置田和也さん死亡!Facebookやプロフィールなど!奈良県西名阪自動車道

 

1月6日午前0時40分頃

奈良県大和郡山市の西名阪自動車道にて

乗用車と軽自動車が正面衝突する事故が発生しました!

 

それにより、軽自動車を運転していた35歳の置田和也さんが腰などを強打し

搬送先の病院で死亡しました。

 

原因は、また、高齢者による事故によるものだったようです。

置田さんとは、一体どんな方だったのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ニュース内容 

 

 

 

1月6日午前0時40分ごろ、奈良県大和郡山市の西名阪自動車道の上り線で、78歳の男性が運転する乗用車が逆走して軽乗用車と正面衝突する事故があった。  この事故で、軽乗用車を運転していた大阪府八尾市の35歳の男性が病院に搬送されたが、その後、死亡した。  警察によると、事故の直前に「車が逆走している」との通報があったということで、警察は、逆走した車の男性から話を聞き、当時の状況を調べている。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/

高齢者の逆走により、ひとりの命がなくなりました。

今回の事故により、軽乗用車を運転していた大阪・八尾市の会社員、置田和也さん(35)が

死亡しました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

事故現場はここ!(地図あり)

 

 

二車線の追い越し車線で正面衝突が発生しました。

まっすぐの道になりますが、深夜の事故ということなので

乗用車の存在に気付いた時には避けるに避けきれない状況だったのかもしれません。

 

より、運転手目線のマップはこちらになります。

 

先ほどの写真に比べると、道の狭さがわかりますね。

さらに、追い越し車線は比較的スピードを出して走行する道なので

逆走してきた車を避けるのはとても難しいことなのではと感じます。

 

つづいて、今回の被害者である置田和也さんについて調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

プロフィール

 

名前 置田和也

年齢 35歳

在住 大阪府八尾市

職業 会社員

 

まだ35歳という若さ。

働き盛りの年齢でしょうし、

もしかすると、帰りを待つ家族がいたのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

35歳…これからと言うのに悲しいです。 逆走してしまったら停止するべきです。 逆走してる事に気がつかなければ、運転してはいけない。

こないだ免許更新に行った時に、杖ついたり、付き添いがないと更新の仕方が理解できない高齢者がいたけど、こういう人が運転してるなんて恐怖でしかない。

出口から入ってるはずやからそこで絶対にストップして入らせないシステムや人員配置を厳格化してほしい。
なぜ逆走してないほうが亡くならなければならないのか

私も職業柄、いろんな人を見ますが、高齢の方で、認知症のような方がたくさん車に乗られて給油されてます。

セルフでまともに機械操作ができない方も結構おられます。

このような方が普通に運転できること自体、大変恐ろしいことです。

70歳以上の方は乗られる方は、半年に一度程度、認知症の試験をして、疑いのある場合は免許を強制的に返納してもらうべきです。

それと合わせて、地域でのサポートも必要でしょうが、こんな身近で、同世代の方が亡くなられるのは、他人事とは思えないです。

いい時代に資産を形成し、
社会では好き勝手振舞えた時代に生き、
たっぷり社会保険の恩恵を受けて、
いい車に乗る。
 
一方は
衰退する時代に生き、
上の世代のしりぬぐいをさせられ、
社会保険は負担すれど自分たちの将来は見込めない、
節約のために車への出費も抑える。
 
それでも社会を支えている若い年代が
結局、もう運転をやめるべき年代の好き勝手さで殺される。
 
被害者のご家族もさぞかしやりきれないだろう。

なぜ、逆走した方ではなくて、巻き添えにあったかたの方が亡くならねばならぬのか、、。高齢者の迷惑事故の為にまた若い命が犠牲にあってしまった。
もう、いいかげん高齢者達は気付いて欲しい。自分は大丈夫。ではなく、自分もそんな事故をおこしてしまうかもと。

高齢者による事故を未然に防ぐべく免許返納は強制的にする時期にきています 取得に年齢があるように返納にも年齢は設けるべき いつまでも車が少なかった大昔のままではダメでしょう 法は時代や状況と共に変化していかないと…

軽自動車は便利だが、事故に遭うと写真の様に脆い。

それにしても、78歳で逆走とはもはや殺人だよね。

逆走を検知し、自動的に通報する自動車側の装置を開発し、新車への搭載を義務化しよう。

特に高齢ドライバーには、その装置を搭載した車しか運転してはいけないよう、免許制度も改正しよう。

高齢者で高級車乗ってる人に運転上手い人いない。
子供の習い事の送迎で親の代わりに高齢のジジババがやってる家庭があるけど、本当迷惑。
ふつうのセダンタイプの車なのに駐車場の停め方も雑だし、路上駐車は誰も通れなくなるくらい邪魔な停め方しかしない。
しかも申し訳ないような雰囲気一切なしだから余計に腹立つ。
免許返納してほしいけど、最低でも自分でコントロールできる大きさの車に乗れよ、って言いたい。

そろそろアメリカの駐車場とかによくある逆侵入防止装置を付けて,強制力がある仕組みにしなきゃいけないんじゃないか?
逆侵入してしまったら全輪パンクするやつ。
正常通過するにしてもある程度スピードを落とすから,安全には一石二鳥じゃないかね。

70歳以上のドライバーが人身事故で相手を死なせた場合、認知症の有無に関わらず、一律で「危険運転致死罪」を適用するべき。どんな人でも運動機能は確実に衰えているし、事故を起こせば重罪になるリスクを背負って運転しているんだと自覚させるためにも必要。

病院待ちで車内待機してたら杖をついた80くらいの婆さんがいて、よちよち歩きで車に行って鍵探すのに5分位カバン漁って最後は運転して帰って行ったけど恐怖でしかなかった。
高齢者みんながダメなわけじゃないけど、まともに運転できない高齢者は免許更新させないようにしないと若者が殺されてしまう

数年前、大学生の時に友達が運転する車で4人で旅行に向かう途中、
逆走する大型バイクと正面衝突しました。バイクに乗っていた人は高齢者でした。
バイク側に乗っていた方はもちろん大けがだったけど、こちらも骨折したり歯を折ったりと重症でした。
車もかなり大きなものだったので無事でしたが、軽自動車だったらと思うと……。
あのバイクおかしくない?と言いながら減速して左側によったのに相手もなぜか左側によってきてぶつかりました。
幸い目撃者の証言やドライブレコーダーでこちらの過失は無しでしたが、逆走は本当に避けようがないです。

自分と同年代の方が亡くなるって…。
自分の身内だったら、本当に許せない。
悪いが78歳の人が亡くなるべきだった事故。
夜中に高齢者が運転って、痴呆だったのか?痴呆だったら事故したことすら覚えてないだろう。人を殺したと言うことも。
75歳以上は強制返納すべき。
70歳以上は半年毎に身体テストを受けるなど行うべき。
高齢者マーク見ると、距離置くし、車を見れば傷や凹みがあるのを見かける。スーパーとかで見ても、一方しか見てないって事も良くある。あとスピード出し過ぎってのもね。
免許取得に18歳以上という限定的なことするなら、免許返納にも必要な話。

私も逆送に遭遇したことが2度ほどありますが、2度とも高齢者で追い越し車線でした。一台の高齢者は怒りのパッシングしながら来たので完全に逆送の意識はなかったと思います。追い越し車線には十分気を付けましょう!

この表示が見えてる方は逆走です!
など出入り口に配置し、CMや教習所などで周知してこれが見えた方は端っこに停車するなど措置をするべきだと思うな。
若い方の人生が終わり老人が生き残る。
本当にかわいそう

先日、義父が85才で免許更新に行き、テストはギリギリパスして更新されました。家族は誰もとめてくれない。
主人は悪者になりたくないから何も言わない。
嫁の私が反対してもあんたに言われる筋合いないと舅、小姑に叱られ、まさか義父の車が欲しいからそんなことを言うんじゃないかとまで言われました。
車は傷だらけなのに何故か自身満々。
事故がおきてからでは遅いと小姑に何度も説得したらそんなにいうなら新車のサポートカーあんたがプレゼントして下さいと。
免許更新、もう少しふるいをかけてもらいたい。

こうゆうで逆走した側は軽症で済むのはなぜなんでしょうね。

私も一昨年、片側1車線の一般道でいきなり目の前に現れた逆走車と正面衝突し、重傷を負いましたが、相手は3日で退院してすぐ仕事復帰してました。

なぜ、なんの非もない普通に車線を走っていた側が逆走してた方よりきつい、痛い、しんどい思いをしないといけないのか。ほんと被害者側が損することばっかりで嫌になります。

痛ましいですね…
逆走のニュースが多いですね。

逆走する人ってなんでそのまま走り続けちゃうんでしょうか。
自分は正しい、なんで周りの車は逆走してるんだ?って感じなのかな。

走り続けちゃう高齢者が多い気がする。

もう法改正をして70歳から適性検査を3ヶ月に一回年4回実施すべき。
これに応じなければ自動的に免許取り消しにするような厳格な決まりを決めなければこういった事故は絶対になくならない。

私自身もこの正月の二日に、一般国道で逆走車に遭遇した。実際にその場に直面すると、非常に恐ろしい。運転者は二十代の若者の地方ナンバー車。幸い周辺のクルマが素早く反応して、避けて事故にはならなかった。若者いわく
高速道路出口から降りて、中央分離帯の反対側に行きたかったけど近くに左折できる交差点がなかったために側道のマンション駐車場に入りそのまま勘違いして右折して逆走したと本人の弁だった。高齢者の運転ミスもさることながらあらゆる年齢層でも起きるようだ。お亡くなりになった若人のご冥福をお祈り申し上げます。
走りなれた道なのか、初めての道なのかを知りたいね。私自身は初めて行くところへは、グーグルマップ他でシュミレーションしてコース上に特にややこしい箇所がないか確認してから運転するようにしている。

実は私も逆走正面衝突の被害者です。センターラインを超えてきた車の光が見えてハンドルを切る余裕もない。相手は78歳だった。私のケースはこちらの車の方が大きく相手の方は亡くなった。
逆走運転の処罰がないことに驚きました。自発的な免許証返上に期待するだけというのは、甘すぎ。
法改正して欲しい。

私も先日、病院で高齢者にぶつかられました。
駐車場で、運転席側に立っていた所へ全く構わない様子でバックしてくる車があり、恐怖を感じて急いで車に乗り込んだ次の瞬間、ぶつかって来ました。
ぶつかっても停車する事なく、切り返しをはじめたのでドアを叩いて止めようとしたけど、駐車が終わるまで降りてきませんでしたよ。
ひとつの事しか頭になく、目的の事以外できない様子で、事故処理が大変でした。
認知症の高齢者への免許更新は、本当にやめて欲しい。
加害者の車、前後左右満遍なく傷だらけでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)