岡庭由征の顔!facebookとツイッター!三郷市の自宅に両親と同居!家庭環境が最悪!茨城境町

岡庭由征 顔

2019年9月、茨城県境町の住宅で、林光則さんと妻の美和さんが殺害された事件で、

 

岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者が逮捕されました。

ネット上では「迷宮入り」とも言われた事件ですが、ようやく逮捕です。

 

岡庭由征についてみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道概要

 

 

 

おととし9月、茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され長男と次女も重軽傷を負った事件で、警察は、埼玉県の26歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

捜査本部が置かれている茨城県の境警察署前から報告です。  

逮捕された男は、境警察署で取り調べを受けているものとみられます。

7日午後、殺人の疑いで逮捕されたのは、埼玉県三郷市に住む無職・岡庭由征容疑者(26)です。

岡庭容疑者はおととし9月23日の未明、茨城県境町の住宅に侵入し、この家に住む小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)を刃物で刺して殺害した疑いが持たれています。

この事件では、同居している長男と次女も重軽傷を負っていました。  

岡庭容疑者は、警察手帳を偽造した容疑などで、去年11月と今年2月に2度逮捕され、その後、起訴されていました。  

警察は、一連の捜査の中で、一家4人殺傷事件についても容疑が固まったとして逮捕に踏み切りました。記者会見を行い正式に発表する見通しです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

2019年9月に、茨城県境町の住宅で、

会社員だったの小林光則さん(当時48)と、妻の美和さん(当時50)が殺害され、

長男と次女が重軽傷を負った事件。

夫婦は就寝中に襲われ、上半身を刃物でメッタ刺しにされていました。

事件後、「犯人は外国人」「犯人は長女」といった情報が出回っていました。

ポツンと建つ一軒家に起きた凶悪な事件の犯人捜しに難航していたことが伺えます。

しかし、ようやく逮捕までこぎつけたようですね。

岡庭由征容疑者についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


岡庭由征のプロフィール

 

名前:岡庭由征(おかにわ よしゆき)

年齢:26歳

職業:無職

住所:埼玉県三郷市

 

2020年11月:男の自宅からは45キロの硫黄が見つかり

「三郷市火災予防条例違反」で逮捕。

その後、消防法違反罪で起訴され、2カ月間、起訴後勾留。

 

2021年2月10日:警察手帳を偽造した「公記号偽造罪」で再逮捕。

この時にはすでにメディアの間では

「2019年9月に茨城県境町で発生した一家4人殺傷事件について、何らかの事情を知っている」

という情報が流れていたようです。

 

小林さん夫婦殺害後、別件で逮捕されていた間にも目星がつけられていたのかもしれません。

 

 

岡庭容疑者の生い立ちについては、こちら。


 

スポンサーリンク

 

 


岡庭由征の顔画像

岡庭由征 顔

 

こちらが逮捕された、岡庭由征容疑者です。

どこにでもいる普通の20代の男性です。

 

こちらは今年2月に逮捕された時のニュース画像です。

カメラを見る目が笑っているようにも見えます。

逮捕されているにも関わらず、余裕の表情をしていますね。

まったく悪びれた様子も見受けられません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


岡庭由征のfacebook特定

 

岡庭由征のfacebookを調査しました。

しかし、同姓同名のアカウントの利用は確認できませんでした。

引き続き調査を進め、分かり次第更新致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

岡庭由征のtwitter特定

 

岡庭由征のtwitterを調査しましたが、こちらの利用もありませんでした。

 

20代であれば、誰しも使っているツールのひとつですが、

 

岡庭由征はSNSを利用していなかったのでしょうか。

 

ツイッターは本名で使っていない可能性も考えられますので、

 

こちらも調査を進めたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

小林光則さん夫婦との関係は?

 

小林光則さんと妻の美和さんとはどのような関係だったのでしょうか?

小林さんの自宅は事件当時、1階・2階ともに無施錠でした。

夫婦は2階で就寝中に襲われ、現場近くには犯人が使用したと思われる血痕がついたスリッパが捨てられていました。

室内は物色した形跡がないことからも、夫婦を殺害する目的で侵入してきたことが分かります。

さらに、小林さん一家は約10年前、埼玉県内から美和さんの実家住所である、

境町に引っ越してきたそうです。

岡庭由征容疑者は埼玉県です。

小林さん一家が引越して来る前に接触があった人間なのでしょうか。

しかし、引っ越してきたのが事件が起きる10年前。

事件が起きたのは今から1年8ヵ月も前ですから、岡庭容疑者は14歳前後の中学生です。

小林さん夫婦と面識があり、当時から恨みを持っていた?というのは

ちょっと考えにくいですね。

犯行動機や、小林さん夫妻との接点など、今後明らかになっていくと思います。

新たな報道を待ちたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

三郷市の自宅に両親と同居

 

 

岡庭容疑者の住所は

 

埼玉県三郷市鷹野4丁目と報じられました。

 

 

 

自宅の詳しい住所は公開されていません。

 

岡庭容疑者は無職で、この家で両親と同居していました。

一体どのような家庭環境で育ったのでしょうか。

 

過去に凶悪な犯罪を犯した犯人は、意外にも裕福で恵まれた

家庭環境だったという人が少なくありません。

しかし、両親に厳しく育てられ押しつけられるような教育が、

人格を壊していき、事件を起こしてしまった犯人もいます。

岡庭容疑者の家庭環境については、今後明らかになってくると思いますが、

ごく普通の環境ではないと感じます。

両親や家庭環境について情報を調査し、分かり次第追記致します。

 

【追記】

岡庭容疑者の過去について情報が出てきました。

 

「小学生の時の岡庭容疑者は、友人も少なく学校ではあまり目立たない存在だったといいます。

ただ、その頃から虫を殺し、犬や猫を虐待することで“自分の強さ”を実感していたようです。

動物の虐待は成長するにつれて次第にエスカレートし、高校時代には猫2匹を殺した上に、さらに切断した猫の首を、ナイフと共に学校に持ちこみ、学内で問題になりました。  

また、検察側の冒頭陳述では『映画などで女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ており、女の子を殺せば、より大きな性的興奮や満足感を得られると考え、少女たちを尾行し犯行に及んだ』と指摘されています。

犯行の際には、少女を殺害し、首を切断して持ち帰ることも考え、金属製のワイヤーを隠し持っていたことも明らかになりました」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

犬や猫を殺害し、自分の強さを実感していた・・・

 

読んでいるだけでも気分が悪くなってしまうような内容です。

 

犯行当時、押収された岡庭容疑者のパソコンには女児の首が傷つけられた場面の映像ファイルや、猫を茹でる虐待動画の閲覧履歴があったという。

「裁判中、『拘置所で女性のグラビアとかそういうのを見ますか』という質問をされたときには、『見ます。その女性の首を絞めて苦しんでいるところを想像します』と平然と言う少年だった。

どんな教育を受けて育ったのかと耳を疑いました。

3月21日、さいたま家裁は、逮捕後の精神鑑定で、社会性の発達やコミュニケーションが困難な「広汎性発達障害」とされた点に注目し、刑事罰を与えるのではなく、医療少年院送致で更生を促す判断を下した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

広汎性発達障害とは、発達障害のひとつです。

あまり視線を合わせず、他の子供に興味を持つことが少ないようです。

コミュニケーションを取るのが苦手であり、質疑応答が苦手という特徴があります。

岡庭容疑者が、この広汎性発達障害であったのかは分かりませんが、

障害のせいにして、罪を軽減するようなことだけはあってはならないと思います。

 

岡庭容疑者は三郷市市議会委員の甥だという情報があり、こちらでまとめてあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

>岡庭容疑者は、警察手帳を偽造した容疑などで、去年11月と今年2月に2度逮捕され、その後、起訴されていました。

これってこの2件の事件が無かったら
一家4人殺傷事件にまでたどり着けなかったのかな?
勿論これで事件が解決するなら本当に良いことだけど。
スーパーナンペイの事件も、
世田谷一家殺人事件も、
結構証拠が残っていたというのにお蔵入り。
警察の能力云々ではなくて、
防犯から事件解決まで既存の考え方だけでなく、
今一度知恵を絞ってみてもいい。

 

流石にね、警察手帳を偽造するような人間はデータベースに要注意人物として登録され、それなりに監視がなされている訳です。でも、凶悪殺人事件を起こさせてしまった。推定無罪と市民の自由が保障されている日本、自分の身は自分で守る意識を高めていかないとダメな時代かも知れません。ウチだって深夜にドアノブ回す音がする事が年に2回ほどあります。警察も巡回ルートにしてくれていて夜回りしてますが、毎日ではありませんし時間も合致する訳が無いのでね。

 

理解出来ない事件が多い。
動機についても他人には理解出来ないでしょう。
ただ判っているのは、犯罪の種類によっては必ずまた起こすという事。
動機の解明よりも、再犯データの有効活用の方が大事なのではないかと思うんだよなぁ。

 

どのような経緯でこのような犯行に及んだか気になります。

とりあえず迷宮入りしなくてよかったです。

茨城県警も関わった人達もさすがです。

 

殺人願望があるような人間は罪なんて償えないんだろうから、死刑にならなかったとしてもせめて一生シャバには出さないで欲しい。

 

人は見かけで判断しちゃダメなのはわかってるんだが
危険人物な顔してるよね。

 

10年前の事件といい典型的なサイコキラーと思われます。恐らく家族も毎日何を仕出かすかハラハラしてたのではないでしょうか。

 

この者の親と家庭環境が気になる

 

人を殺してどうして生きて行けるのか?
16歳で殺人願望の「しょうねん少年」を野放しにしてはいけなかった。
無職でどうやって 生活してたのか?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)