練馬区の三原台交番で拳銃自殺した男性巡査長(34)の身元は?動機はパワハラだった?


11日午前4時半前、練馬区の三原台交番内で、

男性巡査長(34)が頭から血を流して倒れているのを、銃声を聞いて駆けつけた同僚が発見しました。

男性巡査部長は自殺とみられています。

一体何があったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

11日午前4時20分ごろ、東京都練馬区谷原の警視庁光が丘署三原台交番の休憩室で、この交番に勤務する男性巡査長(34)が頭から血を流して倒れているのを同僚が発見した。巡査長は搬送先の病院で死亡が確認された。手元に貸与されていた拳銃があり、警視庁は自殺の可能性が高いとみて調べている。

光が丘署によると、巡査長は10日午後3時半ごろから勤務中だった。発砲音を聞いた3人の同僚が休憩室に駆け付け、倒れていた巡査長を発見した。

巡査長は平成24年5月に警視庁に採用され、31年3月から光が丘署地域課に配属されていた。これまで勤務中に問題やトラブルを起こしたことはなかったという。

同署の木原茂署長は「誠に遺憾。今後、事実関係を明らかにし、再発防止に努める」とコメントした。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

11日午前4時20分ごろ、東京都練馬区谷原の警視庁光が丘署三原台交番の休憩室で、

この交番に勤務する男性巡査長(34)が頭から血を流して倒れているのを同僚が発見しました。

その後、男性巡査長は病院へ搬送されましたが、死亡が確認されました。

手元には貸与されていた拳銃があり、警視庁は自殺の可能性が高いとみて調べているようです。

 

巡査長は10日午後3時半ごろから勤務。

発砲音を聞いた3人の同僚が休憩室に駆け付け、倒れていた巡査長を発見したということです。

同僚の警察官もさぞショックだったことでしょう。

 

巡査長は平成24年5月に警視庁に採用され、

31年3月から光が丘署地域課に配属されていました。

これまで勤務中に問題やトラブルを起こしたことはなかったそうです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 男性巡査長(34)の身元は?

 

交番内で拳銃自殺をし34歳の巡査長について、

現時点で名前や顔は報じられていません。

何か情報が入りましたら、掲載いたします。

 

 

 

 


現場は光が丘署三原台交番

警視庁光が丘警察署  三原台交番

東京都練馬区谷原6丁目9−2

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 自殺の動機はパワハラか

 

男性巡査長はなぜ自殺をしてしまったのでしょうか。

報道によると、遺書は見つかっていないということですが、

なぜ勤務先である交番を、最後の場所に選んだのかが気にかかります。

 

もしかすると、職場の人間関係で悩んでいたということも考えられますね。

警察や自衛隊は縦社会で上下関係が厳しいというイメージがありますので、

パワハラがあっても不思議ではありません。

 

しかし、現時点で動機については全く情報が入ってきていません。

新たな情報を待ちたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)