千葉のこぎり男(70代)の名前や顔!自宅や家族構成は?米の乾燥機の音がうるさいとトラブル


28日午後8時ごろ、千葉県匝瑳市吉崎の民家敷地内で、

騒音トラブルの通報で駆け付けた県警匝瑳署の男性巡査長が、

のこぎりを持った男に向けて拳銃を発射。

男は搬送先の病院で死亡しました。

男の身元は判明しているのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道概要

 

 28日午後8時ごろ、千葉県匝瑳市吉崎の民家敷地内で、騒音トラブルの通報で駆け付けた県警匝瑳署の男性巡査長が、のこぎりを持った男に向けて拳銃を発射した。

 銃弾は男の胸から腹付近に命中し、男は搬送先の病院で死亡した。

 県警によると、男は近所に住む70代くらい。同日午後、男から「隣の家の米乾燥機の音がうるさい」と110番があり、駆け付けた50代の巡査長ら2人が乾燥機の所有者から話を聴いていたところ、男がのこぎりを持って接近してきたという。

 巡査長はのこぎりを捨てるよう警告。上空に向けて1発威嚇射撃したが、男がのこぎりを振りかざして近づいて来たため、男に向けて1発発射したとしている。

 匝瑳署の高谷義則次長の話 現時点では、適正な拳銃使用だと考えている。 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

千葉県匝瑳市吉崎で28日夜、「乾燥機の音がうるさい」と110番通報がありました。

トラブル対応で出動していた県警匝瑳署の男性巡査長が、対応していたところ、

通報したとみられる70代の男が、刃渡り約30センチほどののこぎりを振りかざして襲いかかろうとしました。

巡査長は「止まれ、捨てろ」と警告して空に向かって威嚇発砲。

 

しかし、男は約2メートルまで迫ってきたため、「撃つぞ」と警告した後に男性に発砲したようです。

刃渡り30センチののこぎりを持ったまま、2メートルの距離まで近づいてこられたら怖いですよね。

70代の男は、なぜ警察官にたいして襲いかかろうとしたのでしょうか?

矛先を警察官にむけた理由が分かりません。

お酒でも飲んでいたのでしょうか・・・

同署の高谷義則次長は

「現時点では拳銃の使用は適正であると考えている」

と話しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 男の名前や顔

 

 

警察官が発砲したことにより死亡したのは、現場の住宅の近くに住む70代の男です。

名前や顔が特定されているのか調べてみましたが、

現時点でどのメディアも報じていませんでした。

 

身元の確認に時間がかかっているのかもしれません。

分かり次第更新いたしますので、お待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 男の自宅や家族構成は?

 

事件が起きたのは千葉県匝瑳市(そうさし)吉崎の住宅街です。

 

 

 

これ以上の詳細は住所は公開されていませんでした。

また、男は70代とみられていますが、夫婦で暮らしていたのでしょうか?

家族に関する情報も入ってきていません。

新たな続報が入りましたら、更新いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


「米乾燥機の音がうるさい」とトラブル

 

 

28日午後6時半ごろ千葉県匝瑳市吉崎で

「近所の家の米の乾燥機の音がうるさい」

と警察に通報がありました。

 

午後8時ごろ、50代の警察官2人が乾燥機がある住宅に向かい、事情を聞いていたところ、

通報したとみられる男が現場にのこぎりを持って現れました。

 

乾燥機は農業用のようですが、かなり大きな音が出るものなのでしょうか。

以前から騒音によるトラブルがあったのかもしれませんが、

警察官にたいし、のこぎりを振りかざすなんて、信じられない行動ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ネットの反応

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)