木村公香(7)仙台の小1!英検準2級!夢がめちゃくちゃ凄い!!驚きの勉強法とは?

なんと仙台の女子小学生である木村公香さん(7)が

1年生にして英検準2級を取ったそうです!

すごすぎますね!

私が1年生の頃はひらがなも書けないレベルだったと思います(笑)

今回はそんな木村公香さんについてや、

英検準2級の詳細やデータについて調べてみました!

スポンサーリンク

概要

仙台市若林区の聖ウルスラ学院英智小1年木村公香さん(7)が今夏、実用英語技能検定(英検)の準2級試験に合格した。主催する日本英語協会(東京)によると、「高校中級程度」の難易度があり、小学1年生の合格は珍しいという。


 英検準2級は、長文読解や英作文などの筆記とリスニングの1次試験、英語による面接の2次試験を実施。面接では音読や日常生活の質問に英語で答える。
 木村さんは6月、本年度の第1回検定を受検。1800点が満点の1次試験を1388点の高得点で突破し、7月の2次試験に進んだ。面接ではイラストを英語で説明するなどし、600点満点の8割に達する480点で見事に合格した。
 「ライティング(筆記)は少し難しかったが、(リスニングなど)他の科目の難易度は普通だなと感じた。試験当日は緊張したけれど、終わったらすごくホッとした」とはにかんだ。
 協会によると、準2級合格は海外留学時の語学証明に使えるレベル。特に1次試験は筆記とリスニングで計100分に及び、集中力を維持することが難しい。
 協会の担当者は「合格者数などは非公表だが、小学生の準2級合格は珍しい。筆記、面接とも好成績で、かなり勉強したのだろう」と称賛する。
 木村さんは2014年、宮城野区のユニソン・ワールド英語保育園に入園。同保育園は日常会話を全て英語で行う教育が特徴で、外国人スタッフの発音を耳にして語学力を伸ばす。木村さんは卒園後もアフタースクールとして同園に通う。
 毛(もう)萩雅(りんだ)園長(35)は「公香さんは、興味があることへの集中力が優れている。幼い頃から英語に囲まれ、体に染み付いているのだろう」と準2級合格を喜ぶ。
 「『発音がいいね』と褒められるので英語は楽しい。次は2年生までに英検2級に合格したい。一生懸命に勉強し、筆記の力をつける」と木村さん。「大人になったら、世界を飛び回るようなアーティストになりたい」と将来の夢を描く。

将来の夢は世界を飛び回るようなアーティストということで、

英語は世界中の人々に歌詞の内容を伝えるには

必須に近いですもんね!

しかしすでに高校レベルまで来ているそうなので将来有望ですね。

聖ウルスラ学院英智小とはどんな学校?

正式名称:聖ウルスラ学院英智小学校

教育体制:小中一貫及び中高一貫教育を行う私立学校

通称ウルスラ

キリスト教(カトリック)系小中一貫校中高一貫校であるようです。

英検準2級のデータ

受験生全体に占める学生の割合は90.6%(2010年から2013年の合計)となっており、学生が非常に多く受けている級です。学生の中でも、中学生と高校生の占める割合が非常に高く(学生のうち中学生と高校生で94.7%)、高専生以上の受験者は少ないです。

志願者のうち学生の合格率は35.9%です。

最も合格率が高いのは小学生で、準2級以上の級を受ける小学生は小さい頃から英語を勉強していたり、海外経験があるなどして英語が得意な受験者が多いことによるものと思われます。

https://english-navi.biz

古いデータとなってしまいましたが、

グラフを見てわかるように小学生の受験率は3%ほどではないでしょうか。

受験率自体、非常に低いことがわかります。

みんなの反応

素晴らしい!
夢に向かって 頑張ってね!

木村さんは2014年、宮城野区のユニソン・ワールド英語保育園に入園。同保育園は日常会話を全て英語で行う教育が特徴で、外国人スタッフの発音を耳にして語学力を伸ばす。木村さんは卒園後もアフタースクールとして同園に通う→純ジャパ年少者による英検上位級には確固とした理由・背景が必ず存在します。もちろん本人の努力は認めますが。

応援する声や、周囲の環境についての意見を述べている方もいらっしゃいますね。

個人的にも、

将来的に木村さんの歌を聴けることや、

明るい未来がくる日が来ることを楽しみにしています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする