岡田直弓(スウィートパワー)女社長の顔や経歴!旦那(夫)と子供がいてビアン?

文春が芸能事務所スウィートパワー女性社長、岡田直弓(おかだなおみ)

のセクハラ疑惑を報道しました。

スウィートパワーといえば、堀北真希さんをはじめ、

黒木メイサさん・桐谷美玲さんらを排出した大手の芸能事務所です。

その女社長が、女優さんに手を出していたなんて本当でしょうか。

岡田直弓について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

 報道内容

 

岡田直美 顔

堀北真希や黒木メイサ、桐谷美玲らを輩出した大手芸能事務所「スウィートパワー」。同社の岡田直弓社長(53)が所属女優にセクハラ行為を続けていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 1996年にスウィートパワーを設立した岡田氏。男性俳優部門を立ち上げるまで、芸能界を引退した堀北を筆頭に所属タレントの全員が女性だった。

「スウィートパワーの特色は岡田氏のスカウト力。社員を地方に住みこませ、美少女を探し出すのです。長年マネジメント業界を渡り歩いてきた岡田氏の“審美眼”は天才的で、これまで彼女が見初めた女優はほとんど売れています」(スポーツ紙記者)

被害者の鈴木友花さん(仮名)も、事務所のスカウトによって芸能界入り。女優として活動している。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

大手芸能事務所の女社長、岡田直弓(おかだ なおみ)が所属している女優にたいし

セクハラ行為を行っていたことが報道されました。

岡田直弓の自宅に、鈴木さんを呼び寄せ、ダブルベッドでセクハラ行為をしたそうです。

被害者の一人、鈴木友花さん(仮名)が友人にこのように漏らしていました。

「岡田さんの部屋にダブルベッドがあって、1年半くらい一緒に寝ていました。ベッドの中で、手を繋がれたり、すごく嫌だった」

1年半もよく耐えたと思います。

社長と従業員という関係、そして社長に逆らえば芸能人としてやっていけないかも・・・

そんな思いもあったのではないでしょうか。

 

そして、鈴木さんはこのように話していました。

 

 ――お答えしにくいと思いますが……社長からセクハラを受けていませんか?

「……今はお答えできないです」 

社長のセクハラを証言するということは、

自分が芸能界としての道を絶たれる可能性もあったと思います。

とても勇気のいる行動だったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 岡田直弓の経歴

引用:https://news.yahoo.co.jp/

岡田直弓さんについて調査したところ、あまり多くの情報が公開されていませんでした。

現段階で分かっている経歴をまとめました。

 

1992年:フォスターでマネージャー

岡田直弓は、大手芸能事務所「フォスター」でマネージャーをしていました。

1992年には女優の瀬戸朝香さんをスカウトしてデビューさせます。

1996年:11月スウィートパワーを設立

フォスターでマネージャー業を勤めてかわわずか4年で、

岡田直弓は「スウィートパワー」を設立しました。

「スウィートパワーの特色は岡田氏のスカウト力。社員を地方に住みこませ、美少女を探し出すのです。長年マネジメント業界を渡り歩いてきた岡田氏の“審美眼”は天才的で、これまで彼女が見初めた女優はほとんど売れています」(スポーツ紙記者)

引用:https://news.yahoo.co.jp/

岡田直弓のスカウト力はすごかったようですね。

瀬戸朝香さんをスカウトした時も、自宅に電話をし猛アタックをしたそうです。

 

スポンサーリンク

 

 岡田直弓の旦那(夫)や子供は?

 

岡田直弓 顔

引用:https://news.yahoo.co.jp/

岡田直弓の結婚について調査しました。

しかし、結婚しているという情報がなく、独身の可能性が高いです。

岡田氏は、都内の高級住宅街の3階建ての豪邸に住んでいます。

自宅は事務所の寮になっており、1階にはマネージャー、

2階には家政婦、3階には女優が暮らしていたと言います。

 

岡田氏は

「男も女も興味がない」

このように話していることからも、

恋愛の対象が男性なのか、女性なのかが分からないですね。

かなりキャリアのある女性ですから、今まで仕事一筋だったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 岡田直弓はビアン?

今回の報道内容からすると、岡田氏は女性に興味があるのでしょう。

しかも、女優さんとなればキレイな方ばかり。

女性からみても魅力的な存在であることは間違いありません。

セクハラ問題に詳しい板倉由実弁護士が指摘する。

上下関係・優越関係を利用したセクハラは不法行為、安全配慮義務違反に当たり、損害賠償請求の対象になり得ます。

被害者が未成年のため『無知・未経験』が賠償責任を加重する要素にもなり得る。

本件では単に社長と所属タレントという関係を超えて社長の自宅で生活し、生活全般を管理・指導されていることから『監護者わいせつ罪』に該当する可能性もあります。

芸能界において圧倒的な影響力のある社長に、声を上げれば自分の夢や人生を棒に振る可能性もある。

こうした『関係性の暴力』を問題視しようとする社会的要請が高まる中、『抵抗しよう思えばいつでも抵抗できる、声を上げられるはず』という考え方は性被害の実態に反します」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

今回の報道が真実なら、社長としての立場を利用した悪質な行為です。

 ネットの反応

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)