二宮明夫(帝京第五高校剣道部総監督)の顔,facebook!自分の誕プレ代強制集金!


まさかの事件が起きてしまいました。

 

愛媛県の帝京第五高校の剣道部総監督である二宮明夫が自身の誕生日プレゼントの代金として、部員から強制的に五千円ずつ集めていたというのです。

 

そんな驚くべき行動をとった二宮元監督の素顔に迫っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

剣道の強豪校で、男性総監督が誕生日にあわせて部員に集めさせた現金14万円あまりを受け取っていた。

 学校法人によると、愛媛県大洲市にある帝京第五高校・剣道部の男性総監督は、自身の誕生日に合わせて、部のキャプテンが部員全員から集めた現金14万5000円を受け取っていたという。

 調査の結果、1人5000円で強制力をもって集められ、少なくとも2009年度から6年は誕生祝いの集金が習慣化していたとしている。

 学校法人はこの男性総監督を一昨日付で解雇した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

とんでもない監督ですね。

 

自分の友人で、3年間しっかりとマネージャーを努めてくれた人に誕生日プレゼントとして超高級バッグを部員全員でお金を集めてプレゼントしたという感動的な話は聞いた事がありますが、

 

監督が部員に対し、自分の誕生日祝いとして強制的に集金するなんて酷すぎますね

 

しかも五千円という高校生にとってはそこそこ大きな金額です。

 

14万5000円も集めていったい何に使ったのでしょうか、

 

 

しかも、調査の結果、1人5000円で強制力をもって集められ、少なくとも2009年度から6年は誕生祝いの集金が習慣化していたとしている。

 

これで一体いくらお金を貰ったのでしょうか、

 

常識がなさすぎます。

 

剣道部の強豪校である高校の監督であっただけに残念ですね。

 

 

スポンサーリンク

 


 二宮明夫のプロフィール

名前:二宮 明夫

 

年齢:61歳

 

職業:帝京第五高校剣道部総監督

 

 

60歳などにもなって誕生日に何を書いたかったのでしょうか。

 

自分の欲しい物は部員から集めるのではなく、自分で購入して欲しかったですね、

 

5000円/人はあまりにも非常識な金額です。

 

それなりにお金も稼いでいらっしゃるとも思われるので、

 

 

スポンサーリンク

 


 二宮明夫のFacebook!

二宮明夫に関するFacebookを調査しましたが、本人と思しきアカウントは見つかりませんでした。

 

しかし、総監督「としての心構えが特集している記事において、

―監督にとって剣道とは
剣道とは、私にとって生きがいであり、夢を具現化する手段である。「全国制覇」という夢を現実とするため、生徒たちと共に一心不乱に努力するその過程において、剣の技を磨くだけではなく、人間形成に大きく資することができる。そういう意味でも「剣の道」とはすなわち人生における修業の場であり、また気づきの場所であるとも言えるのではないだろうか。
―監督の指導者としての信念
「勝って打つ」をモットーとし、まっすぐな正しい剣道、打ち切る剣道を目指している。それはただ試合に勝つための「当てる」剣道ではなく、相手の心を打つ打突を身につけることである。そのためにも、剣道の技術だけ向上すればいいというのではなく、人間的に大きく成長できるよう自ら考え判断できる生徒を育成したいと考えている。
帝京で剣道を学んだ事を誇りに思ってもらえるよう指導にあたっている。
―これまで選手育成・チーム作りにおいて、独自に工夫されてきたこと
型にはめず、背の高い者や低い者など個々の特性を最大限に活かし、その長所を伸ばすことを第一に考えている。そのためにも一人一人に応じた剣道を創意工夫している。また、剣道を楽しめるよう飽きのこない練習方法を考え、どんどん取り入れている。それぞれの練習ごとに具体的な目標を設定し、その目標を達成するため自ら解決できる力を身につけられるようサポートしている。
―選手を指導する上で常に目指していること
高校三年間で完結するのではなく生涯続けていけるような正しい剣道を目指している。そのためにも強い打突、いかなる場面においても決して逃げないまっすぐな剣道を身につけさせることが必要である。また、「やらされる練習」ではなく、自ら考え、疑問を持ち、学んでいく力を養い、あらゆることに自主的に取り組む生徒を育成できるよう心がけている。

出典:ティアンドエイチ

何やら大層な事をたくさん書いてありますが、今回の事件で全く入ってきません。

 

「あらゆる事に自主的に」を目指すなら、集金も自主性を尊重するべきではなかったのではないでしょうか、

 

いずれにしろ、監督以前に人としての常識がなさすぎです、

 

生徒側も習慣化する前に、他の大人に知らせておくべきでした。

 

普通に考えると、親に言いそうなものなので、もしかすると、口止めしていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 


 事件が起きた高校は?

事件が起きたのは、愛媛県大洲市にある帝京第五高校です。

 

 

 

 

剣道の超強豪校で、YouTube上に特集の動画が上がっていました。

 

 

平成31年の全国大会では、男子が8位入賞、女子が優勝という華々しい成績を誇っています。

 

すごいですね、

 

この総監督がいなくなったあとも後任の監督がしっかりとチームをまとめ、選手のメンタルケアをして、もう一度優勝して欲しいですね、

 

 

スポンサーリンク

 

 ネット上の声

1日5000円稼ごうと思えば大変な事と理解できるはず。

それを自分の誕生日に子供から強制的に受け取った?

あり得ない話に驚いています。

学校内での部活指導者って絶対王政。
何しても外部に漏れさえしなければやりたい放題。
高校生から1人5,000円って、絶対的立場の違いを利用しての恐喝事件です。
過去に巻き上げた分含め、全員に利子付けて返しましょうね

とんでもないな。
記事見て笑った。
こんなバカがまかり通ってたのが不思議だし、完全に上下関係を悪用した現代のカツアゲ笑
先輩がとかでなく顧問がとなると話が変わってくる。これはこいつとその家族、親戚総出で歴代の卒業生全員に返金と謝罪周りをするべきだろう。

息子が小学生の時、通っていた空手教室

合宿にて、OBと思しき保護者らの大師範様への取り巻き具合が気持ち悪くてドン引きした経験がある。大師範様はまるで教祖様みたいに振る舞っていました。

恐らく当時の保護者による行き過ぎた機嫌取り行為が、監督を勘違いさせ常習化してしまったのではなかろうか?

少年野球などのスポーツや習い事は、お手伝いしない保護者の子は試合に出して貰い難いと聞くんで親も必死

細かいことですが大学だと部員をバイトさせてそれを監督がピンハネ
高校だと遠征費徴収して余ったらピンハネ
これくらいはどこでもありますよね

もちろんダメだと私は思いいますが調べないのも、隠蔽しているのも
学校側です
文科省もセクハラ、暴力、パワハラと同時にこういった事件も調査しないと
少数ですがそういった教員は確実にいますよ

人間という生き物は権力などを握るとその権力を最大限に利用して人を支配して金品などを無心する。中世から変わらない。
周りも権力者に洗脳された状態になる。
一人がこれは決まりだから、昔からやっているから、お世話になっているからなどと囁くと皆、すんなり従う。
北朝鮮やChinaと同じ支配構造が生まれる。
逆らえば、粛清されたり、制裁を科される、
晒し者にされたりする恐怖を植え付け支配が完成する。
これこそ人権侵害行為である。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)