東武練馬駅の事故はながらスマホ!女性(31)の名前や顔!原因は自殺ではなかった!東京板橋,東武東上線


2021年7月8日の午後7時半頃、東武東上線:「東武練馬駅」の脇の踏切で、人身事故が発生しました。

電車にはねられ亡くなったのは、近くに住む31歳の女性で、事故当時原因は、自さつと思われていましたが、その後の調査で、女性の”ながらスマホ”とみられる事がわかりました。

 

事故当時の様子や31歳の女性が誰だったのか身元についても、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

東武練馬駅,踏切の人身事故:原因は”ながらスマホで思い込み(概要)

 先週、東京・板橋区の踏切で31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。その後の取材で事故の原因が女性の“ながらスマホ”とみられることが分かりました。  今月8日の午後7時半頃、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、近くに住む31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。はねられた際、女性は踏切の中で遮断機の前に立っている状態でした。  「すみやかに踏切の外に出て下さい」(警報音)  一体、なぜ女性は踏切内で立ち尽くしていたのでしょうか。その後の捜査関係者への取材で、女性が事故の直前までスマートフォンを操作していたことが分かりました。取材をもとに当時の状況を再現しました。  警報器が鳴り始めた直後、女性はスマートフォンを操作しながら踏切内に入りました。この時は、まだ遮断機は下りていませんでした。およそ10秒後、女性が踏切の出口にさしかかった時、目の前の遮断機が下りました。女性はそのままスマートフォンの操作を続け、30秒ほど後に電車にはねられたのです。  「かなり人通りが多い踏切なんですけれどもスマートフォンを操作しながら渡る人の姿が見られます。歩きスマホしながら踏切を渡ってきた男性がいますね」(記者)  事故が起きたのと同じ時間帯に現場を取材すると、スマートフォンを見ながら歩く多くの人の姿が・・・。事故当時も踏切の外にいた人の多くがスマホを見ていて、女性に声をかけた人はいなかったといいます。  「私もさっきもイヤホンしてスマホ見てたんですけど、意識をしっかり向けてないと身の回りにある危険な環境とかにも気づけない」(踏切の利用者)  警視庁は女性がスマホに気をとられ“自分が踏切の外にいる”と思い込んだ可能性があるとみて調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

2021年7月8日、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、人身事故が発生。

近所に住む、31歳の女性が電車にはねられ亡くなられました。

 

事故当時、女性が事故の直前までスマートフォンを操作していたことが判明。

 

その情報から、自さつではなく、ながらスマホが原因で起きた事故であるとみて捜査しています。

 

また、スマホを操作していたため、踏切外にいたと思い込んでいた可能性が高いようです。

 

現代において、誰もが利用しているスマホによって失われた命。

 

非常に残念な事故ですね。

 

 

スポンサーリンク

 


事故当時の現場画像やTwitter情報

 

 

 

事故当時の現場状況です。

 

 

 

 

 

 

このように、多くの人が事故に直面していたようで事故の悲惨さが伝わってきますね。

また、混雑し、現場が騒然としていたことがわかります。

 

スポンサーリンク


ながらスマホ:31歳女性は誰?名前や顔画像

 

 

年齢:31歳

性別:女

住所:不明(東武東上線「東武練馬駅」近く)

 

現時点でわかっている女性の情報です。

情報が少ないため、顔画像も含め、今後の続報を待ちたいと思います。

何か分かり次第、更新いたします。

 

今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

 


事故現場:東武東上線「東武練馬駅」の踏切はどこ?

引用:https://news.yahoo.co.jp/

事故現場の踏切がこちら。

 

 

 

 東武練馬駅

東京都板橋区徳丸2丁目2−14

 

 

31歳の女性は事故当時、この踏切内で遮断機の前に立っている状態でした。

 

 「すみやかに踏切の外に出て下さい」と警報音が鳴っていましたが、

 

 女性は踏切内で立ち尽くしていたそうです。

どんなにスマホに夢中だったとしても、こんな間違いや思い込みないなんて、あるのでしょうか。

 

事故当時の状況についてはこちら


 

スポンサーリンク

 

31歳女性が踏切にいたのはなぜ?

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

なぜ警告音が鳴っていたのにも関わらず、なぜ女性は踏切内に立っていたのでしょうか。

 

報道インタビューの女性は自分もイヤホンをし、スマホを操作していたと答えていました。

報道中も多くの人が、ながらスマホをしている事がわかります。

 

また、31歳の女性の再現画像では、イヤホンはしていません。

 

女性がスマホに気をとられ

“自分が踏切の外にいる”と思い込んだ可能性があるとみて調べています。

 

また、事故当時、多くの方が現場いながらも、女性に声をかける人がいなかったようです。

 

周りも、スマホに夢中だったことから、誰も気づかなかったようですね。

 

 

 

 

インタビューでも、

身の回りにある危険な環境とかにも気づけない

このようのも話していますね。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

誰か一人でも、気付いていれば、もしかしたら、救えた命だったかもしれませんね。

 

ながらスマホは今後、問題になりそうです。

 

そんな状況であれ、このような残念なニュースが発生してしまっては、今後のスマホの使い方、今一度見直す必要がありますね。

 

 

スポンサーリンク

 

世間の反応

 

Global Communications

 

 

これはもう病気ですね。自分が踏切を渡り終えたかどうかすら分からないとは驚きです。

 

歩きスマホしててもぶつからないよ、って言う人がいるけど、それは周りの人が避けてくれているからです。
そろそろ法律で禁止すべきですね。

 

運転手や乗客が気の毒。

 

自動車やバイクだけでなく、歩行者や自転車でながらスマホやイヤホンしてる人も厳罰にして欲しい。
車を運転していて万が一衝突するようなことがあったらたまらない。

 

大変気の毒ですが、今回じゃなくともいつかは同様な事故でお亡くなりになっていたかと思います。ご冥福をお祈りします。

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)