名古屋市昭和区の女子中学生14の名前、顔!Facebook!深夜の住宅に放火!同機はストレス発散!


なんと中学生による恐るべき犯罪が発生しました。

11日の夜、名古屋市名東区で住宅が燃える火事があり、

この住宅に放火したとして女子中学生が逮捕されました。

なぜ、彼女は住宅に放火したのでしょう?

事件の詳細を調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

概要

11日夜、名古屋市名東区で住宅が燃える火事があり、この住宅に放火したとして女子中学生が逮捕されました。  放火の疑いで逮捕されたのは名古屋市昭和区の女子中学生(14)です。  警察の調べによりますと、女子中学生は11日午後11時40分ごろ、名東区引山の自営業の男性の住宅に何らかの方法で放火した疑いがもたれています。  住宅は一部が焼け、この火事によるけが人はいませんでした。  女子中学生は容疑を認めていますが、女子中学生と火事にあった住宅との関係は不明で、警察が動機などを調べています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/101236532596e5a4b80d091424dabaf8b6598c4e

今回の事件で被害者は発生していませんが

中学生による放火とは恐ろしいですね。

もしいたずらだったとしても

度が過ぎてますね。

なぜ彼女は放火をしたのか

同機が明らかではありませんが

しっかりと反省して貰いたいです。

今現在、コロナ渦で多くの人が

外出自粛等でストレスが

溜まる中、容疑者である彼女も

思春期の時期は多感になるので

些細な事でも自身の感情が

爆発しストレス発散で犯行に

及んだのかもしれません。

容疑者には自身がどれだけ大きな

犯罪を犯したのか

一時的な感情や行動で

犯罪を犯すとどれたけ

被害が出るのかを

把握ししっかり反省して貰いたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク


容疑者のプロフィール

名前:不明

年齢:14歳

中学:不明

容疑:放火

未成年という事もあり名前等の情報は出ないと

思いますが、最新の情報が入り次第、更新します。

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

自宅特定か?

自宅をリサーチしてみました。

現時点で自宅を特定する情報はありませんでした。

名古屋市昭和区というところまでしか判明していません。

また新しい情報が入りましたら追記致します。

 

 

スポンサーリンク

犯行現場

 

事件発生場所までは特定に至らなかったので

詳細が分かり次第、更新します。

 

 

スポンサーリンク

未成年による犯罪が何故、発生するのか

グリュック夫妻の非行予測研究

ハーバード大学からバックアップを受けた心理学者のグリュック夫妻は、ボストンのスラム街にある少年院にいる500人の少年と、非行歴のない500人の少年を比較し、非行を予測する研究を10年以上にわたって続けた。そして、(1)家庭環境(2)家族生活の背景と両親の状態(3)生活レベルと家族との関係性(4)少年と学校(学業や友達関係)との関係性(5)少年と地域との関係性(6)身体の健康状態と体格(7)知的能力と身体的能力のバランス(8)葛藤と葛藤に対処する知的能力(9)現在の性格と生まれ持った気質の9点を軸にして少年達の調査・分析をすすめた。その結果、少年たちが非行にはしるのには4つの要因と7つのリスクがあるという仮説を提唱した。

 

 

少年が非行にはしる4つの要因

グリュック夫妻が提唱した少年が非行にはしる4つの要因は以下の通りである。

(1)身体的特徴としてガタイの良い少年が多い

(2)精神的に不安定、アグレッシブ、社交的、攻撃的、無鉄砲などの気質的特徴をもつ

(3)すぐに相手に突っかかり、人を疑いやすい態度。常識や権威に従わない態度。短絡的で計画を立てないで行動に移してしまうなどの態度をとりやすい。

(4)愛情や他人を尊重するといったことに無関心な家庭環境で育ち。親子関係が破綻、もしくは破綻しかかっている。

 

少年が非行にはしりやすくなる7つのリスク

上記の4つに加えてグリュック夫妻が提唱した非行にはしりやすくなる7つのリスクは以下の通りである。

(1)過去1年間のうちの家出をしたことがある。

(2)一緒に過ごしている父母からなんらかの悪影響がある(両親の不仲など)

(3)過去1年間のうちの怠学(授業をさぼったり、急激に成績が落ちるなど)

(4)中学から高校までの思春期(年頃になり、親に反抗する気持ちが社会に反抗する気持ちに転化される)

(5)同じ非行を繰り返す

(6)家族の問題行動(親や兄弟が逮捕された、親が家族を省みなくなった)

(7)非行にはしるモチベーションができた(友人がぐれた)

https://getnews.jp/archives/376621

 

 

 

スポンサーリンク

未成年による放火の処置

⑴ 謝罪,示談をする
被害者感情が重要視される昨今、少年による放火,失火事件においても、被害者の方と示談することは、重要な弁護活動です。

警察に被害届が提出される前であれば、被害届の提出を阻止し、警察の介入を阻止して事件化を防ぐことができます。
警察に被害届が提出されてしまった後であっても、少年による放火,失火事件においては、示談をすることによって、審判不開始や不処分、保護観察処分を獲得する可能性を高めることができます。

少年による放火,失火事件では、被害弁償や示談の有無及び被害者の処罰感情が少年の処分に大きく影響することになるので、弁護士を介して迅速で納得のいく示談をすることが重要です。
また、示談をすることで子供が釈放される可能性もありますので、示談によって子供の早期の学校復帰・社会復帰を目指すことができます。

  
⑵ 環境を整える
暴走族や地元の不良仲間との交遊関係が非行の背景にある場合は、交遊関係の見直しを含めた生活環境の改善が必要となります。
生活環境を立て直すためにはご家族の協力が不可欠となることから,ご家族には日常生活の中で本人を監督してもらうことになります

https://shounenjiken-bengosi.com/houka/

 

 

 

スポンサーリンク

SNS上の声

死傷者が出なかったのは被害者にとっても、この中学生やその家族にとっても幸いだった。
「あの時に捕まって良かった」と、本人が心から思える日が来ることを願う。

 

意図してこの家を狙ったのか不運な偶然でこの家に狙いをつけられたのかちゃんと調べあげて報告を出さないと不確定な情報とな流れそう

未成年に手を出す事件も多いからそんなことはなくてもそういった怨恨からとか勝手に噂されたりとか
逆に何らかの関係性があってとか色々な可能性があるだろうから

被害者の年齢や既婚未婚かとかもあると思うが被害者の人権も守るようにしないとただ被害を受けたのにあらぬ疑いとか持たれかねない

 

脳の障害でそもそも善悪の判断がつかない人もいるからね。
親が責任を取るしかないけど、とりあえず精神科とかで見てもらったほうがいい。

子育てしてる中で何かシグナルとかなかったのかね。
普段からものすごく暴力的とか、迷惑掛かるいたずらばかりするとか。
親が気づかないともう対処できないからな、、、。

学校の先生がそんな事言ったら「問題発言」としてとらえられてしまう時代だからね、、、。

 

動画から、隣家もよく似た造りに見える。築年数はそれなりだけど、同じような構造の分譲住宅だろうか。旧来の木造家屋だし、周囲に並ぶ家に引火しなかったのが不幸中の幸いだと思う。そして死傷者が出なかったのがせめてもの救いだ。
少女がどういうつもりでの愚行かは知らないが、愚行の原因を掘り下げて、社会に出ても安全な大人に成長してほしい

 

深夜に消防車のサイレンが長い事鳴り響いてたからそんなに何台も来るってのは何処だろと思ってたけど、引山なら納得。
市営住宅も有ったりで建物が密集してるから…
怪我した人は居ないみたいで良かったけど、そんな同じ市内でも離れたとこに住むしかも女子中学生がなにが有ってそんな事をしたんだろ、自分の子供とも年代が一緒だし悔やまれる。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)