栃木県日光市の小学校でいじめ!小学校はどこ?担任の名前は?いじめの作文掲載!

栃木県内の市立小学校で、いじめを訴える文章を教室に張り出す教諭が現れました。

小学6年生の男子児童は、日常的にいじめを受けており、担任の男性教諭に助けを求めるも、具体的な対策を打ってもらえないという心が痛む事件が起きました。

今回は、いじめが起きた小学校や、担任教諭、いじめの内容について調査していきます!

スポンサーリンク

事件概要

栃木県内の市立小学校でいじめに悩み、担任の男性教諭(42)に助けを求めた6年生(当時)の男子児童の文章が教室に張り出されていた。児童は3年生のころから、日常的にいじめを受けていた。児童の家族も繰り返し教諭に相談してきたが、具体的な対策は打たれなかったという。

 教諭は5年生から児童の担任になった。同じころからいじめはひどくなったという。児童の家族や市教委によると、教室などで他の児童から「お前は生きていてもしかたねえ」と罵声を浴びたり、いきなり体当たりされて「謝れ」と迫られたり、盗みのぬれぎぬを着せられたり。体が震えたり過呼吸になったりすることもあったという。

 5年生のときの5月に教諭は一度、いじめをしていた同級生4人とこの男子児童を集めて話し合いをしたという。嫌がらせや体当たりなどをした理由について、4人は「汚いからいじめている」「1年生の時からだらしなかった」などと弁明。教諭は聴いているだけで、注意もしなかったという。

 家族は5年生の春ごろから教諭に相談してきた。しかし教諭は「家族にいいように見せるために(児童が)うそをついている」などと発言したこともあったという。

 校長らにも報告されておらず、児童が休みがちになったため、家族は今年2月、校長と教頭を訪問。さらに3月には市教育長に直接訴え、対応を求めた。

 児童は2月下旬から卒業式直前まで学校を休んだ。校長や教諭らが児童宅を謝罪に訪れた際、「申しわけありませんでした」と頭を下げるばかりの教諭に対し、児童は「僕が死んだら対応は変わったんですか」と訴えたという。

出典:yahoo!ニュース

栃木県内の市立小学校で昨年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった。市教委は今年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意とした。

 児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

 しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。1週間ほど張り出され、ショックを受けた児童は家族にもすぐには打ち明けられなかったという。

 いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知った。担任は市教委に対し「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したという。市教委は教諭を今年度、クラス担任から外した。

 両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語った。

 市教委側は「教員として絶対してはいけないことで弁解の余地はない。すべての学校でいじめに対して真摯(しんし)に対応するよう指導していく」と話している。

出典:朝日新聞

栃木県内の市立小学校で、いじめを訴える文章を教室に張り出す教諭が現れました。

小学6年生の男子児童は、日常的にいじめを受けており、担任の男性教諭に助けを求めるも、具体的な対策を打ってもらえないという心が痛む事件が起きました。

男子児童は、小学校3年生からいじめられていたようです。

なぜ、担任教諭や、小学校は助けてくれないのでしょうか。

本当に心が痛む事件です。

スポンサーリンク

いじめの作文掲載!

6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった。

出典:朝日新聞

担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

出典:朝日新聞

担任の教諭は、いじめの内容が書かれたSOSとも呼べる作文を教室に張り出したようです。

考えられません!

本来であれば、相談に乗って、助けてあげなければいけない担任であるにも関わらず、いじめの内容が書かれた文章を張り出すなんて、おかしすぎますね。

しかも…

任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。

出典:朝日新聞

ふざけていますね!

勉強ができるだけの理由で教師にした結果がこれです。

こんな人間に給与を払う必要があるのでしょうか。

勉強だけを教える教師なんて必要ないですね。

しかし、この教師はいじめを受けていた男子児童に酷い事をします!

スポンサーリンク

嘘つき呼ばわりする!

家族は5年生の春ごろから教諭に相談してきた。しかし教諭は「家族にいいように見せるために(児童が)うそをついている」などと発言したこともあったという。

出典:yahoo!ニュース

なぜ、このような事をするのでしょうか。

自分の保身をするためであることは明確です。

力のない男子児童の居場所を奪う最低な行為ですよね。

許せないです!

スポンサーリンク

その後、どうなった?

市教委は今年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意とした。

出典:朝日新聞

これが、現状です。

これだけのことをしておきながら、厳重注意のみ。

いじめがなくなるわけがありませんよね。

教諭の対応、学校が気付くことができなかったこと、市教委の対応、すべてが残念です。

男子児童はこのように言っております。

児童は「僕が死んだら対応は変わったんですか」と訴えたという。

出典:yahoo!ニュース

本当に追い込まれていることが分かります。

何もしてくれない大人への不信感が募ることだと思います。

1日でも早く男子児童の傷が癒え、楽しい学校生活を送れるようになればと思います。

スポンサーリンク

学校はどこ?

多数のメディアを調査しましたが、学校名は掲載されておりませんでした。

日光市HPを調査したところ、日光市には小学校が26校ありました。

いずれかの学校であることは間違いないです。

新たな情報を発見次第、更新しますので、少々お待ちください。

スポンサーリンク

担任男性教諭の顔!

こちらの方で顔写真やそれに準ずる写真に関して、独自に調査させていただきました。

しかしながら、今現在、どのメディアも報じておらず、発見できなかったため、発見次第更新させていただきます。

スポンサーリンク

みんなの声

なぜこんな程度の奴が担任やってるのか理解に苦しむ
担任どころか教職が務まる人間ではない
さっさと退職してほしい

教師という職業には合わなかったのかもしれないね!
お勉強出来る子と、生徒の気持ちを理解する事は違うからね。
そろそろ教師を選ぶ基準を見直す必要があるかもしれない。

こういう教師は昔からいるね。俺自身も経験したことがある
学級日誌に書いた内容が翌日「あるダメ男の告白」と言う題で
プリントがクラスに配布された。
それ以来教師に対しての不信感はいまだに消えてないし消えないと思う。

最後の「僕が死んだら対応は変わったんですか」の一言は、本当に重く受けなければならない言葉だと思います。
こんないい加減な対応が続く限りいじめはなくならないでしょう。いじめと真っ向から向き合えないような教師は教壇に立つ資格はないですし、教員免許も剥奪するべきです。

それにしてもこの子供さん、よくここまで踏ん張ったと思います。だからこそ冒頭の一言が出たんでしょうね。

>児童は「僕が死んだら対応は変わったんですか」と訴えたという。

子供にこんな事言わせていいのか!
日本の宝だろ子供は!死ななくて良かった。
でも同じ苦しみを持っている子供はまだまだいると思う。この記事を見て教師も教育委員会も加害児童も改めてほしい!

いつの時代にもいるんですね、こういうクソ教師が。
私は小学5年生の時クラス中の女子から虐められていた。あまりにもひどくて耐えられなくて、ランドセル持って勝手に帰った。そしたらマンションの敷地にまで追いかけてきた担任に「何で帰るんだ」と腕を引っ張られ連れ戻された。何でかわかってるでしょ。目の前でいつも見てるでしょ。でも助けてくれなかった。このときは本気で死にたいと思いました。

1人の被害児童を黙らせるほうが複数の問題児を矯正させるより楽という教師の都合だろう
おそらくこの教師はこれまでもそうやって臭いものに蓋でやってきたはず
児童が死んだら変わるのかの問いに「そうだ」とは言えないが現実はその通りなんだろう

いじめは警察に相談でいい気がします。
学校内のいじめなのに学校側が全く対応しないとか、子供からしたら絶望しかないですよね。
いじめた側って経験上家庭内もおかしいです。
過剰な溺愛か放任家庭か。
学校だけの対応では対処しきれないのが現実です。きちんと罪にして、いじめた側のケア(更生)もするべきだと思います。

今の小学校の先生って、昔の先生とは違っていろいろ大変だとは思うけど、親は、いいこと、いけないことを学ぶ大事な時期の子供を預けている。先生はきちんと対応してもらわないとこまる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする