野崎祐也の顔やfacebook・インスタ|現場はどこ?出身や家族構成|さいたま市|自殺ほう助

野崎祐也

SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けした疑いで、

 さいたま市に住む野崎祐也容疑者(28)が逮捕されました。

 

野崎容疑者や事件についてまとめました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けしたとして、神奈川県警は、さいたま市に住む28歳の男を逮捕しました。

自殺ほう助の疑いで逮捕されたのは、さいたま市の野崎祐也容疑者です。野崎容疑者は先月横浜市に住む10代の女子中学生の自殺を手助けした疑いが持たれています。

捜査関係者によりますと、野崎容疑者はSNSを通じて、横浜市に住む10代の女子中学生と知り合い、この女子中学生を埼玉県内まで連れ出したとして、未成年者誘拐の疑いですでに逮捕されていました。

野崎容疑者は大雨の中、女子中学生を車で相模原市の山間部の橋の上に連れていき、自殺を手助けしたとみられています。女子中学生はその後、遺体で見つかったということです。

厚生労働省や自殺の防止活動に取り組む専門家などは、悩みを抱えていたら自分だけで悩みを解決しようとするのではなく、専門の相談員に話を聞いてもらうなどして、自分を救って欲しいと呼びかけています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けしたとして、

さいたま市に住む野崎祐也容疑者(28)が逮捕されました。

 

野崎容疑者は先月、横浜市に住む10代の女子中学生の自殺を手助けした疑いが持たれています。

 

野崎容疑者は女子中学生とSNSを通じて知り合い、

この女子中学生を埼玉県内まで連れ出したとして、

未成年者誘拐の疑いですでに逮捕されていました。

 

そして野崎容疑者は大雨の中、女子中学生を車で相模原市の山間部の橋の上に連れていき、

自殺を手助けした疑いがもたれています。

 

女子中学生はその後、遺体で見つかっています。

 

女子中学生のSNSには自殺願望をほのめかす内容が書かれていたということですが、

このようなニュースは本当に胸が痛み、親御さんの気持ちは計り知れません。

 

 

ご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

容疑者についてみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 野崎祐也のプロフィール・顔画像

 

 

 

  • 名前:野崎祐也(のざき ゆうや)
  • 年齢:28歳
  • 住所:埼玉県さいたま市緑区東浦和
  • 職業:会社員

 

 

野崎容疑者の顔画像は現時点で報道されていません。

顔が分かり次第、こちらにも掲載いたします。

 

 

野崎容疑者は、

「SNSに自殺希望者を募るような内容の書き込みをして、これまでに10回以上、SNSを凍結されている」

といった趣旨の供述をしているようです。

野崎容疑者は自殺願望者を募集していたということになりますが、

一体何の目的なのでしょうか。

もう少し詳しい情報が入りましたら、追記していきます。

 

 

 

※野崎祐也容疑者の中学校時代の写真が公開されました。

野崎祐也

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

 

 

 野崎祐也のfacebook・インスタ

 

野崎祐也容疑者のfacebookやインスタグラムを調べてみました。

 

 

名前で検索したところ、同姓同名のアカウントがいくつか存在しています。

しかし、本人のアカウントと断定できる情報がなく、

特定にはいたりませんでした。

 

野崎容疑者の顔画像が報道されれば特定しやすくなるかもしれませんので、引き続き調べてみたいと思います。

 

※追記

 

野崎祐也容疑者のfacebookが特定されました。

引用:野崎祐也facebookより

 

 

 

 

最後に投稿されているのは2016年7月12日です。

投稿されている数も少なく、facebookはあまり利用していなかったのかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 野崎祐也の出身や家族構成

 

 

野崎祐也容疑者の出身や家族構成について調べてみました。

 

野崎容疑者の自宅住所は埼玉県さいたま市ですが、

ここが地元なのか仕事などを機に引越してきたのかなど、分かっていません。

 

野崎容疑者は28歳ですから、結婚し子どもがいても不思議ではありませんが、

プライバシーに関わる情報は一切報じられていませんでした。

 

 

速報ということもあり、野崎容疑者に関する情報が少ないです。

新たな情報が入りましたら、随時更新していきますのでお待ちください。

 

 

野崎容疑者の学歴や経歴、生い立ちなどはこちらの記事でまとめています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 現場はどこ?

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

現場となったのは相模原市の山間部の橋の上です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

現場の詳しい住所は報道されていませんでした。

 

現場についての情報が入りましたら、追記いたします。

 

※追記

現場となった橋は『桂橋』であることが分かりました。

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

自殺ほう助が罪とされているのは、たとえ自殺すること自体は違法ではなくても、自分の命について決められるのは本人だけであり、他の人が影響を及ぼすことは生命に対する違法な侵害だと考えられるからです。

特に、思春期の子どもは心が発達している途中であり、とても繊細です。揺れ動く子どもに対して、自殺する方向での働きかけをするというのは法的にも、倫理的にも絶対避けるべき行為だと思います。 最近は、SNSでさまざまな相談ができる窓口を設けている自治体もあります。子ども達が苦しいとき、そうした窓口などが頭に浮かぶよう、周知させていくことも大切だと思います。

 

 

命の電話とかあるけど、今ある現状を話しても解決方法を導いてくれる訳ではないので、逆に火に油を注がれた様な気持ちになった事があります。 個人的にSNS(個人のTwitter)でマイナスを発信するのも聞くのも好きではないのですが、そう言った相談電話よりもSNSを通して理解してくれたように思えた人の方が繋がりたいし、信じて自殺を手伝って欲しいと思わせたんでしょうね。 こういうのどう防げるのかわからないけど、難しい問題ですね。

 

 

 

死にたいと思う人がいて、何らかの理由でそれを手伝いたいと言う人とSNSで繋がってしまう事がある。ただし、死にたいと思う人と、それを止めたいという人も繋がるのがSNSだとも思います。死ぬとなると痛かったり、怖かったり、苦しかったり…実行するにはものすごく勇気と決断がいると思います。そんな勇気も決断力も持っているなら、SNSでなく逃げたり、捨てたり、新しい場所に行ける可能性をポチッて欲しい。検索方法変えたらいまとは違う未来が見つかるかもしれない。

 

 

 

以前にも自殺願望の複数の家出少女らと男性一人を殺害した男がいたし、最近も札幌の女子大生を殺害して余罪もあるらしい中年男が逮捕されたところ。今度は中学生を二十代の若者が。SNSで自殺志願者や心中仲間を募るという繋がり方、ネット社会の負の副産物と言えよう。これは本当に対策を急がないといけない事案。 自殺ほう助と言うと一方的な殺人より罪が軽いかのような印象になるけれど、前の連続殺人の時のように快楽目的を隠して誘う場合や、止められる立場にいながら誘導して仕向ける場合もあり得、死人に口無しとばかりに実情が見えない部分が歯がゆい。 このSNSの落とし穴もひとつの大きな課題。そして、繊細で希死念慮に取り憑かれやすい子供〜若者へのアプローチも多方面から考えないと。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)