南畑優冶の顔やFacebook!『短気で無責任』勤務先や自宅|1歳女児虐待の動機や余罪は?|奈良御所市

自宅などで、1歳女児の太ももを踏みつけるなどの虐待を加えたとして、御所市に住むとび職の男・南畑優冶容疑者(25)が逮捕されました。

 

女児は大腿骨を折る重傷です。

なぜこのようなことができるのか理解に苦しみますね。

南畑優治容疑者とはどのような人物なのか、まとめました。

 

スポンサーリンク

 

 報道内容

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

南畑優冶容疑者は1歳女児の太ももを踏みつけるなどの虐待を加えたとして逮捕されました。

 

女児は大腿骨を折る重傷です。

 

どれほど痛かったことでしょうか。

どれほど怖かったことでしょうか。

 

喋ることもままならない、泣くことしかできない子供になぜこのようなことができるのか。

 

 

非常に胸が痛む事件ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

南畑優冶のプロフィール

名前:南畑優冶
年齢:25歳
職業:とび職
住所:奈良県御所市

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

南畑優冶のfacebook・インスタ特定

 

 

南畑優治容疑者のfacebookを調査しました。

同姓同名で一件HITします。

現時点で本人の顔が公開されていないため、断定できません。

 

本人と断定されましたら、改めて公開いたしますのでお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

南畑優冶の勤務先会社はどこ?

 

南畑優冶容疑者はとび職と報道されています。

どこの勤務先なのでしょうか。

 

しかし、プライベートに関する情報は一切公開されておらず、特定にいたっていません。

 

 

家族を支えるために仕事に励んでいたのかもしれませんが、そんな会社もこの事件で、クビになるでしょうね。

 

迷惑がかかってしまうことでしょう。 

 

スポンサーリンク

 

南畑優冶の自宅は?

 

南畑優冶容疑者は自宅などで、1歳女児の太ももを踏みつけるなどの虐待を加えたようです。

犯行場所の自宅は

『奈良県御所市』
です。

 

外観など詳細が報じられましたら、追記いたします。

 

 

スポンサーリンク

犯行動機や余罪は?

 

 

南畑優冶容疑者はなぜこのような虐待をしたのか。

南畑容疑者は

「泣き止まないからイライラして実家で蹴った」

と暴行したことを認めているということです。

 

イライラしてぎゃくたいとは、とんだ父親ですね。

 

ゆうことを聞かないからと、手を出すとは、短気な性格だったのでしょうか。

 

日頃から虐待もあったのかもしれませんね。

しかし、

南畑容疑者はそれを隠し

娘を病院に連れて行った際

「ベッドから落ちた」

と説明していました。

 

自分のしたことへの責任も取れない無責任な父親といった印象ですね。
嘘までついていますので。

 

 

娘さんの年齢から記憶は曖昧で残らないかもしれませんが、

 

身体的には残ることでしょう。

 

大怪我であることから、後遺症なども心配です。

 

一生苦しめることになるでしょうね。

 

自分の感情もコントロール出来ない父親からの虐待事件が減らないのも事実ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ネットの声

 

一人親? 事件当時&その後、母親は何してた?

 

本当の父親なのか・・・・また交際相手の連れ子か、どちらにしても1歳の子、踏む付けて骨折るって、人間か・・・・って思います。こんなのが親になったらイカンです。この1歳の子がもうこんな痛い・悲しい思いしない事、祈ります。母親も同罪です。

 

偏見ではないが、運送、建築、土木の人間の過去の動物虐待率は高い。と考える

 

偏見ではないが、ブルーカラーにも該当しない人間の犯罪率は高い。とび職・解体屋。

 

最低…

 

次女って事は長女が居るわけで確実に暴力の被害に合ってるだろ。 1歳児に対して蹴りで骨折る様な父親なら親の素質ゼロだし母親も機能していないとしか思えない。

 

 

虐待で多いのは、「泣き止まない」「しつけのため」です。そのために暴力や体罰をふるい、体に傷を負わせたり、命を奪ってしまうケースもあります。子どもは体だけではなく、心にも大きな傷を負うことになります。 体罰禁止の法改正が2020年4月からスタートしています。 子どもが生まれる前の産前講座で、夫婦共に学び「泣き止まないこともある」「しつけのために、体罰や暴力は不要」ということを学ぶことが必要です。さらに、親自身がストレスの爆発を子どもに向けないために、感情のコントロール法も身に着けておきたいものです。 体罰や暴力は子どもの成長・発達によくないことがさまざまな研究から明らかになっています。子どもも1人の人間。叩いたり怒鳴ったりしてコントロールするという意識を変えていくことが必要です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)