阪急岡本駅で踏切事故!車が進入してきた原因は?現在の運行状況や運転再開はいつになる?


15日夜、神戸市にある阪急電鉄の踏切で、乗用車と列車が衝突する事故が起きました。

運転士によると、

「踏切が閉まっているところに車が10キロから20キロくらいの速度で進入してきた」

ということです。

一体何があったのでしょうか?

詳しくみていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

15日夜、神戸市にある阪急電鉄の踏切で、乗用車と列車が衝突する事故があり、車の運転手の男性と乗客の女性がけがをして病院に搬送されました。

事故直後の阪急岡本駅で撮影された写真では、前方が大破した車が駅の線路上で停止しています。現場は、神戸市東灘区にある阪急電鉄岡本駅の東側の踏切で、15日午後9時すぎ、下り線の列車が踏切内に侵入した車と衝突。車は列車に押し出され駅の構内に入って停止しました。

この事故で、車を運転していた50代の男性が、左足をケガをしたほか、列車に乗っていた60代の女性が首の痛みや気分不良を訴え、2人とも病院に搬送されました。

列車の運転士によりますと、「踏切が閉まっているところに車が10キロから20キロくらいの速度で進入してきた」ということで、警察などが、事故の詳しい原因を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

15日午後9時20分ごろ、神戸市東灘区の阪急神戸線踏切内で、

大阪梅田発新開地行き下り特急電車が乗用車と衝突する事故が起きました。

 

乗用車はその後、近くの岡本駅構内に押し出され、ホーム沿いの線路上で停車しました。

乗用車を運転していた50代男性が左足から出血し病院に搬送されましたが意識はあるということです。

また、衝突した電車の乗客で60代女性と、上り電車に乗車してた30代女性も体調不良を訴えているそうです。

画像を見る限り、かなりの衝撃だったと思いますが、

死者が出なかったことが不幸中の幸いです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 乗用車が踏切に侵入した原因は?

自動車を運転していたのは、50代の男性1人です。

左足にけがして病院に搬送されました。

踏切が閉まっているところに侵入した原因については、現時点で発表されていません。

ブレーキに問題があったのか、もしくは何か体調不良を起こしていたのか…

 

原因が分かり次第、更新いたしますのでお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 運行状況は?

引用:阪急電鉄

芦屋川駅~岡本駅間は運行を見合わせている状態です。

現在、自動車の撤去作業を行っていますが、本日中の運転再開の目途は立っていないようです。

引用:阪急電鉄

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 ネットの声

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)