小田急相模原駅で人身事故!飛び込んだのは父親刺した次男!顔や名前は?


神奈川県厚木市の男性(72)から「息子に腹を刺された。息子は家から出ていった」と110番があり、犯人と思われる次男が逃走後、小田急相模原駅で回送電車に飛び込み、死亡しました。

不可解な行動を撮った次男がどんな人物だったのか、リサーチしました。

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

刃物のようなもので切り付けられた72歳の父親は「子どもに刺された」と通報していました。  

27日午前5時前、神奈川県厚木市の72歳の男性から「腹を子どもに刺された」と通報がありました。  

男性は腹から血を流して倒れていて病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。  

警察によりますと、当時、この家には夫婦と次男がいましたが、事件後、次男の行方が分からなくなっていました。  

男性のそばには包丁が落ちていたということです。  

30分後には住宅から約9キロ離れた小田急相模原駅で30代の男性が回送電車に飛び込んで死亡する事故がありました。  

その後、死亡したのが行方不明となっていた次男であることが判明しました。  

警察は次男の死亡した経緯についても調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

不可解な事が多い事件ですね。

そもそもなぜ、次男は父親を刺したのでしょう。

親子喧嘩でもしていたのでしょうか?

72歳の父親の命が助かったのはよかったですね。

次男の方は、電車に飛び込んで亡くなってしまったので、動機や経緯は謎のまま事件が処理っされてしまいそうですね。

 

スポンサーリンク

 


 事件現場は?

 

事件の現場となったのは、小田急線相模原駅です。

人身事故が起きたのが、通勤ラッシュ前の午前6時だったので、大きな打撃となりました。

父親を刺した後、すぐに自殺しに行った事を考えると、あらかじめ決めていたのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 


自殺した次男のプロフィール

名前:不明

年齢:39歳

住所:神奈川県厚木市

 

事件当時、老夫婦と、その次男がともにいました。

親子で同居していたのかは、明確に書かれていませんが、おそらく同居していたのではないでしょうか、

コロナなどで、精神的に追い詰められて、今回の事件に至ってしまったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

 

Global Communications

次男の世代は氷河期後組。親は一番好景気の世代でいい暮らしをしていたけど、子供はそういう暮らしが出来ず、親や社会が責めなくてもお金がなくなって歪むこともある。こういう事件これから増えますよ。

なんか、あるあるだなぁー。
結構、なんだかんだストレスたまっていたり、家族内でコミニケーションとれてないと一方的になったり、なんか怖い。潤滑油みたいな方がいて理解できていればいいが、結構いなくて、父親が、息子にキレないように気を遣っている家庭多そう。

親子がお互いに心身がそこそこ健康なら
本来、30代の子供なんて、親と一緒に暮らさず
家族を持つか、独立するか、してないと。
この年代を親と一緒に住むと
考え方も生活リズムも、すれ違いが多いから
トラブルが多くなる。
一定の距離を置いて生活した方が
双方の為になると思う。
金が無いから親に寄生、みたいに
甘えたのも多いんだろうけど。

小さい頃から個の自由というものを重視し過ぎた結果だと思うよ。家というものの仕組みが完全に壊れ厳しく育てることができなくなった日本社会。これからますますこういうことが増えるだろうね。
国土が小さく、資源がない国を人間を資源にしようと先人が培ってきたこの人間力形成の枠組みが完全に崩壊して昔のような勤勉、義理堅い、寛容、協調性、を持ち備えた日本人はいなくなってただの島国の方々くらいになるんだろうな。

毎日のようにこんな事件
管理教育のようなその場凌ぎなことばっかりやってきたツケ
単純労働者大量生産したくせに選り好みが激しい企業
衰退して当たり前のジャポネ

なんかやるせない事件が最近多すぎる。
3、40代の親子関係によるトラブルをよく聞くようになったが、バブル期に生まれ育った家庭環境が一変した幼少期を経験した世代のような気がする。とにかく生活水準も様変わりしてしまい家庭内では夫婦ケンカや怒号が絶えなかった家庭も多々あっただろう。
そんな自分がふと環境社会の犠牲であるように思う。

次男と言うから何歳かと思ったらいい歳したオッサンじゃないか。引きこもりだったのか何なのか分からないけど、いい歳した成人のオッさんの親子事件が多い。自分もそうだけど、この辺りの世代の親の価値観と時代の移り変わりの歪みが大きくて結構、大変な思いしてる人は多いと思う。

親の接し方が極端に厳しかったり甘かったりすると本人の性格に大きく影響する。
若いときに躓いてしまって社会に出るのが怖くなり引きこもる…そんな息子を見た親は毎日のように言ってはならないワードを連呼して そもそもの原因は貴様!なんだよ となったりする。電車に身を投げる位だから辛かったんと違うかな…

親子でも成人して自活できるようになったら
別居したほうがいい。
障害、介護があれば仕方ないかもしれないが。
同性親子同士は特に難しい。
父子は分かり合えないし。
母娘は共依存になりやすい。

何十年にも渡る確執。それがある日、突然、爆発すると、悲惨な結果になる事が、稀に有る。親子でも、両親夫婦間の恨み辛みには、気付けない。とにかく、優しい心と、歩み寄る気持ち、負けを認める勇気があっても、難しいかな?動物が、相手を頃す時は、捕食の為だが、人間には、言葉があるから、恨みが生まれる。進化の副産物。

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)