中川昇と中野桃子の顔やFacebook!「不当逮捕だ」現場は渋谷ほしなこどもクリニック,神真都Q


新型コロナウイルスのワクチン接種会場に「神真都(やまと)Q会」(ワクチン接種に反対する団体)のメンバーが侵入し、一時ワクチン接種などが中断される事件がありました。

この事件で中川昇容疑者(64)、中野桃子容疑者(57)ら4人が逮捕されました。

この事件を調べてみると神真都(やまと)Q会の代表は不当逮捕だと主張しています。

容疑者らや神真都(やまと)Q会の主張について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

新型コロナウイルスのワクチン接種を行っていた東京都内のクリニックに抗議団体が押し入った事件で、警視庁公安部は7日、建造物侵入容疑で、千葉県市川市の職業不詳、中川昇容疑者(64)、東京都杉並区浜田山の無職、中野桃子容疑者(57)ら4人を現行犯逮捕した。捜査関係者によると、4人は新型コロナのワクチン接種に反対する団体「神真都(やまと)Q会」のメンバーとみられる。 公安部によると、いずれも建物への侵入は認めており、そのうち一部は、ワクチン接種について「殺人行為なので止めに入った」という趣旨の供述をしているという。 逮捕容疑は7日午前11時ごろ、ワクチン接種に抗議するため、東京都渋谷区にあるクリニックの待合室に侵入したとしている。 クリニックでは当時、子供を対象にワクチンの接種が行われていた。神真都Q会のメンバーとみられる逮捕された4人を含む10人ほどが午前10時ごろにクリニックに抗議に訪れ、「コロナワクチンをやめてください」「接種することが犯罪行為だ」などと主張。 診察室にも立ち入ろうとしたため、診療所内は騒然となり、接種は一時中断された。クリニックのスタッフなどが110番通報し、駆けつけた代々木署員がクリニック内にいた4人を現行犯逮捕した。 関係者によると、神真都Q会は、昨年末に設立したとされる団体で、「コロナウイルスは存在していない」「不織布マスクは危険」などと主張。今年1月ごろから全国各地でデモを開催し、数千人が参加したこともあった。今月も全国各地でデモを行っていた。 3月には東京ドーム(文京区)や新宿区内のワクチン接種会場で抗議活動を行い、警察官と押し問答になったり、接種業務が一時中断されたりするトラブルとなっており、警視庁も警戒を強めていた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

7日、東京都渋谷区の新型コロナワクチン接種会場で

建造物侵入容疑で、

中川昇容疑者(64)と中野桃子容疑者(57)ら4人が逮捕されました。

 

逮捕されたのは「コロナウイルスは存在していない」

「不織布マスクは危険」などと主張する団体

「神真都(やまと)Q会」のメンバーです。

 

 

これについて「神真都(やまと)Q会」側は

不当な逮捕だと主張し、

署名活動を始めたようです。

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


中川昇のプロフィールと顔画像!Facebook!

 

 

名前:中川昇

年齢:64歳

住所:千葉県市川市

職業:不詳

容疑:建造物侵入容疑

 

顔画像については公開されていませんでした。

また、Facebookを調べましたが

同姓同名アカウントが多数あり、

容疑者とみられるアカウントは見つかっていません。

 

引き続き調査し、なにかわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 


中野桃子のプロフィールと顔画像!Facebook!

 

 

名前:中野桃子

年齢:57歳

住所:東京都杉並区浜田山

職業:無職

容疑:建造物侵入容疑

 

顔画像は公開されていませんでした。

 

Facebookについても中川容疑者同様、

同姓同名アカウントが多く

特定には至っていません。

 

なにかわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 事件現場は東京都渋谷区西原の「ほしなこどもクリニック」

 

事件があったのは

東京都渋谷区西原の「ほしなこどもクリニック」と

特定されました。

 

報道に現場画像がでていますし、

「神真都(やまと)Q会」の抗議文書にも場所の記載がありましたので

確実かと思います。

 

子供クリニックということは

子供たちが接種しに来ていたのでしょうか?

 

いきなりこのような状況に巻き込まれて

トラウマになっていないと良いのですが…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

神真都(やまと)Q会の主張「不当逮捕だ」

 

出典:https://yamatoq.info/

 


【署名】4月7日における不当逮捕に抗議します

【署名】神真都Q東京アライアンスの活動メンバーら4人(女性3名・男性1名)の不当逮捕に抗議します。

 4月7日、神真都Q東京アライアンスにて活動しているメンバーら4人が東京・代々木警察署によって逮捕されました。
この逮捕は大変不当なものであり、国民の活動に対する明らかな弾圧です。

 神真都Q東京アライアンスのメンバーは現在も治験中である新型コロナワクチンの成分や危険性を公表せず、日本国憲法に反し接種をしていることに対し、その現場であるクリニックの医師らへその説明を求め、憲法違反であることを伝えるための運動をしています。

 逮捕の経緯は次のようなものです。

4月7日午前9時半過ぎに、東京都渋谷区西原の「ほしなこどもクリニック」にメンバー10名が上がり、
二階にある受付で「院長と話したいから(院長を)出してください」という話をしていた。
30分後警察二名が到着。警察対応には、男性メンバーの三名が1階に降りて対応。
その後院長が出てこないため、一階に女性メンバー2名が移動。ここから警察は徐々に増えていき、最終的に約40名が集まる。
話を聞きたいという要望はクリニック側には聞き入れられず、院長と話したいから待っていますという状況が続く。
院長が二階に移動したのを追いかけて、女性メンバー1名が二階へ。
警察約15名が中に入っていき、約3分経過後の11時頃、中から突然「逮捕逮捕!」と、外にいても聞こえるほどの大声が上がる。連行された4名の声はその間一切聞こえておらず、大声をあげることもしていない。
その後、女性メンバー3名、男性メンバー1名が逮捕連行される。連行先は代々木警察署。
逮捕容疑は「建造物侵入」であり、クリニックという不特定多数の人が許可を得ずに
立ち入れる場所でこの容疑をかけられ現行犯逮捕をされたことは、間違いなく不法逮捕である。
また上記の通り、容疑は建造物侵入容疑であるため、暴行等による逮捕ではない。

神真都Qアライアンスのメンバーは、子どもたちの命と未来を守るため、治験中で危険な成分が入っているワクチン接種の違法性を阻止するために活動をしてきました。
新型コロナワクチンは治験中のワクチンにも関わらず、その成分を公表せず、膨大な人々へ副作用や後遺症、また死亡するケースに至るまでその被害を及ぼしています。
現在、政府推奨による子どもへのワクチン接種がより低年齢化しており、本来であれば憲法違反行為を行っている接種の現場にて、国民を守るべき警察は現認権を発動し、接種を止めさせるべきところである。
ワクチンの危険性に関するインフォームド・コンセントも適切に行われていない現状と、知識や自ら選択する能力のない子どもたちへのワクチン接種の責任は、正しく問われなければならないはずです。
 
ところが、ワクチン接種を推進し続ける国や接種を行う医療の現場への刑事責任は一切問われないままに、今回のように違法行為を反対して声を上げることが弾圧の対象にされているのです。
このようなことは決して許されることではありません。

私たちは今回の不当逮捕に対し厳重に抗議すると共に、即時釈放と謝罪を求めます。

2022年4月7日

【呼びかけ人】
一般社団法人神真都Q会 村井大介(代表理事)倉岡宏之(岡本一兵衛)

 

今回の逮捕は神真都Q会側は不当な逮捕だとして抗議しています。

 

 

 

 

ライブ配信の内容を簡単にまとめます。

造語は予測できる言葉に置き換えています。

ちくわん=ワクチン、お縄=逮捕

 

・クリニックに10人くらいで訪れた

・医者に「治験も通っていないワクチンの中身」の説明を求めた

・医者側が会話を拒絶

・警察が来て動画の男性(一兵衛さん)は外に出て対応した

・なかにいた神真都Q会の女性が対応していたら警察が中に踏み込んで逮捕となった

・中で動画は撮影していた

・警察が不当な逮捕をした→弁護士と相談し抗議済み

・「成分を見せてほしい」「治験が終わっていないものを説明なく打つのは違法」というのがこちら側の主張

・だれも暴れていない

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)