大田夏瑚(かこ)さんの顔やfacebook・インスタ|大学は『大阪物療大学』堺市西区


26日夜、大阪府堺市の路上で、女性が刺され亡くなる事件が起きました。

この事件で逮捕されたのは自称・大学生の山本巧次郎(こうじろう)容疑者(23)です。

被害に遭われた女性の身元が判明したようです。

事件についてまとめていきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 大田夏瑚(かこ)さんのプロフィール・顔画像

 

今回の事件で被害に遭われたのは、大田夏瑚(かこ)さん(20)です。

 

  • 名前:大田夏瑚(おおた かこ)
  • 年齢:20歳
  • 住所:堺市西区
  • 職業:大学生
  • 出身:三重県

 

大田かこさんの顔画像は現時点で報道されていません。

プライバシーの観点からも、報道されない可能性が考えられますが、

何か情報が入りましたら、追記いたします。

 

【8/29追記】

大田夏瑚さんの顔画像が報道されました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 大田夏瑚さんのfacebookやインスタ

 

 

大田夏瑚さんのfacebookやInstagramを調べてみました。

 

facebookですが、名前で検索したところ該当するアカウントはありませんでした。

次にInstagramで調べてみたところ、

同性同名のアカウントがありました。

 

しかし、投稿がなくご本人のものと断定できる情報はありませんでした。

 

大田夏瑚さんは20歳と若く、何かしらのSNSは使っていたと思いますが、

現時点では特定するのは難しそうです。

 

 


 

スポンサーリンク

 

 


 大田夏瑚さんの大学は大阪物療大学

大田夏瑚さんは20歳の大学生と報じられていましたが、

大田さんのことが掲載されている大学のHPがニュースにて報じられたことで、

大学は『大阪物療大学』と特定されました。

 

引用:大阪物療大学HPより

こちらのHPによると、大田さんは三重県出身とあります。

三重県の高校を卒業していることからも、大学進学を機に堺市で一人暮らしを始めたのでしょう。

 

 

大田さんは、診療放射線技師を目指し、少人数制で学べる大阪物療大学を選んだようです。

 

将来の夢に向かって勉強をされていたことが伺えます。

 

大田さんが通っていた大学の事務局長がコメントを発表されています。

 

「放射線技師を目指すために本学に来ていただいた。

やっとこれから実習に行けるところだった。大変悲しい」

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

大田さんは非常におとなしい女性で、真面目。

授業も一番前の席に座って一生懸命放射線技師になるための勉強をしていたそうです。

 

20歳という若さでこのような事件に巻き込まれ、未来を奪われてしまいました。

本当に残念でなりません。

 

 

大田夏瑚さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 別れ話でトラブル?

 

 

山本巧次郎容疑者と大田夏瑚さんは、現場近くのマンションで同棲していたとみられています。

山本容疑者と

 

男女がトラブルに発展するとなれば、別れ話などが想定されますが、

現時点で詳しい動機などは明らかになっていません。

 

続報が入り次第、更新いたしますのでお待ちください。

 

【8/29追記】

 

続報によると、大田さんは山本容疑者からのDVに悩んでいたそうです。

 

 

さらに事件当日、大田さんはマンション4階から転落した後、

刃物で刺された可能性があることがわかりました。  

司法解剖の結果、大田さんの死因は失血死で、遺体には多数の刺し傷があり、

心臓や肺に達するものもあったそうです。

 

転落した際の状況は分かっていませんが、

マンションの階段の壁にも血の痕のようなものが残されていたことや、

山本容疑者からDVを受けていたことを踏まえると、

大田さんは飛び降りることで、山本容疑者から逃げようとしたのではないか?

もしくは山本容疑者に飛び降りるよう追い詰められたのではないか?

と想定されます。

 

事件が起こった直接的な原因については、

現時点では分かっていません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

刺す行為事態が殺意があったと思うが・・・。 感情のコントロールが出来ないのかな、、 それでも人を傷つけることは、許されないね。 せめて、人じゃなく、物にあたった方がまだいい。

 

 

 

すぐ近くに大きな病院があったのに、残念な結果になってしまいました。ご冥福をお祈り致します。

 

 

 

このような事件では、よく殺意があったのかどうかの報道がされるように、殺意の有無で量刑に差が出ている司法判断の現状に疑問を持っています。 過失でない場合は、結果で判断し、殺意の有無は考慮する必要は無いと思う。

 

 

 

こういう事件は度々おきている。 恋愛感情やその心理について、教育した方が良いのではないかと思う。 世の中には文学や映画など教材はたくさんある。 そういうものが、感情の処理の仕方を教えてくれたりする。

 

 

 

刺したら死ぬかもしれないの予測はつくはず。 殺意がどうこうじゃない。 そんなことすらわからない人間が思い出せるわけないと思います。

 

どんな理由があっても殺す事はない。 別れ話のもつれだったとしてもこんな事をしたら前に進めない。

 

 

あなたが襲ったから飛び降りるしかなかったか、押されてしまったのか、でしょうね。どんなに怖かったか。女性にDVをしていたという話もあります。 暴力はどなたに対しても許せませんが、弱いものに対しての暴力は特に許せません。

 

 

被害者の情報は出てくるが、加害者の情報が自称しかないのは納得がいかない。

 

 

 

なぜ被害者だけターゲットにされるのでしょうか?加害者への取材は?

 

 

道見ましたが、飛び降りた後も刺してるって事ですか?恐ろしい人ですね。。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)