橋本哲也の顔やFacebookは? 87歳の女性はねられ死亡

 

愛媛県松前町の国道で横断歩道の辺りを渡っていた87歳の女性が軽自動車にはねられ死亡したことで警察は、軽自動車を運転していた伊予市下吾川の会社員、橋本哲也容疑者(41)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

今回は、逮捕された橋本哲也容疑者を掘り下げていきます。

事件概要

31日夕方、愛媛県松前町の国道で横断歩道の辺りを渡っていた87歳の女性が軽自動車にはねられ死亡しました。  事故があったのは松前町東古泉の国道56号で、31日午後4時半ごろ、歩いて道路を横断していた松前町北黒田の無職、巻木エツ子さん(87)が伊予市方面に向かっていた軽自動車にはねられました。  巻木さんは頭を強く打って松山市内の病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。  現場は片側2車線の直線道路で見通しは良く、押しボタン式の信号機のある横断歩道が設けられていて、警察によりますと、巻木さんはボタンを押して横断歩道の辺りを渡っていたとみられるということです。  警察は、軽自動車を運転していた伊予市下吾川の会社員、橋本哲也容疑者(41)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。  調べに対し、橋本容疑者は「車側の信号が赤だったかもしれない」と供述しているということで、警察は橋本容疑者が前を良く見ていなかったとみて事故の状況を詳しく調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/39452231241230871151a29815396ebf6a0ab1fe

31日夕方、愛媛県松前町の国道で横断歩道の辺りを渡っていた87歳の女性が軽自動車にはねられ死亡しました。

 事故があったのは松前町東古泉の国道56号で、31日午後4時半ごろ、歩いて道路を横断していた松前町北黒田の無職、巻木エツ子さん(87)が伊予市方面に向かっていた軽自動車にはねられました。

 巻木さんは頭を強く打って松山市内の病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。

 現場は片側2車線の直線道路で見通しは良く、押しボタン式の信号機のある横断歩道が設けられていて、警察によりますと、巻木さんはボタンを押して横断歩道の辺りを渡っていたとみられるということです。

 警察は、軽自動車を運転していた伊予市下吾川の会社員、橋本哲也容疑者(41)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

 調べに対し、橋本容疑者は「車側の信号が赤だったかもしれない」と供述しているということで、警察は橋本容疑者が前を良く見ていなかったとみて事故の状況を詳しく調べています。

年の瀬にこんな事故があったのは本当に悲しい限りです。

二度と起こして欲しくないですね。

橋本哲也のプロフィール

・名前 橋本哲也

・住所 愛媛県伊予市下吾川

・年齢 41歳

・職業 会社員

・容疑 過失運転傷害の疑い

橋下哲也の顔は?

橋下哲也容疑者の顔画像については調べてみましたが、公開されていません。

女性をはねた場所は?

住所の場所について

愛媛県伊予市下吾川

女性をはねた場所について

愛媛県松前町東古泉国道56号線の横断歩道

どこに行こうかは明らかになってないですが国道などは見晴らしが良さそうなので前を見ていないという重大な違反を起こしたことについて自分がやった行いを本当に悔い改めてほしいと心から思います。

橋本哲也の各種SNSアカウントは?

Facebookは?

名前で検索してみたところ、同姓同名の方を確認できましたが、詳細な情報がなく、本人と特定することは出来ていません。

X(Twitter)は?

名前で検索してみたところ、逮捕された松下直寛容疑者と思われるアカウントが確認できなかったため、特定には至りませんでした。

世間の反応

この記事の前に速報があったが、この記事で原因が見えてきた。信号無視か。ドラレコあれば一目瞭然なのだが。過失運転致死。係る量刑は罰金刑か執行猶予つきの禁錮刑。最も悪質な飲酒運転、無免許運転等だと禁錮刑の可能性がある。驚いたのは最も悪質でなければ人を死なせたのに、いわいる反省で済む事だ。賠償は通常保険でカバーされる(まあその為の保険だから良しとしよう)。もし、この事故がい多いとなれば罰則を重くすべきと思うが、なんかウーンという気持ちが残る。亡くなった方の無念、遺族の悲しみは計り知れないと思うのだが。

押しボタン式信号機で、普段は黄色の点滅の信号機の場合

ドライバーはいつもあそこは黄色の点滅だから停まらなくて良いと、知らぬ間に頭に刷り込まれているんじゃないでしょうか。

たまに赤信号だと舌打ちしたりね。

だからスピードも落とさない。

ちゃんと前を見ていなく、「あそこはいつも黄色の点滅」と漫然と突っ込んで事故になるんじゃないでしょうか。

普段は車の運転をする事が多いので、安全の為に運転手同士のアイコンタクトが大切だと感じることがあります。

私は基本的に他人の運転を信用しませんから、こちらが歩行者で場所が横断歩道であっても、運転手とのアイコンタクトを重視しています。そうすれば停まってくれるか走り抜けるか分かる事があるからです。

結局怪我をして痛い目に遇うのは歩行者である自分ですから、たとえ優先順位が高くても、停まりそうにない車なら先に行かせるようにしています。

一度だけですけど目の前を走り抜けた車が捕まるところを見ましたけど、あまり取締りをしてはいないみたいですね。

軽自動車運転者の安全運転意識が、極度に低いと思う!

車の規格云々もあるけれど、それに加えて、運転する方々の運転そのものが危険の原因になっている。

あなたは、対向車が直進する自車の直前を右折された経験は有りませんか、又は、見かけたことは有りませんか?

自車レーンの信号が赤になった直後でも、交差点に突っ込む車を見かけませんか?

それらの車は、軽自動車が多い印象がある(あくまでも私の印象であり、統計的なエビデンスは無いけれど)、軽自動車の直近の販売実績は4割程度なのだけれど、それ以上の確率にて自車の死亡事故やら、歩行者を巻き込む加害者になっていることが多いと思う。

それにしても、今回事故の信号無視は論外だけれども!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)