大島颯人の顔やFacebook・インスタ「黄色アルファードは自慢の愛車」職業は?あおり運転,愛知日進

あおり運転をしたとして大島颯人容疑者(23)が逮捕されました。

黄色のアルファードがあおり運転ということでネット上では「いかにもあおり運転をしそうな車だ」と話題になっています。

容疑者について調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

今年10月に愛知県日進市でいわゆる「あおり運転」をしたとして、23歳の男が逮捕されました。  道路交通法違反の妨害運転の疑いで逮捕されたのは、名古屋市名東区の自営業大島颯人容疑者(23)です。  警察によりますと、大島容疑者は今年10月に日進市竹の山の県道で、普通乗用車を運転中、他の車両の通行を妨害する目的で、複数回急ブレーキをかけました。  そして、後ろを走行していた普通乗用車に、衝突を避けるため急ブレーキをかけさせた疑いがもたれています。  後ろの普通乗用車に乗っていた人に、けがはありませんでした。  警察の調べに対し、大島容疑者は「車間距離を詰められ腹が立ったので、故意に急ブレーキをかけた」と容疑を認めています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

愛知県日進市であおり運転をした車の運転手が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、大島颯人容疑者(23)で、

「車間距離を詰められ腹が立ったので、

故意に急ブレーキをかけた」

と話しているようです。

 

筆者がこんな黄色のアルファードの後ろを走るなら

距離をいつもより多くとると思います…。

 

ドラレコ映像などがないので

供述が本当かどうか

車間距離がどの程度詰められていたのかなど

わかりませんが

やっぱりこういった車がいたら

車間距離を多めにとったほうがよさそうですね。

 

 

容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

大嶋颯人のプロフィール!顔画像

 

 

  • 名前:大島颯人(おおしまはやと)
  • 年齢:23歳
  • 住所:名古屋市名東区
  • 職業:自営業
  • 容疑:道路交通法違反の妨害運転の疑い

 

容疑者の顔画像は報じられていません。

顔画像が手に入り次第、

こちらにも記載いたします。

 

 

黄色のアルファードに乗るなんて

相当車にこだわりがありそうな人物と予測します。

きっとこのアルファードは愛車なのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

大島颯斗のSNS(Facebook・Twitter・インスタグラム)

 

 

 

容疑者のSNSについて調べてみました。

 

Facebook・Twitter・インスタグラムともに

同姓同名アカウントが見つかりましたが

容疑者らしきアカウントの特定には

至っていません。

 

車好きな方は結構SNSに愛車画像を

載せたりするイメージがあります。

 

ましてや黄色のアルファードで

23歳と若いので

SNSの利用は何かしらあったでしょうし

車画像をのせていた可能性は

十分にあります。

 

こちらは調査を続けていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

職業は?

 

 

 

容疑者は自営業を営んでいるようです。

 

23歳でアルファードが買える職業ってなんでしょう?

気になりますね。

 

親がお金持ちって可能性もありますね。

 

現時点では仕事の特定はされていません。

何か情報があれば追記をしていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

煽り行為されましたって通報したの? そもそも車間詰めること自体、道路交通法に違反してます。 車間距離は前者が危険回避のために急ブレーキをかけても後者が安全に停止できる距離。今回は、故意に急ブレーキを踏んだと供述したから逮捕されましたが、危険回避のためだと言われたら、証拠がなければ後車に過失が認められる案件。前車にもドラレコがあれば危険回避のためかどうかの証拠になるが、もしなければ、前車ドライバーが危険回避のためといえばそれまで。 自分で煽っといて、被害者ズラするのはよくありません。 通報するときは自分の行動もよく考えてください。

 

これは、愛知県に住んでれば分かるけど、喧嘩両成敗でどちらも罰してもらいたい 信じられないかもしれないが、愛知県民には、常に前に車がいたら煽るという人がいっぱいいる 被害者のドラレコを解析すれば、まず間違いなくセンターラインを跨ぐかギリギリまで寄って車間も詰めて煽ってるはず 普通に交通ルールを守ってる側からすれば、両人共、検挙して欲しい

 

車を運転する際は「車間距離を十分に開ける」って、教習所では教わります。 もう一度、教習をやり直すべきですね。 もしくは、免許返納をするしかない。 法律を守れないと言う事は、反社的行為をしているのと同じだからです。 なぜか、車は、「凶器」になるからです。 その辺の街中を、ナイフのような凶器を持って、歩き回っているのと、何ら変わらない。と言う事を意識すべきでしょう。

 

この黄色アルに乗ってるだけで煽り運転しそうだなと偏見を持ってしまう。 その一方、最近のこの手の報道に対するコメントを読んでいたら、加害者が悪いのは当然たが、その煽り運転のきっかけは何か、煽られた側にも何らかの原因があるのではと、客観的な判断を促すコメントが増えた感じがする。 確かに最近の交通マナーは車間距離詰めすぎの煽り運転まがいのものや、信号待ちで停止線相当手前や無意味過ぎる車間距離を空けて停車したり、ノーウィンカーの右左折や進路変更、速度規制標識を全く無視した低速走行などストレスの溜る事案が多すぎる。

 

車間距離を詰められたら、ブレーキを掛けたらハザードをつけ、降りていって、窓を開けさせて、「車間距離を開けなさい。」と注意する。で警察を呼ばれたら、「車間距離が詰められたので注意をした。」と言えば問題なし。アクセルを踏んだり緩めたりってできないんですかね・・・。あとは車間距離を詰められても、信号がない横断歩道で人が渡ろうとしているときは必ず止まる。住んでいる都道府県によると思いますが、車間が空きますね。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)