【山梨道志村キャンプ場】小倉美咲ちゃん画像公開!空白の20分とは?行方不明?誘拐?母親インスタがヤバイ?ボランティアは?

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場「椿荘オートキャンプ場」で小学1年生の女児の小倉美咲ちゃんが行方不明になりました。

今回はボランティアの現状調査や、小倉美咲ちゃんの母親のインスタがヤバイと話題になりました。

現在公表されている情報についてまとめました。

必見です。

スポンサーリンク

事件概要

山梨県警や地元消防は25日午前、同県道志村のキャンプ場で21日から行方不明となっている千葉県成田市の小倉美咲さんの捜索を再開した。村の派遣要請を受けた自衛隊約150人が加わり、態勢は計約230人。

 派遣要請を受け、キャンプ場を捜索する自衛隊員(25日午前、山梨県道志村)=共同
画像の拡大
 派遣要請を受け、キャンプ場を捜索する自衛隊員(25日午前、山梨県道志村)=共同

捜索は5日目となるが、これまでに捜したキャンプ場付近の山中や小川では、手掛かりとなるものは見つかっていない。

小倉さんは21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。同日午後3時40分ごろ、別の場所に遊びに行った子どもたちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。

キャンプ場は同村役場の東約2キロの山間部にある。〔共同〕

引用:日本経済新聞

山梨県道志村の「椿荘(つばきそう)オートキャンプ場」を訪れていた千葉県成田市の小学1年生、小倉美咲さん(7)が21日午後から行方不明になっている。県警や消防など約70人態勢で半径約5キロの範囲を連日捜索。4日目となった24日はヘリコプターのほか、初めてドローンも飛ばして捜したが、丸3日たったこの日も見つからなかった。

 山梨県警大月署などによると、小倉さんは母親と姉、友人の家族ら約30人と21日から2泊3日でキャンプに来ていた。同日午後3時40分ごろ、自分たちのテントのそばでおやつを食べた後、先に沢沿いの遊び場に向かったほかの子どもたちを約10分遅れて1人で追いかけた。

 母親が遊び場の方向へ歩いている姿を見た後の目撃情報はないという。ほかの子どもは午後4時ごろ、テントに戻った。小倉さんとは合流しなかったといい、家族が同5時過ぎ、署に通報した。小倉さんは身長約125センチ、黒色の長袖Tシャツにジーンズ姿だった。

 小倉さんは家族で何度もキャンプをしているが、このキャンプ場は初めてだった。捜索する親戚の女性は「活発で運動神経が良く、我慢強い子。どこかで耐えていてほしい」と話した。

 村の要請を受け、山梨県は24日、自衛隊派遣を要請。25日早朝から隊員150人が捜索する。県警などは25日も午前6時から約75人態勢で捜索を続ける。

引用:朝日新聞

ヘリコプターやドローンで上空からも捜したほか、所有者の許可を得て近隣の空き家や別荘も確認している。
 県警によると、美咲さんは身長約125センチ。当時、黒の長袖シャツにジーパン、緑のスニーカー姿だった。県警は「事件と事故の両面から捜査、捜索を続ける」としている。

1週間になってもまだ見つからない為、誰かに連れ去られたのではという声もネットでは上がってきてます。

「とくダネ!」は子どもの行動特性に詳しい東京成徳大学の石﨑一記教授と現場を歩き、美咲ちゃんの行動を推測した。まず、母親が最後に美咲ちゃんを目撃したT字路の先にある沢周辺。橋の上から沢をのぞくと、かなり高く、水の流れは激しい。石﨑教授は「この音と距離は、恐怖を感じるような状況です」と話す。美咲ちゃんは沢に下りず、橋を素通りしただろう。

そのまま、山道を歩いていくと、石﨑教授は「山の中の道は坂があったり、曲がりくねっていたりするので、だんだん方向感覚が狂ってきます。そして、疲れてくると上がるのは大変なので、下に下りて行きたくなる」と指摘した。

2019年9月21日に山梨県で行方不明になってから、小倉美咲ちゃん(7)が行方不明になってしまいました。

キャンプ場でふと姿を消してしまった小倉美咲ちゃん。両親やボランティアなどを含めて、みな総勢で探しています。特に自衛隊は270人で総出で調査しているそうです。

ここまでくると、行方不明ではなく誘拐では?といった感じも見受けられるような気がします。

次章では、誘拐に関してピックアップさせていただきます!

スポンサーリンク

実は小倉美咲ちゃんは誘拐?

・7歳の子供の特性

「とくダネ!」の番組では7歳の行方不明に対し30人にアンケート調査をした。

キャンプ場で道に迷った時、どうする?」という質問には、

  • 「近隣住民に助けを求める」(11人)
  • 「家族の元へ帰ることを考える」(9人)と半数が動くことを選択した。
  • 残りは「その場で待つ」(9人)
  • 「その他(大声を出すなど)」(6人)だった。

「もし迷子になったまま日が暮れてしまったら?」

  • その場で助けを待つが12人、同じ12人の回答は「その他」だった。
  • 「その他」とは「明るい場所を探す」(5人)
  • 「人が住んでいそうなところを探す」(3人)
  • 「大きな道を探して山を下る」(1人)
  • 「月が見える場所に行く」(1人)
  • 「動く」ことを選んだ子供が10人いた。
  • 「草むらに隠れる」「大声で泣く」とその場にとどまることを選んだのは2人だ。

全体で見ると、日が暮れても「動く」割合は、女子が43%、男子が11%で、女の子の方が夜でも自分の判断で動き回ることが分かった。

司会の小倉智昭「これだけ大人たちが一生懸命探してもまったく見つからない。僕はね、誰かに連れ去られた可能性も考えています。警察は当然そういうことも考えているよね」

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「このキャンプ場はとてもよく整備されているから、何気なく山の中に入っていくとは思えないんです。入っていく理由が見当たらないのが心配です」

伊藤利尋キャスター「キャンプ慣れしていたとはいえ、7歳ですから、迷子になってパニックになってあらぬ方向に・・・ということも考えられます」

出典:https://www.j-cast.com/

実は山梨県道志村キャンプ場はかなり整備されていると噂がある為、迷うなんて考えられなく、ましてや他にも人がいたわけですので、今回行方不明説というよりかは、女の子であることを考慮すると、誘拐では?

といった声も上がっているそうです。

中国では、少年・少女を誘拐して、臓器売買や人身売買をするような誘拐された人は20万人もいるそうです。

日本では、誘拐という形でそのような形をとることはほとんどないとは思います。しかし、もしかすれば既に山梨県のキャンプ場ではなく、他県だったり海外にいたりするのでしょうか?

そう考えると恐ろしいと思ってしまいますが、現状特に手がかりはないそうです。

警察ももしかすれば誘拐ということで、調査をしているとのことです!

スポンサーリンク

ずっと歩き続けた可能性も?

小倉美咲ちゃんが行方不明になって6日目
山梨県・道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年生・小倉美咲ちゃん7歳が行方不明になって、9月26日で6日目…

9月25日に引き続き、きょうも午前6時から警察、消防、自衛隊など260人以上で捜索を行っている。周辺には別荘や空き家などが多数あり、美咲ちゃんが建物内に避難した可能性も想定して、捜索をしているが…持ち主が確認できない建物もあり、難航することもあるという。

「直撃LIVEグッディ!」では最新の捜索状況を中継で伝えた。

木下康太郎フィールドキャスター:
今朝も、朝6時から捜索活動が続けられています。行方不明となった現場は、私が今いるあたり。美咲ちゃんはキャンプ場からこの坂道をあがって、丁字路の左か右、どちらかの方向に進んでいったとみられています。

木下康太郎フィールドキャスター:
こちらは、きのうの捜索範囲です。きのう、自衛隊はここから東西およそ4km、さらに警察・消防は西におよそ3kmを捜索したそうです。きょうは、きのう捜索したところをもう一度捜索して、さらに西側の林道や斜面、空き家などを中心に捜索しているということです。

木下康太郎フィールドキャスター:
9月26日はドローンやヘリコプターが多く飛んでいるんですが、この山の中は高低差のある木々が生い茂っていて、上空からだとほとんど見えないそうです。ですので、ボランティアの方や自衛隊、警察・消防などは自分たちの足で地道に捜索活動を行っている状況です。

木下康太郎フィールドキャスター:
美咲ちゃんは一体どこにいるのか?山の危機管理に詳しい山岳ガイドの橋谷昇さんによりますと、周囲が暗くなるとこういった建物の方向に行く習性が子供にはあるそうなんです。

木下康太郎フィールドキャスター:
9月25日の発表によると、いま捜索しているエリアの中で、こういった建物が100軒ほどあるそうです。また、橋谷さんによるともう一つ、沢の下流の方に進んでいく習性が子供にはあるそうなんです。

木下康太郎フィールドキャスター:
捜索隊はこういった沢なども捜索していますが、地図に載っている沢と載っていない沢があるそうで、自分の足で行ってみて沢を見つけなくてはいけない、そういったところでも捜索は難航していると言える状況です。朝と夜、現場は15度くらいでとても寒いので、美咲ちゃんの体力がこの寒さにどれほど奪われているか、大変危惧されるところです。ただ橋谷さんによると、唯一の救いとしては建物が点在していることと、沢の水が衛生的に飲んでも問題ないということ。水を飲み、建物などに身を寄せて寒さをしのいでいるとすれば、10日から2週間ほどは7歳の子だと生き延びる可能性があるということです。大きな希望を持って、きょうも皆さんは捜索活動をしている状況です。

専門家と考える美咲ちゃんが取る行動
スタジオでは、子供の心理に詳しい東京未来大学の出口保行さんをお招きし、子供が取る行動について解説していただいた。

安藤優子:
子供は目の前にある道を進むもので、道なき道には進んでいかないんでしょうか?

出口保行氏:
子供はまっすぐ前進してしまう特性があり、(道なき道には)あまり行かないです。子供は視野が狭く目の前しか見えないところがあるので、目の前に道が開かれていればそこを突き進んでしまうのはごく当たり前のことです。

安藤優子:
「さっきお母さんのいたキャンプ場に戻ろう」とか「Uターンしよう」とは思わないものなんでしょうか?

出口保行氏:
山の中だけでなく遊園地なんかでも子供は迷子になりやすいですよね。親から数メートル離れてすぐ危ないと思って振り返ることができれば迷子にならないと思いますが、前に進んでいってしまう特性がある。辺りが暗くなってくるとか、本当に危機が迫ってくると戻ろうとするんですが、その時には道が分からない。戻ろうと思ってなおさら迷子になってしまうパターンが多いですね。

尾木直樹(教育評論家):
僕ら大人は150度くらいあるけど、子供の視野って90度くらいしかないんですよね。だから道路を横切る時も危ないんですよ。

立本信吾フィールドキャスター:
大人が考え得る範囲外の行動を、子供はする可能性があります。過去の事例から、子供の意外な行動を見てみましょう。

<子供の意外な行動①>
・2016年5月、北海道小2男児行方不明事件
・行方不明から7日目に、直線距離で約6km離れた陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で無事発見された
・発見された男児は1日で6km進んでいたが、捜索1日目は行方不明場所から半径2km、捜索2日目は半径3km内を捜索しており、演習場内は捜索対象外だった。偶然立ち寄った隊員が発見した
→今回、美咲ちゃんが行方不明になった場所から7km圏内には日常的に使われていない家も多数ある

<子供の意外な行動②>
・2018年8月、山口・周防大島町で2歳の男の子が行方不明になったが、行方不明から4日目に発見
・「子供は疲れるから坂は上らず下るだろう」と予測されていたが、実際には行方不明場所から約500m坂道をのぼった沢付近でスーパーボランティア尾畠さんによって発見された
・2歳の男の子は山の中の沢付近で座り込んでおり、水を飲んでいたとみられる

出典:https://www.fnn.jp/

このグッディの調査によると、7歳児は特に考えなく歩けば解決するという形で歩き続けることが思考回路的に考えられるそうです。

実は1週間後に北海道の遭難した7歳児の男の子が発見された事件では、約10㎞先にいたそうです。

やはり7歳児だと元気があり、方角といった概念もなさそうな気がします。また同時に、空き家や小屋などに1人でいる可能性も大いに考えられそうです。

1人で森の中で1週間迷っていると思うとかなり怖いですよね。7歳ということで、さすがに泣いたりわめいたりするとは思えないですが、無事にどこかで生きていることを願うしかない気がします。

また、現状として自衛隊の捜索が終了してしまい、正直探索も困難を極めているそうです。

やはりこれだけ探してもいないのでしたらキャンプ場にいないかもしれません。

山中で迷子になったら捜索で見つかるはずです。7歳の女児が10㎞以上も遠くに歩いていくはずはありません。連れ去られた可能性があります。

他にも水流に流されたのではという意見もありますが、水量はそれほど多くない、大人なら対岸へ渡るのが容易な場所が多い川だそうです。

22日の月曜日に雨が降り水量がやや増したものの、「流されたとは思えない」と捜索された方の意見も。もし流されても岩や浅瀬に引っかかるのではという意見もおられます。

こんな皆総出で探索をしているのにもかかわらず、母親のSNS(Instagram),いわゆるインスタがひどいと話題になっております!

どんな内容なのでしょうか?

スポンサーリンク

小倉美咲ちゃんプロフィール!顔画像!

名前:小倉美咲(おぐらみさき)

年齢:7歳

学校:小学校

在住:千葉県成田市

続柄:次女

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

なお現在はインスタグラムは削除されているとのことです。こちらは、千葉県成田市でトリミングサロン「BUDDy」を経営する母親の小倉とも子さんが、公開しているものとなっております。

自分の髪の毛を失った子供たちに贈る”ヘアドネーション”に参加するほど、かなりしっかりものだとか。

7歳でそのような会に参加するとは、かなりしっかりしていると感心します。またお母さまの自分の店を経営しており、凄い一家だなと驚いてしまいます。

どうか無事に発見できますように、特徴などを明記させておきますので、ご覧ください!

【特徴】

身長:125cm

服装:ジーパンに黒いロンT

髪型:ショートボブ

スポンサーリンク

母親のインスタで宣伝し批判殺到!

母親でありますが、捜索するにあたって自身のInstagramを更新していました。しかしながら、もし仮に自分の子供が突然いなくなってしまい、死んでいるか生きているかの瀬戸際だったら、インスタグラムを頻繁に更新していないはずです。

しかし、我が子の無事の祈りながらもお店の宣伝を兼ねて拡散していたとネット上では、物議を起こしております。

なんとハッシュタグに自分の店に関連することを発していたそうです。

それがこちら!

#トリミング

#トリミングサロンBUDDy

#トリミングサロン

#0476-85-6325

#成田市

これらはどうやら小倉美咲ちゃんの母親が経営するお店に関連する情報となっております。確かに今の時代にインスタグラムはかなりの宣伝効果が期待できるツールとなっております。

しかしながら、我が子がいない状況で、お店の売上を気にしている状況でしょうか?事業はまたやり直しがききますが、命はその人しかいません。

この投稿をみたユーザーからはかなりの批判コメントが寄せられました!

そして中には、白馬でボランティアにかけつけてくれた人の馬まで撮っている投稿まであったそうです。

出典:https://www.instagram.com/

実はこの人、特に観光で遊びに来た人ではなくれっきとしたボランティアの方なのです。たしかに白馬で登場はかなり珍しいとは思いますが、命を削ってきているボランティアの人がいると思うと、このようなどうかということでネット上では批判があったそうです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

また中には、自分と同じ境遇で子供がいて共感してくださってボランティアに参加していた人もいました。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

私としてもボランティアの人たちが命削って時間削って懸命に捜索しているわけです。その為一刻も早く見つかることを祈るばかりです。

涙が出そうになるといったコメントを残してくれた人のような方々で形成されたボランティアの活動は胸をうたれます。

この記事では特徴をもう一度申し上げておきますと、

【特徴】

身長:125cm

服装:ジーパンに黒いロンT

髪型:ショートボブ

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

この手がかりから、誘拐されたのであれば、道で同じような人物を見かけたり、キャンプ場にいたなどの情報がありましたら、是非こちらの方でもご報告お待ちしております。

捜索から10日目事件性を疑う声

捜索から10日目となった9月30日に、小倉美咲ちゃんの顔画像が公開されました。当初捜索としては、200人以上で行っていたそうですが、今では捜索は38人態勢でやっているそうです。

かなり人数が減ってしまったわけですが、背景にはそもそも事件性があるのではないかと疑いの声があるそうです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

同時に小倉美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが直筆メッセージや声明が報道されました。

「早く抱きしめてあげたい」

これを聞いたときにかなり共感したというか、親として自分の子供が急にいなくなる怖さや無念さそしてやるせなさを知りました。

本当に早く見つかって欲しい限りです。なぜこんなにも手がかりがないのでしょうか。

お母さまからの直筆インスタグラムもこちらに掲載させていただきます。

出典:https://www.instagram.com/

なぜ今さら公開?といった疑問もあるかと思いますがどうやら何度も相談して話し合った結論だったそうです。

当初事件性は薄いということで、捜索中心でしたが誘拐や事件に巻き込まれたとしたら、今道志村にいないような気はします。

少しでもよいので、心当たりある方がいらっしゃいましたらこちらに情報をお願いします。

大月署:0554-22-0110

スポンサーリンク

11日目:空白の20分とは?

【とも子さんが公開したメモ】
13時(9月21日)
グループでお昼に天ぷらそばを食べて、その後子どもたち12人でテントを張ったサイト横の南の森で遊ぶ

15時35分
先におやつのチョコバナナを食べ終えた子ども9人が遊びに行く

15時40分
美咲ちゃんが後を追いかけるように遊びに行く

――母親によるメモには、美咲ちゃんが行方不明になるまでの様子が時系列で記されていた。
そして…

【とも子さんが公開したメモ】
15時50分
子どもたちを迎えに大人が迎えに行く

16時
美咲ちゃんがいないので、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める

キャンプ初日、小倉さん一家は正午過ぎにキャンプ場に到着。美咲ちゃんの父親は仕事の関係で翌日に合流する予定で、初日はとも子さん、美咲ちゃん、姉の3人で訪れていたという。

その後、美咲ちゃんの姿が見えなくなったことから午後5時に警察に連絡。
父親にもこのことが伝えられ、警察や他の大人たちが捜索したが….

【とも子さんが公開したメモ】
20時
警察、消防、当日の捜索終了

深夜1時30分(ここから9月22日)
仕事を切り上げて移動してきた父到着。到着後、父、母、友人とで周辺を捜索

深夜3時
捜索を終了

 
 

最後の目撃から20分…美咲ちゃんはどこへ?

この不安な夜のことを、とも子さんはこう話した。

小倉美咲ちゃんの母・とも子さん:
夜中、娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い、同じ服装でずっと外にいましたが、暗くて寒くて不安ですごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした。そんな思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです

今回のメモで改めて浮かび上がったのは、美咲ちゃんがごく短時間のうちに姿を消してしまったこと
午後3時40分ごろに美咲ちゃんが子どもたちの後を追いかけ遊びに行き、10分後の午後3時50分には大人たちが迎えに行った。さらにその10分後の午後4時ごろには、美咲ちゃんがいないことに気付いて、付近の捜索を始めている。

美咲ちゃんの姿が最後に確認されてから、わずか20分足らずの間に行方が分からなくなっていることになる。

下流のダム捜索も…手がかりは得られず

山梨県警は10月1日朝、美咲ちゃんが行方不明となったキャンプ場近くを流れる川の下流にある、神奈川・道志ダムの捜索を開始。キャンプ場から約13km離れたダムを調べたが、有力な手がかりは得られないまま、捜索は終了した。

キャンプ場周辺の地区では、「クマが出没した」との防災無線が流れ、ボランティアが遭遇したとの情報もあるという。

出典:https://www.fnn.jp/

元々このキャンプ場での集まりは、SNSで知り合った家族たちの集まりだったそうです。

つまりみんな初対面同士の子供や大人達の集まりだったそうです。

このように今回オフ会といわれるものはSNSで子育てサークル」として集った人達の集まりだったそうです。

SNS上のコメントもかなり怪しいといった感じで、子供を放置して、子育てサークルはどうなのか?といった発言も多く寄せられておりました。

まさかそのオフ会といわれる中に、事件を起こす人がいるとは思いたくはないですが、昔ながらの友人の集まりや家族間交流だったら納得できるのですが、まさか初対面同士である為、信頼できるかといったら不明であります。

しかし調査によると、この初対面の家族らは必死になって探していてくれたそうです。

またこの空白の20分間で気になるのが

15:40~美咲ちゃんが後を追うように森の中に遊びに行く

ここからいなくなってしまったということです。

しかし大人たちが迎えに行ったのは15:50ですので、実質15分間か10分くらいでいなくなってしまった事が言えそうです。

そこまで短時間でキャンプ場でいなくなってしまうのでしょうか?かなり不思議な感じもします。

その為森に遭難したよりかは、やはり事件性を疑う声が10日目と同じく多く寄せられております。県境では誘拐や事件が多く発生するといわれております。

事故か事件がいずれかは不明となっておりますが、11日目はダムを中心に捜索していたそうです。

そのダムもキャンプ場から約13㎞も離れた場所にあるとのことです。

7歳児が10㎞以上離れた地点まで歩いて発見されたこともある為、広い範囲での捜索は必須なのかもしれません。

しかし今のところ何の手がかりもなく11日目を終えました。

ボランティア現場の声

  • キャンプ場周辺にはいないだろう
  • 拉致・誘拐の可能性がある
  • 事件性があるとしか思えない

かなり遠くの山まで捜査しても見つからないボランティアは首をかしげるばかり。

みんなの声

地下に落ちたって事ないですかね。
落とし穴みたい的な。
側溝とか、洞窟の穴とか
詳しく地理は分かりませんが。

昨夜 現場に行き 車で林道を 1時間ほど探してみましたが暗過ぎ。夜間捜索しないのは 分かるけど せめて投光器などを四方八方に向けて 朝まで 点けといた方が良いと思う。まだ 諦めるのは 早い。

捜査員の数が少なすぎる最低でも1000人単位必要でしょ
山だぜ?自然だぜ?少なすぎでしょ

一日でも早く見つかりますように。水があれば1ヵ月は生存できると言われています。小学生の体力ならまだ生存の可能性はあります。どうか生きて見つかりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆゆたぽ より:

    本当に心配(´д`|||)
    一体どういうことなのだろう…
    こういう場合によく使われるけれど、忽然と消えてしまったという表現がまさにふさわしいのかもしれない
    早くみつかるといいなとおもいつつ、
    手がかりがないに等しいから妙に不安でもある、正直なところ

  2. joker より:

    母親は気を紛らわせるためにインスタしてるのかな?
    群馬県女児失踪事件は、保険金目当ての家族による犯行だったけど…
    そうでないことを祈る。

  3. りんかあん より:

    冬眠前の熊に連れ去られたって事はないのですかね?とにかく無事に見つかって欲しいです。

  4. のん より:

    東野みこさんのフラッシュバック書いた絵に近い映像は私にも見えました。
    ですが今は、動物が運んでしまい水辺にはいません…
    6キロ〜8キロほど離れた斜面の途中にいます。
    死亡した原因は溺れた事による溺死です。
    私は広島に住んでいて捜索にいけないのでこのコメントが捜索者様に届けば良いなっと思いコメントさせて頂きました。
    誰か早く見つけてあげて下さい。
    美咲ちゃんが泣きながら「早く帰らないとお母さんに怒られる」と言っています。

  5. ゆづ より:

    やはり連れ去られた可能性が高い気がします。とにかく無事でいてほしい。

  6. そいる より:

    なんで警察犬つかわんの???
    あと母親ちょい怪しいな

  7. 名無し より:

    店の事載せてるのは、警察に連絡が行くよりも情報が集まるのが早いと思って載せてるんじゃないかなぁ

  8. 噂話 より:

    噂話。
    ボランティア活動をしていた方が見ていた事。

    何故警察犬を投入しても見つからないのか?
    何頭もの警察犬が同じ場所で動かなくなるらしい。又険しい崖や雑木林の中には入っては行かないらしい。
    警察犬ってそんなに使えないのか?
    何故警察は早々に見切りを付けて撤退したのか?
    この様な状況を考えてみると誘拐の可能性が高いのではないかと思う