波汐國芳のwiki経歴や顔画像「近所が心配するほどの運転技術」元東北電力社員,川村ひとみさん死亡事故

福島市で波汐國芳容疑者(97)が運転する車が暴走し、歩行者や乗用車に次々とぶつかった悲惨な事故がありました。

この事故で死傷者が複数出ています。

容疑者について調べてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

19日、福島市の市道で軽乗用車が歩道にいた女性をはね、さらに信号待ちで停車していた3台の車に衝突しました。  この事故で、歩道を歩いていた川村ひとみさん(42)が死亡。衝突された車に乗っていた4人が軽いけがをしました。  警察は、福島市の無職・波汐國芳容疑者(97)を過失運転致死の疑いで逮捕しました。  警察によりますと、波汐容疑者は歩道を数十メートルにわたり走行していたということで、現場にはブレーキ痕がありませんでした。  運転免許更新時の認知機能検査では、問題はみられなかったということです。  警察は、波汐容疑者の認否を明らかにしていません。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

福島市で6人が死傷する事故が起きました。

 

車を運転していたのは

波汐國芳容疑者(97)で

過失運転致死の疑いで逮捕されています。

 

この事故で、川村ひとみさんがなくなり

けが人も出ています。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに

けがをされた方が1日でも早く

回復することを祈っております。

 

97歳が運転していたという事実に世間は驚き、

何か法整備が必要だとの声が多くあがっています。

 

容疑者本人の責任ももちろんありますが

こういった事故を減らすためには

国が動かないといけない時期に来ていると感じます。

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

波汐國芳のwikiプロフィールや顔画像

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

  • 名前:波汐國芳
  • 読み方:なみしおくによし
  • 年齢:97歳
  • 生年月日:1925年
  • 住所:福島市北沢又
  • 容疑:過失運転致死の疑い

 

 

近所の方によると、

容疑者は穏やかな性格で

自分でゴミ出しをしたりと

生活は1人でもしっかりとしていたようです。

 

しかし、運転に関しては

周囲も声をかけるとはいかなくとも

心配になるくらいには

危険を感じる様子だったようです。

 

ほぼ毎日車を動かして

出かけていたという容疑者ですが

車庫入れの際、何度も切り返して

手こずっている様子が目撃されていました。

 

容疑者の住んでいる場所が

車がないと生活が不便だということもあって

周囲も「免許を返したら」とは

声をかけれずにいたそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

経歴は?東北電力の元社員

 

容疑者の経歴について調査してみました。

 

職歴としましては「東北電力」に

勤めていたことがあるようです。

 

 

 

 

川俣営業所の所長を務めていたようですね。

 

また、歌人としても賞を受賞したり

活躍をしていました。

 

経歴
  • 1947年 短歌結社「潮音」に入社
  • 太田水穂・四賀光子に師事
  • その後「新墾」「露草」「白夜」「環」にも関係
  • 第三十四回日本歌人クラブ賞受賞
  • 地域文化功労賞(文部科学大臣表彰)
  • 現在「潮音」選者・「白夜」選者・福島民友新聞歌壇選者
  • 現代歌人協会会員
  • 日本歌人クラブ東北ブロック参与
  • 福島県歌人会顧問
  • 歌誌「翔」編集発行人

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

免許を返納していれば、名前や顔を全国にさらされることもなく、殺人を犯すこともなかった。自動車がないと生活できないなどという言い訳は被害者に通用しないし、後悔し反省しても被害者は生き返らない。 高齢者は年齢制限をもうけて一律に免許返納させるべきだと思う。 そうしないと生活を変えようとしないし、新たなサービスも出てこない。

 

97歳で車の運転は、私が思うには国の責任も少しあると思うよ。法律を作れるんだから80歳以上85歳未満で厳しい適正検査を実施して落ちた老人は運転免許返納を考えて頂く、85歳で全員免許強制返納ってなれば良いと思います。もちろん80歳全員免許強制返納でも構いませんが。老人の方は座席を前にしてハンドルにしがみ付いて制限速度以下で周りの状況は気にしないで運転しているところをよく見ますが、あれでは咄嗟の時にハンドルは切れないし、アクセルとブレーキの間違いがあってもおかしくはないですね。政治家の先生方、そういった法律を速やかに作って頂けませんか?

 

この手のニュースはすぐに免許取り上げの話しになるけど、免許更新時に警察はきちんと能力検査をしているのか? 私には97歳が試験をクリアでできるとは思えないのだが。

 

さすがに90以上は免許取り上げるべきだろ…。 どんなに認知能力が高くても17歳では免許は取れない。下限はあってなぜ上限が無いのか。

 

この記事をみると、事故を起こす高齢者が、過去に事故を起こしたことがあるかどうかは、全く参考にならないってことですね そして、更新時に行う認知機能テストも、あまりあてになりそうもない でも、地方で暮らすには車は必需品ということもわかる しかし、これだけの大事故を起こすということを考えると、やはり自主返納の大事さがわかりますね 97歳はさすがにまだ大丈夫と言える歳ではないですね 高齢の方で運転を継続している人は、これを機会に今一度自身で考えることが必要ですね

 

高齢者がいつまでも車を運転し続けるというのはいかがなものでしょうか。97歳となると体の衰えも感じてくる年ごろでしょうし、免許の自主返納をするに至らなかったのでしょうか。確かに山間部などでは乗用車は必要ですから自主返納をためらう人もいると思います。ならば、免許が18歳以上でないととれないように、免許が取れる上限も決めるべきです。 以前から高齢者ドライバーによる事故が多発しています。当然今回のように事故で命を落とす方もいるのですから、免許を取得できる年齢の上限を決める法律を作るべきです。そして、免許を返納した高齢者はバスの運賃を安くするなどの法律も作るべきでしょう。

 

多くの人は自分には無関係であると思っているかもしれません しかしいざこういう事が起きると他人の人生を壊すことになりますし、自分自身がどんな功績を残していても犯罪者として報道されます 確かに今は公共交通機関が整備されていなく一律年齢で免許を取り上げるのは現実的ではないかもしれません 環境整備が先か法整備が先かという問題になるでしょうが、年齢制限を設けることで公共交通機関の整備も進むのではないかと思います 今若い人は将来自分が老いた時のために今から環境と法の整備を考えなければなりません

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)