越智忍(TBS)の顔やfacebook『清楚系女子』出身大学は法政大学工学部|学歴や経歴|

覚醒剤を使用したとして、TBSテレビ広報部の社員、

越智忍(おちしのぶ)容疑者(47)が逮捕されました。

越智容疑者は、東京都内やその周辺で覚醒剤を使った疑いがもたれています。

TBSテレビは取材に「誠に遺憾で、事実関係を調べ厳正に対処する」とコメントを発表しています。

越智容疑者について、まとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 報道内容

 

覚醒剤を使用したとして、警視庁代々木署は23日、覚醒剤取締法違反の疑いで、TBSテレビ広報部の社員越智忍容疑者(47)=東京都渋谷区=を逮捕した。

 逮捕容疑は1月、東京都内やその周辺で覚醒剤を使った疑い。署によると、容疑を認めている。

 TBSテレビは取材に「誠に遺憾で、事実関係を調べ厳正に対処する」としている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

覚醒剤を使用したとして逮捕されたのは、

TBSテレビの女性社員、越智忍容疑者(47)です。

 

 

越智容疑者は今月上旬から昨日までの間に、

都内やその周辺で覚醒剤を使用した疑いがもたれているようです。

 

越智容疑者は取り調べに対し容疑を認めているということですが、

一体どこから入手したのでしょうか。

 

TBSテレビは、

「当社の社員が逮捕されたことは誠に遺憾です。事実関係を調べ、厳正に対処してまいります」

とコメントを発表しています。

 

 

越智容疑者についてみていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 越智忍のプロフィール・顔画像

 

  • 名前:越智忍(おち しのぶ)
  • 性別:女
  • 年齢:47歳
  • 住所:東京都渋谷区
  • 職業:TBS社員
  • 逮捕容疑:覚醒剤取締法違反の疑い

 

 

越智容疑者の顔画像は現時点で報道されていません。

顔が分かり次第、こちらにも掲載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 越智忍のfacebook

 

 

 

 

越智忍容疑者のfacebookを調べてみました。

 

名前で検索したところ、プロフィールに『TBS社員』と書かれたアカウントがありました。

 

しかし本人と断定できる情報が足りないため、こちらへの掲載は控えさせていただきました。

 

そのアカウントには、黒髪が似合う清楚な女性が映っていましたが、

同性同名の別人である可能性も高いでしょう。

 

 

本件の容疑者のアカウントが判明しましたら、追記していきますのでお待ちください。

 

※追記

越智容疑者の学歴や報道されました。

facebookに記載されている学校と一致していますので、アカウントが絞られてきました。

もうしばらくお待ちください。

 

スポンサーリンク

 

 

 越智忍の出身大学(学歴や経歴)

 

越智忍容疑者の学歴や経歴を調べてみました。

しかし、現時点で有力な情報はなく、特定にはいたりませんでした。

 

※追記

越智容疑者の学歴や経歴が報道されました。

出身高校・・・法政大学女子高

出身大学・・・法政大学工学部

 

越智容疑者は元々技術畑だったそうです。

 

「もともとCGを担当するなどテレビ局内では技術畑の方でしたが、仕事上のプレッシャーもあって、最近では広報を担当していたようです。 」

 

「海外から新しい放送技術を取り入れるなど、ドラマの裏側を支えるエースとして活躍していました。過去にはドラマ『華麗なる一族』『MR. BRAIN(ミスターブレイン)』などのCG・VFXを担当していました」

(テレビ局関係者)

 

プレッシャーに弱いタイプだったのかもしれませんね・・・

 

その後、TBSに入社し配属は技術職でした。

 

越智容疑者を知る40代局員によると、

 「『3年B組金八先生』『木更津キャッツアイ』『華麗なる一族』など2000年代の人気ドラマのCG・VFXを担当していました。その当時は2週間くらい自宅に帰れないこともあったようですが、越智さんは根性で食らいついていた。局の評価もよく、予算が潤沢だったため、越智さんに最先端の技術を学ばせるために米国に出張させたこともありました。」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 しかし、一時期、ドラマの視聴率が低下し、予算も大幅に削減されるようになり、越智さんも10年ほど前に制作の現場から異動しています。いまはネットの見逃し配信などのおかげでドラマは好調、配属される人員も多いですが、越智さんはしばらく現場を離れていることもあり、戻るという話はなかったようです」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

越智容疑者の勤務態度は真面目で、

局内でも評価は悪くなかったといいます。

 

親しい局員も『おかしな様子などは見たことがない』と言うほどで、

社内でも驚きの声があがっているそうですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

別の報道では、優秀な社員で仕事へのプレッシャーの可能性も報じられていますが、どのような理由があったとしても正当化できません。 日頃から、そのような事件を報じる側の人間は、常に襟を正し、自分を見失ってはいけないと思いますし、そのマスコミとしての使命を常に強く持つべきであって、忘れてしまってはいけないと思います。

 

 

自社の社員の犯罪をニュースにしたのは、ビックリした。会社社員への緊張感を持たせるには、自社の社員犯罪は、はっきり言ったほうが、社員の浄化になると思う。社会的犯罪には、厳しくしないと、コンプライアンスがグダグダになって、社会的な評価を失い、結果的に利益を失うはめになると思うし。品性にかけると、グダグダのダサい会社に落ちていくと思うし、人間は、品性が高いほうを結局、好むのだと思う。品性が高いのを嫌う人間は、何か視点がおかしい、何かにとらわれてると思う。素直にみて、きれいなものを嫌う人間はいないと思うし。

 

 

どういう風に、薬物のところまで接触が広がっていったのだろう。 とよく思うのだが、それを報じると接触に走る人たちを増やす一面も。※そういう人の多くは自らなんなり調べてたどり着いてそうだけど 薬物への接触機会をいかに潰せるのか。 メディアは社会性・社会貢献というところで、薬物の危険性を発信することで抑止に努めるのは妥当と思うのだが、そんな社員で今回のようなことがあったのは、社長が謝罪し、どう改めていくかを会見すべき事案に思う。

 

 

これを公務員がやると、わんさかメディアが押しかけ、部長や市長が謝罪会見となり全国に流される。そして、メディアが評論家やタレントを呼び、公務員批判雰囲気を誘導する。これは、ある面、仕方ないとは思うものの、いつも引っ掛かることがある。 昔から言われていることですが、メディアで麻薬・覚醒剤・他の重大犯罪に関わる事件で上司が謝罪する映像を見たことない。他のメディアが、申し訳程度に扱うことはある。メディアを扱う仕事も社会への影響大。再犯とならないよう、わんさか押しかけ謝罪を映像に流し、タレントのコメントも付け加えるくらいはされないと、抑止力は働かないのでは。

 

 

系列局の名古屋のCBCでの労働組合費横領事件も昨年全く報道せず! メディアは身内には本当に甘い体質が変わらない! そのくせ身内以外のニュースは切り取ってでも課題に表現して報道する ネットでの報道が早くより多くに浸透するから既存のTV局は改革できなければ不要になっていきます

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)