竜電(元小結)結婚した妻は美人!休場理由は女性トラブル!愛人は誰で名前や顔特定か!

元小結の竜電が3年間も不倫していたことが発覚しました。

さらに、相手の女性は妊娠。

竜電は中絶を強要したようです。

しかも金銭で解決しようとしたことまで判明しています。

竜電の妻は知っていたのでしょうか?

これはかなりショッキングな内容ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

高田川部屋に所属する元小結の竜電(30)に、3年間にわたる不倫関係が発覚。しかも相手を妊娠させ、中絶を“強要”、それを金銭で口封じしようとしていた。彼の非道な行いを、相手女性が告発する。

「私は出産直後には40歳になる年齢だったので産みたいと思っていました。しかし、彼は堕ろす方向でしか話をしてくれませんでした。“俺の希望を言っていい? 

ばれないこと”としか言わず、子どもは堕胎するしかなかったんです……」  そう涙ながらに語るのは、関西在住の中野裕子さん(仮名=40=)。彼女の言う「彼」とは、現在は東前頭14枚目の竜電のことだ。もっとも現在行われている夏場所は「新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインに抵触する行為があった」として休場させられている。その原因となったのが、この女性トラブルだ。

つづく

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

元小結の竜電が、不倫していた上、相手の女性を妊娠させていたことが分かりました。

さらに、口止め料を渡し、中絶を迫っていたというから驚きです。

産みたいと願う相手女性にたいし

 

“俺の希望を言っていい? ばれないこと”

と言った竜電。

男として最低ですね。

 

2人の関係は2018年春頃。

女性はもともと竜電のファンだったようです。

ある巡業の際、知人に誘われて竜電と食事をすることになり、

その日のうちに男女の関係となりました。

 

その時、竜電は独身でしたが、2019年2月に結婚。

内緒にしてほしいけど今度婚約するんだ

とLINEがきたそうです。

 

その後もいけないと分かりつつ関係を続けていた二人。

2019年11月に、不倫相手の女性の妊娠が発覚しました。

「エコーの写真を見せたら、もういきなり堕ろすための手術の話をされました。世間や奥さんにばれることを何より恐れていたんです。正直、ショックでした」

バレたら困る関係を続けていたくせに、

妊娠が分かった途端態度を変えるなんて、本当に人としてどうかと思いますね。。

 

「手術数日前に母子手帳を役所でもらっても、彼は“ばれると山梨に帰れなくなる”“二つの家庭は養えない”と繰り返すばかりでした。当日も彼に産みたい旨を伝えましたが、“朝稽古を抜けるの大変だったんだよ、時間ないよ”と促され、手術の手続きをしたんです。診察を待つ間も“手術したくない”と伝えたら、“(お腹の子は)人じゃないんだから”とまで言われました」

 

あまりにもひどすぎます・・・

山梨に帰れないどころの話ではありません。

 

これは女性も傷ついたと思いますが、

これを知った奥さんは計り知れないショックだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 竜電の妻は麻惟さん

 

竜電の奥さんは5歳年上の元看護士である麻惟(まい)さんという方です。

2019年5月1日、新元号「令和」とともに婚姻届けを提出。

竜電は麻惟さんの魅力を

「自然体でいられる。あまり気を使わないので自分はラク」

と話しています。

 

奥さんも、まさか竜電がこんな人だったとは思わなかったでしょうね。

このようなコメントがありました。

高田川部屋後援会の会員です。
竜電は非常に真面目な力士なのでこのニュースは信じられません。
事実ならこれ以上無い程の裏切られた気持ちです。
親方や他の力士達には罪は無いけど、事実なら後援会辞める方向で考えています。

非常に真面目な力士

ということで、評判も良かったのでしょう。

妻だけでなく、応援してくれている関係者の方の信頼をも裏切る結果となりましたね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 愛人の名前や顔特定

 

 

 

こちらが愛人関係にあった女性の写真です。

今回の報道は、この女性からのリークだそうです。

不倫はダメです。

しかし、女性ばかりが傷つき、当の本人はお金で何もなかったかのように

解決しようとしたことは、許せるものではありませんね。

 

相手の女性に関する情報ですが、調査したところ

やはり名前は公開されていませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 示談金は1500万円

我が子を失った相手の女性は、鬱症状だと診断されたそうです。

そこへ今年4月

「関係を清算したい」と竜電から別れのLINEが届きました。

示談金は1500万円

 

「この件を口外しないという規定が設けられていた上、お金で解決しようという誠意のない姿勢に失望し、お断りさせていただきました」

本当にひどい話ですね。

人の命を軽々しく考え、さらにお金で解決とは

読んでいて腹立たしい限りでした。

明日、5月20日発売の週刊新潮では、告発する竜電の所業の全貌を報じられるそうです。

また新たな情報が入り次第、更新致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)