岡庭由征の両親はお金持ちで韓国人?「定期的に殺したい」生い立ちが壮絶?茨城三郷市


 

迷宮入りになるのではないかと言われていた

2019年茨城県で起きた、殺傷事件。

 

ようやく犯人が、逮捕されました。

 

逮捕されたのは、岡庭由征容疑者です。

今回は、岡庭由征容疑者のご家族や実家について

調査してみようと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

 

 

 

幸せだった一家を突如、襲った惨劇は発生から1年8カ月を経て大きく動いた。  茨城県境町の民家で2019年に会社員の小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が殺害され、子ども2人も重軽傷を負った事件で、茨城県警が埼玉県三郷市に住む無職、岡庭由征容疑者(26)を夫婦への殺人未遂の疑いで逮捕した。  捜査関係者によると、岡庭容疑者は現在、茨城県警境警察署に拘留中。 県警はことし2月に岡庭容疑者が偽造した警察手帳を所持していたとして公記号偽造容疑で逮捕していた。  しかしこの逮捕には前段があった。 「去年11月に埼玉県警が危険物を所持しているとの情報提供を受けて岡庭容疑者の自宅を家宅捜索。44キロに及ぶ硫黄が見つかったため、消防法違反罪などで男を逮捕していた」  岡庭容疑者はどんな人物なのか。  警察関係者によると、岡庭容疑者は10年ほど前に千葉県で女児に対する殺人未遂事件を起こし逮捕・起訴されていた。  岡庭容疑者は当時16歳。自宅からは数十本の刃物が見つかり、調べに対し「人を殺してみたい」と供述していたという。 「岡庭容疑者と一家との接点は見当たらないが、犯行を裏付ける物証が得られた。今後は供述面で裏を取っていく」(警察関係者)  男は凄惨な事件の動機について何を語るのか。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

事件が発生してから1年8か月。

ようやく、犯人が逮捕されました。

 

 

2019年、茨城県境町の民家で

会社員の小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が

殺害され、子ども2人も重軽傷を負った事件で

岡庭由征容疑者(26)を夫婦への殺人未遂の疑いで逮捕しました。

 

 

岡庭由征容疑者は、ことし2月

岡庭容疑者が偽造した警察手帳を所持していたとして

公記号偽造容疑で逮捕し、茨城県警境警察署に拘留中。

 

 

また、去年11月には危険物を所持していると情報提供を受け

岡庭容疑者の自宅を家宅捜索したところ

44キロに及ぶ硫黄が見つかり、消防法違反罪などで男を逮捕されるなど

前科がヤバい人物です。

 

さらには、10年ほど前に千葉県で女児に対する殺人未遂事件を起こし

逮捕・起訴もされており、その事件の取り調べの際

「人を殺してみたい」と供述していたとのことです。

 

小林さん家族との接点が、現時点では見つかってないようですが

犯行を裏付ける物証が見つかったようですね。

 

今後の調査で、どんどん明らかになっていくことでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 


岡庭由征の実家は超お金持ちで父は経営者?

 

 

 

 

岡庭容疑者の父親は、建材を扱う会社を経営し

地元の消防団を取り仕切る有力者のようです。

 

また、他にも

・議員の甥だ

・親類には代議士もいる

などと言われています。

 

岡庭容疑者の父親の会社について調査してみようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 


岡庭由征は韓国人?【画像有】

 

 

 

岡庭容疑者は、日本人ではないという書き込みも見つけました。

 

実際のところ、日本人かどうかわかっていません。

 

 

 

確かに画像をみると、中〇や〇国などの出身として

 

みようと思えば見れるかもしれません。

 

ですが、デマ情報である可能性が高いような気がしますね。

 

詳細が分かり次第、追記します。

 

 

 

スポンサーリンク

 


岡庭由征の生い立ちについて!

岡庭容疑者は、地元では名士とされる

岡庭家の長男として生まれ、両親と弟の4人暮らし。

 

同級生からは、目立つことはないが明るい性格と言われているが

一方で、小学校高学年の時から虫などをよく殺していたといわれています。

 

中学校では、卒業アルバムから一人だけ顔を背けて写っている状態。

このころから、なにかあったのでしょうか。

 

また、近隣住民からは

普通の子供だったから、今回の事件を聞いて本当にびっくりしている。

家族みんな仲が良かった。なにかトラブルなども聞いたことない。

などと言われています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 「定期的に殺したい・・・」サイコパス?余罪がヤバい!

 

 

 

どうしてこんなにも余罪があるのでしょう。

また、どうしてこんなにもたくさんの犯罪を行える環境なのでしょう。

不思議でしょうがないです。

もうこんな人物は、世に出てはいけないです。

少年法とかで、守るべき人物ではない気がします。

 

岡庭容疑者は、高校2年生の時

・殺人未遂2件

・自動車や倉庫などほ放火する非現住建造物放火6件

・動物愛護法違反2件

など、合計13件の罪に問われています。

 

さらに、前章でもお伝えしたように

・44キロに及ぶ硫黄を所持していたこと

・偽造した警察手帳を所持していたことで

逮捕されています。

 

岡庭容疑者は、殺人未遂事件の際の裁判で

「映画などで女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ていた」

と主張していたようです。

 

 

何でわざわざこんな遠くまで…サイコパスだから、

定期的に殺したくなるのかしら…。

 

•幼少期には猫殺害。
•高校2年の時には、女子高生の顎を刺す。
•同じ時期に女児の脇腹を刺して殺人未遂で逮捕。
•2020年硫黄45kg所持の容疑で逮捕。
•2021年5月、茨城一家殺傷事件の容疑者として逮捕される。

10年に1度くらい現れる純度100%のサイコパス。

 

本当に、サイコパスです・・・。

スポンサーリンク

 

 みんなの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)