泉谷悠巴の顔やfacebookは?10ヶ月女児に日常的に虐待‼︎女児の母親は?【奈良県】

交際相手の連れ子に暴力を振るった男が逮捕されました。

逮捕されたのは泉谷悠巴容疑者です。

泉谷悠巴容疑者のプロフィールや顔画像、SNS、虐待を行う心理、女児の母親について調査しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

事件の概要

交際相手の生後10カ月の娘に暴行しけがをさせたとして、奈良県警橿原署は4日、傷害容疑で同県橿原市大久保町の無職泉谷悠巴容疑者(31)を逮捕した。
娘の体には複数のあざがあり、同署は日常的な虐待の可能性もあるとみて調べている。 

出典:yahooニュース

今回逮捕されたのは泉谷悠巴(31)容疑者です。

泉谷悠巴容疑者は交際相手の連れ子である生後10ヶ月の娘に暴行し、怪我をさせた疑いで逮捕されました。

女児の体には複数のあざがあったことから日常的な虐待が行われていたと考えられています。

 

生後10ヶ月の助けを求めることもできない乳児に対しての卑劣な犯行です。

 

乳児に暴力を振るった事件の犯人がよく口にする理由として「乳児の泣き声がうるさかった」があります。

泉谷悠巴容疑者も血の繋がっていない交際相手の子が「うるさい」という理由で暴力を振るったと考えられます。

 

乳児が泣くことは仕方ないことです。なぜ、守る気もなく子持ちの交際相手と付き合うのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

泉谷悠巴のプロフィール

 

名前: 泉谷悠巴

年齢: 31歳

住所: 奈良県橿原市大久保町

職業: 無職

 

泉谷悠巴容疑者の住まいは奈良県橿原市大久保町。

犯行現場になっていた場所と同じかは不明ですが、女児に日常的に暴力を行なっていたということは交際相手と同居していた思われ、「住まい=犯行現場」の可能性が高いです。

 

 

奈良県橿原市大久保町を戸建て住宅が建ち並ぶ住宅街です。

日常的な暴力が行われていたとなると女児の泣き声の頻繁さにおかしさを気づく人がいたと思われます。

 

今回の事件が明らかになったのは、近所の人からの通報があったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

女児の母親は?虐待を知っていた⁉︎

泉谷悠巴 母親

今回の事件で気になるのは、女児の母親です。

女児は泉谷悠巴容疑者の交際相手の連れ子であり、女児と母親は血の繋がった親子になります。

 

女児の体には複数のあざがあったことから母親は日常的な暴力を知っていたと思われます。

なぜ暴力を止めたり、警察に相談したりしなかったのでしょうか。

 

 

交際相手から子どもが虐待を受ける理由の1つとして、2人の関係性の歪みが挙げられます。

 

 

その歪みの関係は【共依存の関係】です。

 

子持ちの女性は比較的に恋愛をしたり、新しいパートナーを見つけるのが難しいと言われています。

そのため、子持ちで見つけた男性に精神的に依存してしまう場合が多く、男性側も必要とされている強い自分を保つために女性が手放せません。

 

お互いに依存し合う関係となり、関係がうまくいっていないにも関わらずに離れられなくなり、はけ口として子どもが虐待を受けます。

 

 

 

このことから、母親が交際相手の暴力を止められない理由も分かってきます。

つまり、男性側が優位な恋愛になっているからです。

 

男性側は子どもに暴力を振るっても女性は自分から離れられないと分かっています。

また、女性側も自分が暴力を振るわれるのが嫌で子どもを身代わりにしている場合もあります。

 

 

男性と女性が一緒になって虐待を行なっている場合は、同じ罪を犯すことでの連帯感により安心感が生まれるのが理由です。

 

どちらにせよ、母親の弱さで子どもが傷ついているのは明らかです。

 

スポンサーリンク

 

 

みんなの声

お母さんにはこれからしっかりしてほしい。けどだいたいまた同じような男しか寄り付かないんだろうね。しっかりしてほしいよ、まったく。

出典:yahooニュース

 

お子さんが救われた形になったのかな。証拠があったおかげで。あざのない精神的な虐待は、ある意味もっと悪質。

出典:yahooニュース

 

お母さんの方もちょっと考えんと。無職の男にくっ付いていっても、余計苦労するだけやで。

出典:yahooニュース

 

痣まであって母親は本当に暴行を知らなかったんだろうか。

出典:yahooニュース

 

情けないダサい男。この手の罪人は同じ目に合わせるためにサンドバックみたいに駅前に吊るして一人10円で好きなだけ殴れるイベント用に使ったらいいと思う。
徴収したお金は子供の施設に募金するなどしたらいいよ。

出典:yahooニュース

 

なら子連れと付き合うな!
一生心の傷になると思ったら重罪だろ。
日本は本当に子供の犯罪にゆるいわ。

出典:yahooニュース

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)