尾花久校長(矢場川小)の顔やFacebook!家族(妻・子供) は?パワハラ・セクハラの動機がヤバい!栃木足利


足利市立矢場川小の尾花久校長(58)がパワハラやセクハラをしたとして、停職6カ月の懲戒処分になりました。

尾花校長は同日付で依願退職しています。

勤務時間外に女性教諭を校外に呼び出し2時間付きあわせたり、過去10年の内には同僚の女性教諭5人に抱きつくなどのセクハラを行っていたようです。

いままでなぜ問題にならなかったのでしょうか。

この記事では、尾花校長自身について調査しましたので見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

栃木県教育委員会は3日、女性教職員にパワハラやセクハラ行為をしたとして、足利市立小学校の男性校長(58)を停職6カ月の懲戒処分にした。校長は同日付で依願退職した。  県教委によると、校長は2020年6月~21年3月、ほぼ毎週、勤務時間外に女性教職員を勉強会と称して、コンビニエンスストアの駐車場の自分の車や喫茶店に呼び出した。女性が拒否すると、「校長が言っているんだから」などと高圧的な発言をしたり、無料通信アプリで頻繁にメッセージを送ったりした。  女性が4月に教頭に相談。校長は調査に「一緒に居て心地良いため」と話したという。調査で過去に他の同僚女性5人にもパワハラ行為や、抱きついたり、体を触ったりするセクハラ行為をしていたことが判明した。【御園生枝里】

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

昨年6月から今年3月にかけて、尾花校長は毎週末の勤務時間外に「勉強会」と称し、女性教諭を校外に呼び出していたことがわかっています。

自分の車や喫茶店で自作の「学校便り」への意見や感想を求めるなどして、この行為は2時間に及ぶ時もあったそうです。

女性教諭が断ろうとすると「校長が言ってるんだから」と高圧的な発言をすることも。

女性教諭が教頭に相談したことで、これらの件が明るみに出ました。

勇気をだして相談した女性教諭、教頭がきちんとした対応を取ってくれてよかったと思います。

また、これをきっかけに調査したところ複数の女性教諭にセクハラもしていたことがわかりました。

校長という立場を利用して許せないですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


尾花久校長のプロフィールや顔画像!

 

名前:尾花久(おばなひさし)

年齢:58歳

足利市立矢場川小学校校長(依頼退職)

 

顔画像については、今後調査していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


尾花久校長のFacebook

 

Facebook上で「尾花久」と検索したところ、同姓同名が複数おりました。

特定までにはいたってないので記載はひかえます。

 

 

スポンサーリンク

 

 


尾花久の家族(妻・子供)は?

 

校長先生だと結婚されている方が多いイメージですが、尾花校長はどうだったのでしょうか。

情報は見つけられませんでした。

校長まで務めているということは、長年教員生活をしているのでしょう。

もし、ご家族がいたらこのような形で退職になってしまったことや、長年にわたってしていたセクハラなどにショックを受けていることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

パワハラ・セクハラの動機がヤバい!

 

教育委員会の調査に対して、毎週末女性教諭を呼び出していたことについて「一緒に居て心地良いため」と話しているようです。

仕事に私情を挟まないでほしいですね。

長い期間ほぼ毎週末呼び出されていた女性教諭はよく耐えたと思います。

セクハラについての動機は語られていませんが不純な動機であることは予想できますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

こんなのが校長。というか、こんなのが校長や教師か?というのが多すぎて。
またか、と思うだけ。
なってはいけない人間が教職についている。教職に就くとかいう以前に人として終わっている。

 

今58歳なら、セクハラまがいの事をしていた若い女性教師は、かって自分が新卒の頃に担任していた児童生徒の子供、と言うことに気が付いてんだか付いてないんだか。そんな事で晩節を汚しちゃって、まことに後悔先に立たず

 

はい、はい。栃木県教育委員会はこのような人を好んで校長先生にしているんですね。他の校長先生も似たようなものなのですね。パワハラ、セクハラが校長職に就かせる条件なのですね。さすが足利学校の伝統を引き継ぐ立派な方針。栃木県の校長には要注意!ばれても停職6か月で済むのは、きっとそういうことでしょ。

 

これはもちろん最悪な犯罪。

でも「校長」って立場でも停職にできたって面から見ればすごいよな。
教頭先生に相談したってのが良かったのだろうね。

やっぱ、トップが何かやらかした時にナンバー2が諫める方に動けるのは良いね。
教育委員会も良い仕事をした。

何より、声を上げた女性教職員が良く頑張ったと思う。

校長は同じ事繰り返す前に辞めれば良いんじゃん?
恥を上塗りする前に。

 

こんなのでも管理職になれるという体制に問題がある。
採用試験もしかり、人としてどうなのかと思われる人材でも点さえ取れれば問題なしに採用される。
いくらマスゴミの煽りで志望者が減少していても、ふさわしい人材を育成するのが文科省のやることではないだろうか?

 

パワハラもダメですが、セクハラも論外。
教員の不祥事の処罰も、飲酒運転の処罰と一緒に引き上げないと、いつまでたっても減らないと思います。
“悪・即・斬”にすべき犯罪です!

 

女性が4月に教頭に相談。

教頭先生にも3パターンある。

1,誠実に勤め、学年主任等もろもろ経験している人。
2,校長の子分・コバンザメ。
3,学校も派閥関係(出身大学等)があるので校長一派を落とそうとする人。

2の教頭じゃなくて本当に良かったですね!!!

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)