【大阪】長谷川仁の顔は|中津駅で無理やり電車から下ろし、少女に凶行

大阪は地下鉄中津駅で、少女を無理やり電車から下ろし

凶行に及んだ男、長谷川仁被告が逮捕されました。

男の素顔に迫るべく真相を調査しました。

注:以下、引用マークのある箇所で、特に注記のない場合、

yahoo!ニュース[地下鉄ホームで10代少女に「暴行」…カップル装い強制性交 42歳・無職の男逮捕]コメント欄

からの引用とします。

事件の概要

yahooニュースから・・・

大阪メトロの駅や電車内で10代の少女に暴行を加えた疑いなどで42歳の男が逮捕・起訴されました。

強制性交の疑いなどで逮捕・起訴されたのは、住居不定・無職の長谷川仁被告(42)です。

長谷川被告は去年6月、大阪メトロ御堂筋線の電車内で10代後半の女性の胸などを触り、中津駅で無理やり女性をホームに降ろし、頭を押さえつけるなどして暴行を加えた疑いが持たれています。

(引用:yahoo!ニュース[地下鉄ホームで10代少女に「暴行」…カップル装い強制性交 42歳・無職の男逮捕]

犯人のSNS ( facebook , twitter , Instagram )は?

犯人のSNSについても調査しましたが、

同姓同名の方も多く、特定することはできませんでした。

判明次第追記いたします。

同姓同名のかたに影響のないことを祈ります。

事件はどんな風にして起こったの?

この章で整理してお伝えします。

犯行現場

事件が起きたのは、

大阪メトロ御堂筋線の電車内

および、

大阪メトロ御堂筋線中津駅構内

です。

どのようにして犯行に?

まず、走行中の電車内で10代女性の胸を触る凶行に及んだうえ、

無理やり電車から引き摺り下ろし、中津駅の人目につかない場所に連れて行き、

頭を押さえつけるなどさらなる暴行に及んだとのことです。

この凶行、しかも

この駅で去年5月〜7月にかけて4件、同様の事件を起こしていると報道もされており、

これら、今回の事件をめぐる事実を受けて声が上がっています。

上がっている声は

以下、コメント欄の声とそれを受けてライターとして感じるところを掲載しました。

毎日、毎日、、

異常だと思います

僕は男ですが
許せないです、本当に

今回の事件が連続して行われたものであるということ、

毎日毎日このような性犯罪の報道がなされるということ、

ここに、やるせなさを感じます。

おそらくこの方も感じているのでしょう。

長谷川容疑者、顔は?犯人像を分析

氏名:長谷川 仁(はせがわ じん)

年齢:42歳

職業:無職

住所:不定

長谷川被告の顔写真については、確認できませんでした。

判明次第追記いたします。

犯行の動機は?

長谷川被告は警察の取り調べに対して

黙秘しているとのことです。

動機は明らかではありませんが、このような考察がありました。

ずいぶんと大胆な反抗だな
42歳無職 失うものが無いのが
気を大きくさせた原因か?

「無敵の人」と呼称されるそうですが、

守るものがない人間が犯行に及んだのでは、という分析ですね。

社会で暮らしているひとびとも想ってほしいですが・・・

残念ながら失うものがないのも事実です・・・。

この42歳を娑婆に放てば必ず再犯する。
処刑が不可であれば去勢が必須。

加害者は絶対またすると思う

病的なもので、当の本人は必ず繰り返すというようなことも考えられます。

だからこそ今載せた2つのような意見があるのでしょう。

「動機」などと考えることが無駄だとも、言えるのかもしれません・・・。

但し、死刑にしてはいけない。

厳罰化しない理由を書き込む人があまりいないのは何故なのだろう。
私は死刑はまずいと思ってる。
猥褻しても、命さえとらなければ死刑にはならないとしておかないと、証拠隠滅のための強姦殺人が増えてしまうから。
苦渋の選択ですが、死刑までは言いません。
しかし、もっと厳罰化はしてもよいと思うのですが。

極刑にしてしまえというような、煽りに近いコメントも、見かけられます。

これは、他のニュース記事のコメントでもよく見かけるものですが、

こちらの投稿にあるように、実はそれはまずいのです。

被害者が殺されてしまえば最悪のケース。

それを避けるべく、刑罰の“ランクわけ”のようなものがなされているというわけなのです。

現制度にさまざまな懸念の声が上がる,,,

やはり、コメント欄ではこの事件を受けてさまざまな懸念の声が上がっています。

現制度、大丈夫なの?

迷惑防止条例などの軽い刑ですませていつまでも性犯罪者を野放しにしておくから被害者が後をたたない
乗車禁止にしGPSや性欲抑制剤などで対処してほしい
悪質な性犯罪者も冤罪と擁護すれば泣き寝入りさせられる現状を止めてほしい

現制度では性犯罪者は軽い刑で済まされるのでは、と

声が上がっています。

制度の見直しは必要なのでしょうか。

今回の報道では、強制わいせつの疑いで起訴され、逮捕もされたというとのこと。

制度の緩さが露呈されたかというと、なんとも言えません。

もちろん、その怒りに対しては同意するところです。

御堂筋線もどうなのよ

広く「制度」というくくりでなく、もっと近いところで未然に防がないと、という声もありました。

大阪を走る各地下鉄のを総称して、大阪メトロと呼ばれます。

そのなかでも御堂筋線は女性専用車をいち早く導入していた、という事実を踏まえ、

女性専用車は犯罪予防を啓発する役割があるとし、

けれどその役割が果たされていない、という現状を明確に言葉になさっています。。

こちらにも変わるべき部分がどこなのか、糸口が見て取れそうです。

まとめ

今回は大阪の地下鉄で起きた事件の犯人が起訴されるという内容でした。

ニュースを書いている身としても、

性犯罪のニュースは

○よく報道されているなぁと感じる

○盗撮、痴漢といった残忍な性犯罪が露呈している

こんな印象を持ちます。

これには、

○最近の相次ぐ告発が犯罪の表面化を推し進めているのでは?

とも感じます。

悲観的になりすぎるのではなく、

向き合うこと、これが大事なんだろうな、そう感じます。

犯行に及んだ長谷川被告がより厳しい刑罰を受けること

そして、社会自体が犯罪に対してより積極的に向き合える環境が整うよう、

和多志自身も、働きかけなければと感じた次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする