奥村直司さんの住所特定|顔画像やfacebook・家族構成は?なぜ甥の奥井剛に殺害された?鎌倉市殺人事件

奥村直司 facebook

22日夜、神奈川県鎌倉市の住宅で奥村直司さん(78)が、甥である奥井剛(46)に殺害される事件が起きました。

奥村直司さんと奥井剛容疑者は、同居していました。

今回は、被害にあった奥村直司さんについて触れていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

神奈川県鎌倉市の住宅で、78歳の男性が腹などを刺され死亡した事件で、警察はさきほど、男性と同居していて事件後、行方がわからなくなっていた46歳のおいを殺人の疑いで逮捕しました。  

この事件は22日午後7時半ごろ、鎌倉市の住宅で無職の奥村直司さん(78)が腹など数か所を刃物のようなもので刺され、殺害されているのが見つかったものです。  

奥村さんはこの家に4人で暮らしていましたが、警察はさきほど、同居していた奥井剛容疑者(46)を殺人の疑いで逮捕しました。  

奥井容疑者は奥村さんの妹の長男で、事件後、行方がわからなくなっていましたが、捜査関係者によりますと、23日午後、警察が身柄を確保し、事情を聴いていました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

神奈川県鎌倉市の民家で22日、無職の奥村直司さん(78)が刃物のようなもので刺されて死亡する事件が起きました。

この事件で逮捕されたのは、奥村さんの甥、奥井剛容疑者(46)です。

奥井容疑者は事件後に行方不明となり、同日午後5時ごろ、県警鎌倉署に出頭しました。

 

事件は22日の午後7時半頃。

夕食の時間になっても姿を見せないため、様子を見に行った奥村さんの妹が仰向けで倒れている奥村さんを発見し110番通報しました。

奥村容疑者は「間違いありません」と容疑を大筋で認めているようですが、

犯行動機については、語られていません。

続報が待たれます。

 

 

逮捕された甥の顔やfacebookについては、こちらにまとめています。


 

 

スポンサーリンク

 

 


奥村直司さんのプロフィールや顔写真

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

名前:奥村直司(おくむら なおし)

年齢:78歳

職業:無職

住所:鎌倉市雪ノ下3丁目

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


奥村直司さんの自宅は鎌倉市雪ノ下3丁目

 

奥村直司さんの自宅住所は、鎌倉市雪ノ下3丁目です。

自宅が特定されていましたので、掲載致します。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


奥村直司さんのfacebook

 

奥村直司 facebook

引用:奥村直司さんのfacebookより

 

こちらが奥村直司さんのfacebookです。

引用:奥村直司さんのfacebookより

 

引用:奥村直司さんのfacebookより

 

奥村さんの自己紹介を拝見すると、出身校は「上智大学外国語学部」と記載がありました。

とても頭のいい方だったんですね。

外国語学部ということですが、過去にはどのような職業に就かれていたのでしょう。

 

こんな立派な自宅を建てるくらいですから、とてもエリートな方だったのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

奥村直司さんの家族構成

 

 

奥村直司さんの家族構成はこちら。

 

奥村直司さん(78)

奥村直司さんの妹(74)

奥村直司さんの長男(40)

奥村直司さんの妹の長男である奥井剛容疑者(46)

 

奥村さんを殺害したのは、妹の長男ということになります。

妹さんもまさか、我が子が自分の兄を殺害するなんて思いもよらなかったでしょう。

 

複雑な家族構成が、何か影響を与えていたのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

「凶悪犯が逃走している」という状態ではなくなって、とりあえずはひと安心です。

しかし、どうしてこうなってしまったのか…。
一緒にいることのできない相手ならば、受け流すなり逃げるなりしてしまえばいいような物だと思うのですが、それもできない状態になってしまったのでしょうか。
誰のためにもよくない結果となってしまった事は残念です。

 

 

悲しいな
昔は、親しく接していたこともあっただろうに
なんでこんなことになってしまうんだろうね

 

 

Facebookのおじいちゃんのお写真、いいお顔だと思うんだけど何があったんでしょうね。

 

 

殺したいくらい腹立つときあるけどやっぱり殺しちゃダメだ

 

 

肉親の殺人事件が多いように感じる。昔は尊属殺人罪があって家族の絆を護っていたのかな。

 

肉親の殺人事件が多いように感じる。昔は尊属殺人罪があって家族の絆を護っていたのかな。

 

 

この事件といい、甥っ子を焼死させて逃げてる(?)叔父と良い、犯行動機が全く読めない家族間の事件が、最近あまりにも多すぎる。(ーー;)

 

 

おじと同居とか、そもそも訳アリの家だったのか。
子どもが2人焼かれた家もそうだが、8050問題に加えて「きょうだいというリスク」が表面化してきてる。
コロナ禍の影響があるのだろうか

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)