岡田俊雄(古賀市)の顔やFacebook「口だけは達者なおじいちゃん」家族(妻・子供)や自宅は?福岡

福岡県古賀市天神3丁目の横断歩道で車と人の衝突事故が起きました。

この事故で運転手の岡田俊雄容疑者(91)が逮捕されています。

容疑者について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

1月4日、福岡県古賀市天神3丁目の交差点の

横断歩道を渡っていた女性が

車に轢かれる事故がありました。

 

この事故でひかれた女性は

意識不明の重体、

運転手の岡田俊雄容疑者(91)は

逮捕されました。

 

91歳と高齢者の事故…

最近ですと福島で起きた97歳が

起こした事故が記憶に新しいですね。

 

90歳を超えて運転が許されるのはどうかと思います。

早く国に対策をしてほしいですね。

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

岡田俊雄のプロフィール!顔画像

 

 

  • 名前:岡田俊雄
  • 年齢:91歳
  • 住所:福岡県古賀市天神3丁目近く
  • 職業:不明
  • 容疑:過失運転傷害の疑い

 

容疑者の顔画像は公開されていません。

顔が分かり次第、こちらにも記載いたします。

 

「ドンという音で気づきブレーキをかけたつもりだった。

被害者に申し訳ない。

免許証を早く返しておけばよかった」

と話しているようですが、

事故を起こしておいて何をいまさら…

といった感じですね。

 

運転するにも91歳では

体が思うように動かなかったことでしょう。

 

被害者の女性がお気の毒です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

岡田俊雄のFacebook

 

 

 

 

容疑者のFacebookを調査してみました。

 

しかし、同姓同名のアカウントは見つかるものの

基本情報が入力されたアカウントはなく、

個人を特定できるようなものではありませんでした。

 

91歳ですし、Facebookの利用の可能性は低いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

岡田俊雄の自宅は?

 

福岡県古賀市天神3丁目の交差点で事故は起きました。

 

容疑者の自宅はこの周辺に

あることがわかっています。

 

詳しい場所についてはわかっていません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

岡田斗司夫の家族(妻・子供・孫)は?

 

 

容疑者に家族はいたのでしょうか?

 

年齢的に考えれば

妻だけでなく、子供や孫までいても

おかしくないですよね。

 

もしご家族がいたのなら

91歳にもなって運転するなんて

ちょっと考えにくいと思います。

 

もしかしたら子供は遠方に住んでいるとか

身寄りのない老人だったのかもしれませんね。

 

家族についてなにかわかりましたら

こちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

後悔先に立たず・・・ 人身事故を起こしてから後悔しても遅いです。 高齢ドライバーによる事故がこれだけ報道されていても、『俺は大丈夫!、俺には関係ない!』と思って運転している高齢ドライバー、まだまだ多い証拠でしょうね。 逆に言えば『加齢により事故を起こすかもしれない・・・』と思った高齢の方は、既に運転免許証を自主返納しているのだと思います。 最近では高齢者が事故の加害者になる度、運転免許証の年齢制限(定年制)が話題になりますが、やはり体力や判断力が落ちた高齢者に今まで通りの運転操作、咄嗟の判断が無いのであれば、一律定年制を導入すべきかと思います。 それでも運転を続けたい高齢者の方には免許失効後、自動車教習所で一から運転免許証の再取得を認めるようにしては? 操作や判断力、記憶力に問題が無ければ再取得も容易でしょう。 正直、法的な縛りが無い限り、高齢ドライバーによる事故は無くならないと思います。

 

免許の定年制が必要って主張すると地域の老人の日常生活に支障があって暮せなくなると論ずる人がいるのは承知してるし、そういう問題もあるとも認識しているけども、やはり「運転免許は運転する能力があるから交付される」のが大前提だと思う。 これまでにも年齢や適性検査で免許更新ができなくなっても、返納が通常になるのであればそれに代わるサービスもビジネスチャンスでもあり展開され始めるのではと提言してきましたが、なかなか受け入れてもらえない御意見らしいです。 実際に茨木の境町では自動運転による無人バスの巡回が公道投入され成果を上げ始めていますよね。 警察も公安も自分たちが温情と思っている老人への免許能力への黙認がこうした「免許のない暮らし」の実働化の障害になっている事や、対策を進めないことで新たな悲劇を作り出している事を考える事を強く期待します。

 

60年間生活の一部として車を使ってきた義理の父が、この年始に車を手離す決意をされました。 車は君にあげるから、好みに合わなければ売るなり何なりと好きにしてくれていいと言ってくれましたが、義父の重い決断に敬意を表して、いただいた車は当面乗り継ぐと即答しました。 義父の引退のきっかけは、追突「された」ことだったようで、自分が加害者にならないうちにということでした。 これまではご自身でお出かけされていたので差し出がましいことはしませんでしたが、これからは運転手を買って出ようと思っています。 車の引退=人生の引退ではなく、新しい展開です。 人それぞれ環境が違うので、必ずしも皆が出来るわけではないとは思いますが、とにかく高齢者は運転やめろ!ではなくて、出来るところは周りが引退をしやすい人間関係を作っておくことが大事だと思います。

 

いつまでこの悲劇を繰り返すのか。 免許は定年制、どうしても必要なら厳しい試験を課さないとダメだと思う。 そして、必ず1年更新。高齢者の衰えるスピードは尋常じゃない。 去年は良くても、来年はどうなるかわからないのが現実。 生活が成り立たないという人もいるが、今の時代、高齢者の宅配サービスや見守りサービスなどおもっている以上に使えるネットワークが多い。 定年制にして、そういう案内を増やすべき。 今と同じ生活はできなくても、生活が成り立たなくなるということは決してない。 そして、安直な判断での運転で失うものが大きすぎること、理解してほしい。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)