中根千枝さんの死因は老衰!wiki経歴「タテ社会の人間関係」著者,結婚や夫は?


「タテ社会の人間関係」の著者として知られる東京大名誉教授の中根千枝さんが、老衰のため10月12日に亡くなっていたことがわかりました。

まずは、ご冥福をお祈りいたします。

中根千枝さんについて経歴や家族についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 中根千枝さん老衰で死去

 

日本の社会人類学の草分け的存在で、「タテ社会の人間関係」の著者として知られる東京大名誉教授の中根千枝(なかね・ちえ)さんが10月12日午前4時、老衰のため東京都内の施設で死去した。  94歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妹・松井淳子(まつい・あつこ)さん。  東大で女性初の助手、講師、助教授、教授を務め、1980年に同大東洋文化研究所所長に就任した。インドやチベットの秘境に赴いて研究を続けたほか、ロンドン大などでも学んだ。  インドや中国、西欧などとの比較から日本のムラ意識、年功序列、終身雇用といったタテ社会構造を解き明かした。著書「タテ社会の人間関係」はベストセラーとなり、国際的にも知られた。  日本ユネスコ国内委員会会長、途上国への政府開発援助(ODA)の在り方を議論する文部科学省の国際教育協力懇談会座長などを務めた。日本学士院会員。98年に勲二等宝冠章、2001年に文化勲章。 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

東京大名誉教授であり「タテ社会の人間関係」の著者として知られる中根千枝さん(94)が老衰のため亡くなりました。

10月12日、東京都内の施設で息を引き取ったそうです。

 

葬儀はすでに近親者で済んでおり、喪主は妹の松井淳子さんがつとめました。

 

女性で初の東京大教授になったり、かなり賢くパワフルな女性だったようですね。

優秀な人が亡くなり残念です。

 

しかし94歳、長生きされましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

次の章では中根千枝さんのプロフィールや経歴をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 中根千枝さんwikiプロフィール、経歴

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

名前:中根千枝

年齢:享年94歳

生年月日:1926年11月30日

没年月日:2021年10月12日

生まれ:東京

研究分野:社会人類学

 

東京大学文学部東洋史学科を卒業し、同大学院を修了しています。

 

子供時代に6年間北京で過ごし、大学院を出てからはインド・イギリス・イタリアなどで、研究をしていました。

その後に日本に戻り出版した「タテ社会の人間関係」がロングセラーになりました。

 

女性で初の東京大学助教授、教授、東京大学東洋文化研究所所長(国立大学初の女性研究所長)、女性初の日本学士院会員などを歴任しています。

 

1990年(平成2年)に紫綬褒章を受章

1993年(平成5年)に文化功労者を受章

2001年(平成13年)に文化勲章を受章

 

 

スポンサーリンク

 

 


 中根千枝さんの家族構成(夫・子供)は?

 

 

中根千枝さんは結婚されていたのでしょうか。

 

調べてみると、2020年度の早稲田大学高等学院の一般入試の小論文問題にて記載がありました。

出典:https://www.waseda.jp

 

私は生涯独身でしたが、もし結婚していたとしたら、これだけ研究に没頭はできなかったかもしれないです。

 

いい人がいたら、って思う事もありました。

ただ、1952年に東大に助手になった時は、教授会では反対意見も多かったそうです。

「女性は結婚したら、研究をやめちゃう。だから、研究職にしなくていいだろう。」って。

私はたまたまいい相手がいなかったことと、研究に没頭する時期が一致したんだわ。

 

 

どうやら研究に忙しく、生涯独身を貫いていたようです。

しかし結婚願望がなかったわけではないようですね。

 

喪主も妹さんがつとめていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)