中居正広の入院先はどこ?「都内のVIP専用がある総合病院」1ヶ月休養は自宅で行う?

タレントの中居正広さんの1か月間の休養が発表され、心配の声が上がっています。

休養は自宅と病院どちらで行うのでしょうか?

以前の入院先などを調査してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

タレントの中居正広(50)が体調不良のため、芸能活動を1カ月間休養することを、4日に所属事務所を通じて発表した。中居がMCを務める「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)を放送するTBSは、スポニチ本紙の取材に対して、今後の放送について「どのような形で収録するか検討中」とコメントした。 【写真】中居正広の公式サイトで発表されたリリース  4日放送の同番組には中居が出演。IMALU、安藤美姫、ファーストサマーウイカら女性芸能人が叶姉妹に悩み相談する模様が放送される。来週以降の放送について、TBS広報部は「来週以降の放送分で収録済みのものはない」とし、今後の放送について「どのような形で収録するか検討中」とコメント。代役などについては未定という。  中居が体調不良のため10月14日放送の同番組を欠席した際には、同局の安住紳一郎アナウンサーが代打で司会を担当した。  所属事務所はこの日、「弊社所属タレント中居正広について、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、先月体調を崩し、何日かお休みをいただきました。その後、仕事に復帰いたしましたが、その当時から診ていただいている病院の先生方や、携わるスタッフと中居本人が話し合った結果、休養のため1カ月ほど活動を休止することになりましたのでご報告申し上げます」と発表。中居本人のコメントはなかったが「なお、本人の気持ちは至って前向きでございます」とした。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

中居正広さんが1か月間芸能活動を休止して

休養期間に入ることが発表されました。

 

今年7月には急性虫垂炎の手術を受け、

9月にも別の病気の手術を受けたといわれています。

 

10月にはいってからも

レギュラー番組の収録を欠席するなど

体調が心配されていました。

 

噂では「盲腸ガンでは?」とも言われていますが

本人から発表はないので真相はわかりません。

盲腸ガン疑惑についてはこちらの記事でまとめています。

 

 

 

今回の休養はどのような形で行われるのでしょうか?

入院するとしたらどこの病院なのか調査してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 中居正広の入院先の病院はどこ?休養はどこで?

 

 

約1か月間の休養を発表した中居さんですが

休養はどのような形で行うのでしょうか?

 

自宅をメインに通院するのか

病院に入院するのか

そのあたりの報道はありませんでした。

 

中居さんは9月に極秘で

手術を受けていたと報じられています。

 

当時入院をしていたのは

芸能人やセレブも御用達の

都内にある総合病院と言われています。

 

今年7月に急性虫垂炎の手術を受けてから

9月の手術の流れで、現在も病院や

担当医師が変わっている可能性は低いと思うので

今回も入院という形で休養するなら

同じ総合病院である可能性が高いでしょう。

 

 

さて、その病院とはどこなのでしょうか?

いくつか候補がでているようなので見ていきましょう。

 

入院の可能性がある病院
  • 聖路加病院
  • 三井記念病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 愛育病院
  • 山王病院
  • 順天堂大学病院

 

 

なかでも順天堂大学病院が

有力候補とみられているようです。

 

なぜなら、中居さんの父親が2015年に

咽頭がんで亡くなっていますが、

当時、闘病中にかかりつけだったのが

順天堂大学病院らしいのです。

 

病院とも元々付き合いがあるでしょうし、

過去に父親が亡くなった後の時期でも

目撃情報があるところから

順天堂大学病院では?と言われています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 過去の病歴や入院歴

 

中居さんは元々からだが強い方ではないことが

ファンの間では知られていました。

 

過去の入院歴や病歴をまとめていきます。

 

病歴や入院歴
  • 1993年(20歳) インフルエンザ⇒急性肺炎・神経性の胃炎と肝炎で10日ほど入院
  • 2007年(34歳) 急性虫垂炎で入院 手術はせず薬で治療
  • 2015年(42歳) のどの腫瘍摘出手術で5日間入院
  • 2017年(44歳) 肺炎・気管支炎・肝炎で10日ほど入院
  • 2022年7月(49歳) 急性虫垂炎で手術 4日間入院
  • 2022年10月(50歳) 急性虫垂炎の手術時に見つかった病気の手術

 

こう振り返ると、病気と闘いながら

ハードな仕事をこなしてきた方なのですね。

 

今回の1ヶ月の休養で良くなることを願うばかりですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)