岡本脩三(タクシー運転手)顔!facebook!80歳!また高齢者事故?踏み間違え?現場は大阪平野区!

8月25日未明、大阪市平野区の路上でバイクと接触したのに走り去ったとして、岡本脩三容疑者を逮捕しました!

今回は岡本容疑者について調査しました!

80歳!また高齢者運転?

現場は大阪平野区のどこ?

スポンサーリンク

事件概要!また高齢者?

 8月25日未明、大阪市平野区の路上でタクシーとバイクが接触しバイクに乗っていた男性がけがをしたにもかからわず、そのまま走り去ったとして80歳のタクシー運転手の男が逮捕されました。

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、大阪市西成区の個人タクシー運転手・岡本脩三容疑者(80)です。警察によりますと、岡本容疑者は25日午前0時半ごろに大阪市平野区の府道を走行中、左車線を走っていたバイクと接触し、バイクを運転していた東大阪市の森口智弘さん(51)がけがをしたにもかかわらず、そのまま走り去った疑いです。森口さんは骨を折る重傷です。

 岡本容疑者は「後ろでバイクが転倒したが、当たった覚えはありません」と容疑を否認しているということです。

出典:https://www.mbs.jp/

8月25日未明に、大阪市平野区の路上でタクシーとバイクが接触して、バイクに乗っていた男性を放置して走り去ったとして岡本修三(おかもとしゅうぞう)容疑者を逮捕しました!

なんとタクシー運転手だった岡本容疑者は、80歳だったそうです!

でも接触したことくらいお年寄りの年齢でもわかると思うのですが、岡本容疑者は当たった覚えがないと供述しているそうです。

しかし岡本容疑者は、このバイクが転倒しているところを目撃しているそうです。

つまり事故現場を見ておきながら逃げたということには変わりはないと思うのですが、岡本容疑者が80歳ということで、ブレーキやアクセルの踏み間違いをしたのでしょうか?

次章では、高齢による認知不足だったのか、それとも事故だと分かっていたのか考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

アクセルブレーキ踏み間違え?

タクシーの後ろでバイクが転倒をするのを見ていたのに、放置した岡本脩三容疑者は以下のように供述しているそうです。

「後ろでバイクが転倒したが、当たった覚えはありません」

どうやらブレーキやアクセルの踏み間違いではなく、普通に運転していた際に接触してしまったそうですね。

80歳という年齢でタクシー運転手というのもかなり驚きではありますが、実はタクシードライバーは高齢化が進んでいるそうです。

今年1月、警察庁が「75歳を超えるドライバーの死亡事故率は2倍」と発表し、全国で高齢者向けの免許自主返納キャンペーンに拍車がかかっている。では、人命を預かるプロのドライバーの場合はどうなのか。

 警察庁がまとめたタクシー(ハイヤー含む)運転手の年齢別事故件数推移をみると、全体の事故件数が年々減少している一方で、70歳以上の運転者による事故件数は1298から2402になり、事故率(16.3%)は10年前(5.4%)の約3倍だ。タクシーの高齢ドライバーの割合が増え、その分、件数、事故率とも上昇したと考えられる。

一体、75歳以上のタクシー運転手は何人いるのだろうか。本誌は全国の主要なタクシー会社と組合にアンケート調査を行なった。

 まず「大・日本・帝・国」と呼ばれる東京の大手4社。大和自動車交通は70〜75歳が85人。乗務員の定年は60歳から67歳まで延長が可能で、さらに特別勤務という形で75歳まで乗務できる仕組みだという。

出典:https://news.biglobe.ne.jp/

今回高齢者によるアクセル・ブレーキの踏み間違えではなさそうですが、一体このような事故が起きてしまった以上

また高齢者の事故?

とニュースをご覧になった人たちが考えても仕方ありません。

今後本当にタクシードライバーによる踏み間違え等の高齢化による事故が起きなければ良いのですがと考えるばかりです。

次章では、現場地区について特定しました。

スポンサーリンク

現場は大阪平野区!

現場地区は

大阪府平野区の府道

だそうです。

正直googlemap上では場所の詳細な特定ができませんでしたので、こちらで現場画像について掲載させていただきます。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

こちらが事故が起きた現場画像となっております。

かなり車の通りが激しい為、事故が確かに起きやすそうではありますよね。関西は特に、関東より見切り運転をする人が多いそうなので、事故も止まないそうです。

今回事故に遭われた方の体調が良くなることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

岡本脩三のプロフィール!

名前:岡本脩三(おかもとしゅうぞう)

年齢:80歳

職業:タクシー運転手

出身:不明

在住:大阪西成区

罪名:ひき逃げ

岡本修三容疑者は、個人タクシーだったそうです。もしかすれば、任意保険等入っておらず、責任から逃れたかったのかもしれません。

当たってはないという供述が本当であればよいのですが、真相は謎のままです。

スポンサーリンク

顔画像!

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

スポンサーリンク

facebook!

【facebook】【検索結果】

こちらの方で容疑者のfacebook

特定をさせていただきました。しかしながら

完全な特定には至ることができませんでした。

しかし、facebookの検索結果で

該当しそうな人物は複数見当たりましたので、

リンクとして掲載させていただきます。

facebook検索結果:岡本脩三

スポンサーリンク

みんなの反応

高齢者は免許を返納すべきってとこまではいいたくないですが、人の命を預かることになる二種免許には何らかの制限が欲しいと思います。
このタクシードライバーみたいに接触しても、それを認識できない(?)のはよくないです。

業務中の事故では、企業側に損害の賠償責任がある。
しかし、道交法で言う所の処罰は本人が、だと思うんですけど・。
逃げる必要なんか無いって事ですよ。

タクシー会社では、そんな教育なんて、してないんでしょうね。
運転の適性だけ見て、はい合格。 行ってらっしゃーいみたいな。

「後ろでバイクが転倒したが、当たった覚えはありません」

タクシーに痕跡があったりしてね。
逮捕するってことはあるんだろうなぁ。

ぶっちゃけ、仮に接触してないとして、
タクシーの動きにバイクが驚いて転倒しただけだとしても
タクシーの過失になる。
そしてそのまま逃走した場合は「ひき逃げ」。

飯塚の件から高齢ドライバーによる事故って社会問題になったよね。
なのにこのタクシー会社は是正しなかったのか?
それも問題だろ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする