小野優陽ちゃんの家族構成(家系図)父親のツイッター特定!『しょっちゅう置き去り』育児ストレス解消にUSJ!富田林2歳死亡事故

小野優陽

大阪府富田林市のマンションで、小野優陽(ゆうは)ちゃん2歳が死亡しているのが見つかった件で、

同居する祖母、小野真由美容疑者 (46歳)と、

内縁関係にある桃田貴徳容疑者(50)が逮捕されました。

2人は5歳の息子を連れ、優陽ちゃん1人を置いて、

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行っていたそうです。

今回は、小野優陽ちゃんの家族構成や家系図、

父親や母親についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 小野優陽ちゃんの家族構成(家系図)

 

引用:産経新聞

小野優陽ちゃんは、祖母の家族と5人暮らしで、

両親とは一緒に暮らしていませんでした。

複雑な家庭環境のようですが、家族構成や家系図をみてみましょう。

 


小野優陽ちゃんの家系図

小野真由美(46)…優陽ちゃんの祖母

桃田貴徳(50)…小野真由美の内縁の夫

四男(15)…小野真由美の前夫の子供

五男(5)…小野真由美と桃田貴徳の子供

小野優陽ちゃん(2)…小野真由美の三男の子供

 

小野真由美容疑者は離婚をしており、

長男から四男(15)までは前の夫の子供ですが、

五男(5)は、桃田貴徳容疑者との子供だそうです。

 

長男や次男についての情報はありませんが、

18歳くらいで出産していたとすれば、長男は28歳前後です。

三男が20歳ですから、長男や次男は20代前半~後半くらいではないでしょうか。

 

今回の事件を知って、胸を痛めていることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 小野優陽ちゃんの父親は小野真由美の三男(20)

小野優陽

 

 

引用:朝日新聞

小野優陽ちゃんの父親は、小野真由美容疑者の三男(20)です。

 

 

優陽ちゃんは生後6カ月だった2020年1月、父親が母親に面前で暴力を振るう「心理的虐待」があったといいます。

そのため、優陽ちゃんは両親と別居し、小野真由美容疑者が引き取っていました。

 

富田林市の「子ども家庭センター」によると、

優陽ちゃんは以前、入浴中におぼれて心肺停止の状態になったことがありました。

その際、病院がセンターに通告しています。

 

調査の結果、祖母である小野真由美容疑者が目を離したことが原因と判断し、

「安全配慮不足」として指導を行っていたといいます。

ただ、意図的な虐待の疑いはないとして、

去年12月に要保護から要支援に対応のレベルが引き下げられていました。

 

児相はその後、約4カ月間にわたり家庭訪問などを継続していましたが、

優陽ちゃんが保育園に問題なく通園していることなどを踏まえて、

見守り支援の対応を富田林市に移していました。  

 

富田林市によると、小野真由美容疑者は21年6月、

「仕事の都合で送迎がしんどい」と市側に説明し、

優陽ちゃんを保育園から退園させていましたが、

子育てに前向きだったことや優陽ちゃんに変わった様子もなかったことから問題視していなかったということです。

 

memo

・2020年1月

優陽ちゃんの両親の夫婦間暴力で、優陽ちゃんに心理的な虐待が確認

優陽ちゃんは両親と別居し、小野真由美容疑者が引き取る

・2020年6月

優陽ちゃんは入浴中に溺れ、意識不明の重体に

・2020年10月

『要保護』として見守り開始

・2021年6月

優陽ちゃんは保育園を退園

・2021年12月

虐待の重症度を『要保護』から『要支援』に緩和

・2022年4月

小野真由美容疑者は富田林市に養育についての相談をしている

・2022年6月29日午後3時頃

小野真由美容疑者が予定していた施設への見学をキャンセルする

・2022年6月9日午後4時頃

優陽ちゃんが倒れているのを四男が発見

 

 

スポンサーリンク

 

 


 しょっちゅう置き去りに

小野真由美容疑者らは、小野優陽ちゃんをおよそ11時間にわたり

ベビーサークルの中に入れて外出していました。

 

ベビーサークルは、約1メートル四方、高さ90センチほどで、

幼児が乗り越えるのは不可能なサイズだといいます。

さらに、ベビーサークルの周りには隙間なく、

板が張られていたことが新たにわかりました。 

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

警察は優陽ちゃんが自力で脱出できないよう細工された疑いがあるとみていますが、

板が全面的に塞ぐように張られていたことから、

通気性が悪くなっていた可能性もあるそうです。

 

最新の情報によると、小野真由美容疑者らは、

「これまでも(優陽ちゃんを)自宅に何度も残し外出した

 

育児にストレスがあった

と供述していることが分かりました。

 

当時、部屋のエアコンは28度に設定され扇風機も回っていたと説明していましたが、

小野容疑者らはクーラーもつけながら「窓を開けていた」と話していることが新たに分かりました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

警察が駆けつけた時には部屋の中はかなり暑い状態だったといいます。

 

USJに遊びに行くお金の余裕があるのなら、

せめて飲み物と、安全に食べられるものを置いて行って欲しかったです…

 

どれだけ暑くて苦しい思いをしたかと想像を絶します。

 

小野優陽ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 小野優陽ちゃんの父親のツイッター特定

 

これらの写真は、小野優陽ちゃんの父親のツイッターに投稿された写真のようです。

 

写真から、父親のツイッターアカウントが特定されました。

 

 

こちらのツイートには、妻の名前も書かれてありましたが、

公開は控えます。

 

 

 

こちらのツイートの写真と、報道されていた写真が一致しています。

 

 

↓報道の写真

小野優陽

 

 

テレビ局からもメッセージが届いているようです。

 

 

このツイートが最後となっていますが、過去のものを見ていくと

父親は優陽ちゃんのことを、「タカラモノ」と、とても大切にしていたことが分かります。

 

 

これは優陽ちゃんの母親のことでしょうか。

タトゥーとかネイルとか 自分のことで金かける前に 自分の子供の誕生日プレゼントすら 買ってあげようと思わへんのかな

 

自分がしんどい事とか辛いとか どうでもいいけど子供のことで 助けて欲しい時でも1人の母親でさえ 協力してくれへんのが現実やもんな まあでも俺は絶対我が子を立派に して誰にも文句言われへんように 親も子供も毎日が成長

 

 

報道では、別居の原因は父親によるDVと報じられていますが、

優陽ちゃんと二人三脚で頑張っていこうとする投稿もありました。

 

早よゆうはと2人暮らししたいわ。 一生ゆうはとおりたい もっと金貯めて2人でのびのび暮らそう これからも二人三脚で頑張っていこ!   親父はなにがあっても娘を手放しません

 

最近親父の顔見てやたら 甘えてくる愛娘… こんなかわいい天使に甘えられたら なんでもしてまう

 

 

今めっちゃふと思ったんやけど 人生めちゃくちゃにされたって言われてたけどそれはお互い様やろって思うけどな 俺も犠牲にしたもんはいっぱいあるし 諦めたことも我慢も今までもいっぱいある、けど普通に俺は優陽がこの世におる人生にめちゃくちゃなんか思ったことねー

 

優陽ちゃんのこの顔がもうたまらないです 落ち着いたら 3人でお出かけいっぱいしよなしよな

 

優陽ちゃん10ヶ月おめでとう もう時期1歳やなほんまに子供の成長はめちゃくちゃはやい ゆうはと二人三脚になってもう5ヶ月か 成長していく姿見て親としては 嬉しい反面ちょい寂しい笑 シングルで可哀想とか思う人もおるけどほんまに貴重ってゆーかすごいことやと思う何より独り占めできる事が幸せ

 

なんでこんなに可愛いん… ぱぱのタカラモノ

 

今回の事件で、「なぜDVをしていた父親の親が引き取ったの?」

という声がありました。

 

 

親父はなにがあっても娘を手放しません

このツイートから、父親は優陽ちゃんと離れて生活することを

望んでいなかったのでは?とも推測されますが、

詳しいことが分かりましたら、追記していきます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 小野優陽ちゃんの母親は?

 

 

小野優陽ちゃんの父親は、小野真由美容疑者の三男(20)で、

優陽ちゃんが産まれた時は18歳、

母親は現在19歳ですから、17歳で優陽ちゃんを出産したことになります。

 

 

母親についての情報は現時点で一切報じられていませんが、

19歳であれば金銭面からも、優陽ちゃんを引き取ることが難しかったのかもしれません。

 

何か分かりましたら、こちらにも記載いたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)