疑者は今回の事件のときだけでなく

7月上旬にも同じような放置をしていたようです。

 

 

 

その時には祖母も一緒にいたとのこと。

 

 

車内に子供を

置いたままにしても何も言わない祖母ですし

 

容疑者自身も同じように幼少期に

車内に取り残されていたことがあって

そういう経験から

危険なことという認識がなかったのではと

想像してしまいます。

 

あくまでもこれは想像ですが。

 

 

生い立ちに関しては

これからいろいろと情報が出てくると思いますので

こちらで随時まとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 知人男性との関係は?

 

 

車内に子供を置き去りにして

知人男性宅に行っていたという容疑者ですが

その男性とはどのような関係なのでしょうか?

 

 

報道では、「知人男性」とあるだけで

関係性には言及されていませんでした。

 

 

しかし、容疑者の疑惑がある

Twitterアカウントでは

「子供の絵文字+生年月日+名前」の並びに

「男性の絵文字+日付(先月のもの)」があったのです。

 

予測するとしたら

日付は記念日か何かで彼氏?とおもいますよね。

 

容疑者のアカウントと

完全特定されたわけではないですが、

知人男性=交際相手の可能性は

ありそうですね。

 

何かわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

【追記】Twitterのアカウントが特定されました。

こちらは以下の記事で詳しく載せています。

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

悲しいことに、この社会には親になってはいけない人間が一定数いるのだろうと考えさせられます。もっとも守られるべきは、そんな親をもつ子供たちだと思います。そんな親から子供を守れるような制度を行政は本気で考えなければならないと思います。

 

前から思っていたんだけど、産むにあたって10代の妊娠出産に関してもっと関わらなければダメだと思う。年齢じゃないけど、まだ遊びたい年齢は男が妻子を捨てたりも多く母親がシングルになっているケースも聞く。出産一時金の増額などニュースになっていたけど、産むことに対する補助より産んだあとのケアのほうが大事だと思う。産むお金を補助すればお金入るから産むことは出来ても、育て上げるまでのケアがなければ命を落とす子供が後を立たない。どうにかならないものかな。親になりきれなかったから仕方ないではなくて。

 

結果論ですが、最初の放置の時にやはり母親と 子供は引き離すべきですね。一度あることは二度ある、 というつもりで厳しい措置をしなければいつまでたってもこういう 事件はなくならない。子供は国の宝だ、と思って立ち向かわなければ ならない。児相もどこもみんな弱腰。これでは子供は救えない。

 

先月上旬、子ども達を放置したとして、児童相談所に通告されていたとは驚きです。そのようなことがあったなら今回も怪しくなってきましたね。もし車から離れていたなら、離れていなかったとしても30分間ではなかったなら、とにかく命を落とした子ども達のためにも正直に話して欲しいです。

 

親になるというのは、自動的になってしまう 覚悟がなくてもなれるもので、覚悟がないものに対しては、教育が必要なのだろう 昔は親の親が子育てのノウハウや注意事項を教えていたのだろうが、核家族どころか親と疎遠だったりして、成り行きで子育てしている人も増えている 情けない話かもしれないが、行政サービスで親を教育できるサービスがあればいいかと 近所の小児歯科では、子供の虫歯の原因は親がメインであることから、治療と平行して母親教室というものを開設していて、母親教室に出ないと治療しません そういうのを、歯に限らず親を教育できるサービスは必須だといえます 1歳半健診とか、母子保健法によって義務づけられているように、パパママ教室とでも名付けて親への教育が義務となるようにならないものかと思います

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)