内藤大起の顔!facebook!オートバイを転倒させたのは煽り運転?


静岡県の国道1号袋井バイパスでオートバイが転倒し、男性が死亡する事故が起きました。

 

転倒させたのは、前を走っていた車の運転手・内藤大起です!

 

事件の詳細を見ていきます!

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要!

1月29日、袋井市でオートバイが転倒し、乗っていた男性が死亡した。その後の捜査で、ひき逃げだった疑いが強まり、警察は33歳の男を逮捕した。 逮捕されたのは、森町天宮の会社員内藤大起容疑者(33)。警察によると、内藤容疑者は29日午後5時ごろ、車で袋井市土橋の国道1号袋井バイパスを運転中、走行車線から追い越し車線に車線変更をした。その際、後方から走ってきたオートバイを転倒させ、そのまま逃走した疑いがもたれている。 オートバイに乗っていた浜松市中区幸の会社員藤田賢司さん(48)は、頭を強く打つなどして死亡した。オートバイは車と接触していないが、内藤容疑者が車線変更したことによって進路をふさがれ転倒したとみられている。 警察は「捜査に支障がある」との理由で、内藤容疑者が容疑を認めているかどうかを明らかにしていない。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

1月29日に静岡県袋井市土橋の国道1号線袋井バイパス下り線を運転中走行車線から追い越し車線に車線変更をしました。

 

その時、後ろから走ってきたオートバイに急な減速などをさせて転倒させ、そのまま逃走しました!

 

オートバイに乗っていた藤田賢司さんは頭を強く打ち、病院に運ばれましたが、死亡が確認されたそうです。

 

オートバイと車の接触がなっかったそうなのですが、内藤大起が運転する車が車線変更したことで進路を塞がれ転倒したとみられているそうです!

 

このときに内藤大起は後ろにいるオートバイに気づくことはなかったのでしょうか。

 

車線変更する場合には必ず安全確認をしなければなりません。

 

後方の安全などの確認していなかったのでしょうか。

 

疑問が浮かびます。

 

 

容疑者を詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 


内藤大起のプロフィール!

名前:内藤大起

 

年齢:33歳

 

職業:会社員

 

住所:静岡県周智郡森町天宮

 

比較的小さい町で、車が必須というような町ですね!

航空写真で見てみるとほとんどが山に囲まれているようにみえます。

 

 

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

転倒させられたオートバイの運転手は?

転倒させられたオートバイの運転手は藤田賢司さんです。

 

年齢は48歳です。

 

会社員だったようです。

 

藤田賢司さんは静岡県浜松市中区在住でした。

 

藤田賢司さんに奥様やお子様がいらっしゃなっかったのか気になります。

 

もしいてたら急にいなくなってしまったこで将来に不安を感じているかもしれないですよね。

 

ご家族の事を思うと心が痛みます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事故現場は?

静岡県袋井市土橋の国道1号線袋井バイパスです。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

写真の場所とは少し違うのですが、片側2車線の見通しの悪くないバイパスです!

 

内藤大起は安全確認をせずに車線変更をしたか、オートバイに抜かされたことに腹を立て無理に前に割って入ったことが考えられますね!

 

転倒させ、死亡させただけではなく、実はひき逃げだったという疑いが強まっているそうです!

 

今のところ、警察は認否を明らかにしていませんが、早急な真相解明をしてほしいものですね!

 

明らかになり次第、更新させていただきます!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声は?

 

よく立証してくれたと思う。
急ブレーキでの後続車の事故については先行車の責任は不問になるという都市伝説は、やはりウソだったのか

後続車の方のドライブレコーダー映像提供の協力があったと推測します。
ドラレコは自分の為にだけでなく他人の為にもなる事がありますから皆さん付けると良いと思います。私の低級車にもついていますよ

 

ちょっと前と車間距離を空けてるとサッとウインカーも出さずに入ってくるアホがいるが、そんな感じで入られて急ブレーキかけたのかな?
気の毒に…

 

自分の手を汚さず自分の車も傷つけず人殺し。しかも道路交通法だから殺人罪にならないと、なかなか用意周到な犯罪ですね。現行法では過失致死が限度だろうから模倣犯増えそう。

 

死角だったのか明らかな確認不足だったのかわからないし、どちらだったとしても運転手が悪いのは変わりないんだろうけど
バイク側としてもどちらにしても結果は同じだったろうね。

最近初めての二輪で大型とったばかりだけど、死角になるようなところは走るな、急に避けたり止まったり出来ない乗り物だから用心しろって教わった事を忘れないようにする。
相手が悪かろうが二輪は事故れば終わり。

 

これ認否は明らかにしてませんとあるが
恐ろしいことに認否以前に罪の意識がそもそもない場合あるからな
(本人はあくまで普通に車線変更したつもり、後ろのバイク?見えてないし、知らんわ勝手にこけたんだろってやつ)

 

警察はよくやってくれた。
以前ならこのような事例は当たっていないから、バイクの過失であり、車による事故にはならないと門前払いされていた。
後続車があるのに理由もなく急ブレーキをかける行為は、極めて危険な進路妨害であり、たとえ衝突しなくても、事故を誘発させたら逮捕される。
バイクの場合速度にもよるが、プロライダーでもない限り急ブレーキを強いられたら、バランスを崩して転倒する可能性が極めて高い。
俺もバイクを乗っているが、前方の車が予期しない急ブレーキををかけられたら恐怖以外何物でもない。
運転する者は、標識、事故や渋滞が発生していない限り、後続車や左右の車にブレーキを強いる行為はしてはならない。

 

昨今のドライブレコーダーの急激な普及の影響もあり、泣き寝入りの事故をはじめ死亡事故における「死人に口なし」と思われる事故の本当の原因が明らかになってますね。

真実は被害者なのに、不幸にも亡くなって加害者として処理されてしまった事故も以前には相当数あったかと思います。

現代の車社会ではドライブレコーダーこそ必要不可欠な装備品かもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)