西村賢太さん死去!死因は?石原慎太郎さんへの追悼文を書いた3日後だった!芥川賞作家


芥川賞作家の西村賢太さん(54)が、死去したとの報道がありました。

突然の訃報に驚きを隠せません。

西村さんは突然意識を失ったということですが、一体何があったのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 西村賢太さんの訃報

 

破滅型の私小説で知られる芥川賞作家の西村賢太(にしむら・けんた)さんが5日朝、東京都内の病院で死去した。54歳。東京都出身。  中学卒業後、アルバイトで生計を立てながら小説を執筆。2007年に「暗渠の宿」で野間文芸新人賞、11年に「苦役列車」で芥川賞を受けた。受賞決定後の記者会見での破天荒な発言が注目され、同作はベストセラーに。他の著書に「小銭をかぞえる」「どうで死ぬ身の一踊り」など。  大正時代に活動した作家藤沢清造に心酔し、小説集出版に尽力した。  関係者によると、4日夜、タクシー乗車中に意識を失い病院に搬送されていた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

芥川賞作家の西村賢太さんが5日朝、東京都内の病院で死去したと報じられました。

54歳でした。

西村さんは2007年に「暗渠の宿」で野間文芸新人賞、2011年に「苦役列車」で芥川賞を受賞。

受賞決定後の記者会見での破天荒な発言が注目されていましたね。

関係者によると、4日夜、タクシー乗車中に意識を失い病院に搬送されていたということです。

 

西村賢太さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 西村賢太さんのプロフィール・経歴

引用:毎日新聞

西村賢太(にしむら けんた)

生年月日:1967年7月12日

年齢:54歳

出身地:東京都江戸川区

最終学歴:中卒

代表作 『暗渠の宿』『苦役列車』

主な受賞歴:野間文芸新人賞(2007年)

      芥川龍之介賞(2011年)

デビュー作 :『けがれなき酒のへど』(2004年)

 

西村賢太さんは、東京都江戸川区春江町出身。

祖父の代から続く運送業者の家庭に生まれました。

1978年秋に父親が強盗強姦事件を起こして逮捕され、この時両親が離婚。

3歳上の姉と共に母子家庭で育ちました。

江戸川区立二之江第二小学校5年の2学期に千葉県船橋市原木中山へ転居し、さらに小学校6年に進級する春休み中に東京都町田市へ転居しました。

それまでは父が単なる強盗事件を起こしたと聞かされていたようですが、

町田市立中学校3年の時、父が起こした事件が性犯罪だったことを知り、その衝撃で2学期頃から不登校となります。

西村さんの成績は、国語を除くと「1」ばかりでローマ字も書けなかったそうです。

高校は全寮制の東京都立秋川高等学校しか行くところがないと教師に宣告されましたが、寮に入るのを嫌って進学せずに、家を出て東京鶯谷の家賃8000円のアパートで下宿をはじめます。

1990年頃には品川の屠場で働いたこともありましたが、あまりのきつさに音を上げて一日でやめてしまったそうです。

16歳頃から古本屋に通い、戦後の探偵小説の初版本などを集めるようになります。

 

2003年夏、同人雑誌『煉瓦』に参加して小説を書き始めます。

2004年、『煉瓦』に発表した「けがれなき酒のへど」が『文學界』に転載され、同誌の下半期同人雑誌優秀作に選出される

2006年、『どうで死ぬ身の一踊り』で第19回三島由紀夫賞候補。

2007年、『暗渠の宿』で第29回野間文芸新人賞受賞。

2008年、「小銭をかぞえる」で第138回芥川賞候補。

2009年、「廃疾かかえて」で第35回川端康成文学賞候補。

2011年、「苦役列車」で第144回芥川賞受賞。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 西村賢太さんの死因は?

西村賢太さんは4日の夜に突然意識を失い、5日の朝に亡くなられたということで、

突然死だったことが分かります。

死因については、どのメディアも報じていないため分かっていません。

 

ネットでは「コロナに感染した?」などの声があがっています。

 

 

 

また、ワクチンが原因なのではという声もありました。

 

 

突然の訃報ということもあり、死因が発表されていないだけに様々な憶測が飛んでいます。

新たな情報が入りましたら、こちらにも掲載致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 


石原慎太郎さんへの追悼文を書いた3日後だった

 

2月1日にお亡くなりになった石原慎太郎さんへ、追悼文を書かれていた西村賢太さん。

まさかその3日後にお亡くなりになるなんて、信じられないですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)